「中華料理」にまつわる記事

“うなぎ中華” という新ジャンル!? 大阪王将でうなぎの蒲焼きをのせた謎のハイブリッドチャーハン「極上うなぎ炒飯」をご覧あれ

今夏の「土用の丑の日」は7月25日と8月6日だそうです。うなぎを食べて暑い夏を乗り切ろう! 的な感じで、スーパーやコンビニなどにはうな重がズラリと並びますヨネ!

うなぎってすごくおいしい、おいしいけど……チャーハンと一緒に食べるってどうなの!? と、いうかチャーハンと一緒に食べるっていう発想がなかったわ、まず。

→ 続きを読む

GW期間のホテルバイキングは和洋中のごちそう三昧! ビーフステーキや海鮮ちらし寿司、北京ダック、イタリア産生ハム…スペシャルメニューが待ってるよ~!

ゴールデンウィークまでもうすぐ。今年はどんなふうに過ごす予定ですか。え、まだ予定が埋まってない? そんな人には、おいしいスペシャルな時間が楽しめるこちらをオススメしま~す♪

東京ディズニーリゾート・パートナーホテルとしておなじみの「オリエンタルホテル 東京ベイ」(千葉県浦安市)では、5月3日~8日の6日間、「ゴールデンウィークスペシャルブッフェ」を開催。和・洋・中のごちそうがズラッと並ぶ、まさにスペシャルな内容でとてつもなくおいしそう~なのです!

→ 続きを読む

パクチーをたっぷり使った中華料理がとってもおいしそう! パクチーを練り込んだ「香菜レモン冷麺」を食べてみたい!!

ひと昔前はあまりメジャーではなかったけれど、最近ではパクチーをこよなく愛するパクチニストが急増しています。自分でも栽培しやすくてどんなお料理にもアクセントを加えてくれるパクチー、大好きっ子が増えるのも分かります!

愛知県名古屋市にある「盛香倫 今池店」では、パクチーをたっぷりと使った中華料理を提供しているようです。中でも、「香草レモン冷麺」というメニューがとってもおいしそう!

→ 続きを読む

な、な、な、なんだこの店は!? メニュー紹介がブっ飛びすぎている中華料理屋を発見/ 実際に行ってみたら色んな意味ですごかった件

海老餃子(450円)「餃子の王様なのに海老ニラ蒸餃子には負けてます。」
海老ニラ蒸餃子(450円)「海老餃子と同じ値段だから勝つのは当然!」
フカヒレ餃子(540円)「忘れないでくれよ~。」
海老フカヒレ餃子(600円)「フカヒレ餃子にはごめんなさい」
五目蒸餃子(480円)「やめようかな。餃子の種類が多いから・・・」

上記は筆者の妄想ではありません。ネットで偶然見つけた中華料理屋「中華街」のホームページに記載されていたメニュー紹介の一部を引用したものです。

このほかにも、メニュー紹介の常識をくつがえしかねない紹介文の数々を読んだ筆者。「え、ここ大丈夫なの?」と不安になりながらも好奇心の方が勝ってしまいまして……。

ということで、とても個性的なホームページを公開している中華料理屋「中華街」さんに行ってきました!

→ 続きを読む

現地日本人に超絶愛されているのになぜか日本にない中華「トマトの卵炒め」はめちゃ簡単でオススメ / 西紅柿炒蛋(しーほんしーちゃおだん)

皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべるでしょうか? チャーハン、マーボー豆腐、餃子なんかもいいですね。ですが、現地の日本人のほぼ100パーセントが「好き!」というにも関わらず、なぜか日本で広まらない中華料理があるご存知でしょうか。

それは「トマトの卵炒め(西紅柿炒蛋)。めちゃウマ、めちゃ簡単、材料も手に入るのになぜか日本の中華料理屋では超マイナーメニュー。お店にないなら自分で作れるようにならねばなるまい! 水餃子を教えていただいた昼は料理講師のバイト、夜はホテルの厨房に立つ王師傅(おうしふ)に作り方を聞いちゃいました。

→ 続きを読む

中国人シェフ直伝の皮から作る水餃子がめちゃ簡単でめちゃウマッ☆ シェフ「家庭料理なんだから難しいわけがない」

中華料理の定番と言えばやっぱり餃子! 日本では焼き餃子が定番ですが、中国では水餃子の方が一般的です。水餃子ってもちぷるであっさりしてて美味しいんだぁ……。

そんな水餃子を中国のプロのシェフに教わる機会があったので、中国流水餃子の作り方をご紹介したいと思います! シェフは王さんと言います。中国風に師傅(しふ)って呼んじゃおう! 王師傅は夜は上海の某ホテルの厨房に立っているそう。昼間はヒマだから料理を教えるアルバイトをしているんですって。

プロのレシピだし難しいのかな……と思いきや、水餃子ってこんな簡単なの? 師傅いわく「家庭料理なんだから難しいわけないだろ?」。ええ、まったくそのとおりですわね。

→ 続きを読む