「インク」にまつわる記事

「岩下の新生姜」の万年筆インクが意外なほどの美しさ…! ほのかな香りと色を再現した激レアな逸品です

なんと、あの岩下の新生姜が文房具になっちゃった……!?

このたび販売がスタートしたのは、岩下の新生姜をイメージしたという「岩下の新生姜万年筆インク」

あの漬け汁の色と香りが再現された、超こだわりの逸品に仕上がっているんです。

→ 続きを読む

ニンニクましましの「ちゃんぽんの香りがするインク」ですと!?  インクの色もちゃんぽんスープにそっくりだよ…

今年の文具女子博で色とりどりの美しい万年筆のインクを見てからというもの、インクが欲しくてたまらない私。

どうせなら手紙の文字の色を見て、ひとめで私からだと分かってもらえるようなオリジナリティのあるインクが欲しい……。

そんなロマンチックな妄想をしていたら、ご当地インクなるものがあることを知りました。さっそく地元・長崎のインクを見ていたら……とんでもないインクを発見してしまいました!

ちゃ……ちゃ……ちゃんぽんのインクですって!? しかも香り付き!?

→ 続きを読む

まるで香水瓶みたいなインクにうっとり…カナダ発の文具が美しすぎる! オンラインで予約販売中だよ

カナダ発の文具ブランド「Ferris Wheel Press(フェリス ホイール プレス)」は、芸術品のようなビジュアルが魅力!

香水瓶にしか見えない「インク」や「インクチャージャー」、アートブックのような「ノートパッド」など、どれも夢のように美しいんです。

日本では、まだ東京・銀座 蔦屋書店のみでしか買えないらしく、存在自体がめちゃくちゃレア(※2020年7月31日時点)。

ただいま予約販売が行われているから要チェックですよ〜!

→ 続きを読む

オリジナルカラーのインクが作れる「インク作りキット」が素敵♪ 実験みたいでワクワクしちゃいそうです

春になると、新しいことに挑戦してみたくなるものです。そんな季節にぴったりの商品を見つけました。

2020年3月30日に呉竹から発売される「ink-café おうちで楽しむ 私のカラーインク作り」は、自宅でインク作りが楽しめるキット。

理科の実験のような感覚で、自分好みのインクを作れちゃうんです♪

→ 続きを読む

自分だけのオリジナルインクが作れる!文房具好き必見のお店「インクスタンド」に行ってみたよ

最近、文房具界では「インク」がブームです。興味はあるけどなかなかインクの世界に踏み出せなかった私。

そんなとき、東京・蔵前に「インクスタンド」というインクの専門店があるという情報が!

こちらのお店では、なんと自分だけのオリジナルカラーのインクが調合できるそうで……すごく楽しそうじゃないですか!? 「文房具好きとしては行くしかなーいっ!」と、オリジナルノート作りに続き、オリジナルインク作りに挑戦してきました。

→ 続きを読む

『銀河鉄道の夜』の空はどんな色?文学作品をイメージしたロマンチックな「インク&レターセット」が登場

宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』、夏目漱石の『夢十夜 第一夜』、太宰治の『女生徒』。3人の文豪による名作をイメージしたインクとレターセットが、フェリシモのユーモア雑貨ブランド『YOU+MORE!』から発売されました。

「文学作品をイメージしたインクで、そのために作られた用紙に文字をつづれたら最高なのでは!?」という発想のもとに生まれた商品らしく、こりゃ文学オタクにはもってこい!

かつて文学少女だったという人も、いまなお文学の魅力にどっぷり浸っているという人も、ハートにビビビ☆とくるに違いありませんっ。

→ 続きを読む

セーラームーン×セーラー万年筆の「変装ペン万年筆」が登場 / オリジナルカラーのピンク色インク付きの激かわセットですっ!

「美少女戦士セーラームーン」のマジカルなアイテムのひとつ、変装ペン。これまでボールペンになったり、モイスチャールージュになったりしてきましたが、今度はラグジュアリーな雰囲気の万年筆が登場っ!

筆記具の老舗メーカー・セーラー万年筆とコラボしたもので、今回のためだけに特別に調合されたというセーラームーンをイメージしたピンク色インク付き。パッケージも豪華で、隅から隅までうれしい商品となっておりますゾ!

→ 続きを読む

【流行の最先端!?】グッチのコレクションで「指まで真っ黒に塗ったネイル」が披露される / まるで指を黒いインクに浸けたみたい…

2017年5月29日、イタリア・フィレンツェのピッティ宮殿のパラティーナ美術館でショーを行ったのは、グッチ(GUCCI)

この日発表されたのは2018年クルーズコレクションで、デザイナーのアレッサンドロ・ミケーレによるカラフルでド派手なラインが会場中を沸かせていたようです。

洋服や小物、モデルたちのヘアメイク。今回のコレクションで見どころはたくさんありましたが、観客の視線をもっとも集めたのは、おそらくネイル。だって爪どころか指先全部が真っ黒で、まるでインクに指を浸したみたいだったんだもの!

→ 続きを読む

【紙の上を旅するように書く】3月31日に引退した京阪電車「旧3000系」カラーの万年筆が数量限定で販売されるよ!

日常的に使う文房具には、ちょっぴりこだわりを持ちたいものです。筆記具ひとつとっても、見た目や書き心地、手に馴染むかどうかなどなど、どこを重視するかで選び方が変わるからおもしろいのです。

まあ、そのポイントってきっと人それぞれなワケだけれど、ストーリー性のある文房具が好きなアナタの心に刺さりそうな万年筆が登場しました!

それは、4月下旬より予約の受け付けがスタートする「京阪電車公式万年筆 旧3000系特急車両」。

京阪電車京都地下線開通30周年を記念して作られたオリジナル万年筆で、2013年3月31日に引退した京阪電車「旧3000系」のカラーリングが施されています。

→ 続きを読む