「津波」にまつわる記事

【災害に備えて】ドコモのAndrodスマホには「非常用節電機能」と無料の「防災アプリ」がついてます! もしもの時のためにチェックしておこう

西日本の広い範囲に被害をもたらした集中豪雨、関西地方に強いダメージを与えた台風21号。そして、北海道で起きた大地震……このところ、ひどい災害が続いてしまっているニッポン。

こうした状況では、いやがおうでも意識せざるをえないのが “防災のための対策” 。

もしもあなたがドコモユーザーで、なおかつAndroid機種をお使いであれば、災害時に役立つ「非常用節電機能」「災害用キット」というアプリが搭載されているので、今のうちに確認しておくといいかもしれません。

→ 続きを読む

Yahoo! JAPANで「3.11」と検索するだけで10円寄付することができます/ 羽生選手のチャリティオークションや三陸鉄道で復興支援イベントも

日本を襲った未曽有の大災害、東日本大震災から、早くも7年目の春がやってこようとしています。

2018年3月11日を前にYahoo! JAPANが公開したのは、 “検索は応援になる。” をテーマとした「Search for 3.11」

3月11日午前0時から23時59分までの間にYahoo!検索で「3.11」と検索すると、1人につき10円が、Yahoo! JAPANおよびパートナー企業から東北復興に携わる団体に寄付されるチャリティー企画です。

→ 続きを読む

【防災】海辺でオレンジフラッグを見たら「地震発生&津波が来る」という合図 / フラッグへ向かって逃げてください

2016年11月22日の早朝5時59分ごろ、福島県沖でマグニチュード7.4の地震が発生。福島県中通りおよび浜通りで最大震度5弱を記録したほか、東北から関東までの広い範囲で大きな揺れが起こりました。

気象庁はこの地震を受け、岩手県、宮城県、福島県、茨城県の沿岸に津波警報・注意報を発令。福島県沿岸に最大3mの津波がくると報道されました。

現在(午後12時50分)津波についての注意報はすべて解除されましたが、引き続き警戒は必要です。地震と津波は切っても切り離せない関係だということを、私は再確認しました。

→ 続きを読む

【観ておこう】あまりにもリアル!! 鎌倉市が作った「津波シミュレーション動画」がとんでもなく怖い…と同時に身が引き締まります

東日本大震災発生から、今年で5年。東北地方を襲った甚大な津波の光景は、今なお、私たちの脳裏に焼き付いています。

海のそばで暮らす者にとって、津波という災害は決して人ごとではありません。

本日みなさまにご紹介するのは、太平洋に面し、南海トラフおよび相模トラフにも面した街、鎌倉市が制作した、鎌倉市津波シミュレーション動画『鎌倉で津波から生きのびる』。

→ 続きを読む

東北人の穏やかさと強さ! 3Dドキュメンタリー映画『大津波 3.11 未来への記憶』がリアルに見せる【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは3Dドキュメンタリー『大津波 3.11 未来への記憶』(2015年3月21日公開)です。震災直後から、3Dで記録してきた東北各地の3年間を綴っています。津波、復興、家族、思い出など、東北は3年間でどう変わったのでしょうか。

→ 続きを読む

コレさえあればもう大丈夫!? 津波のスペシャリストが監修を務めた水中用球形シェルター「サバイバルカプセル」

以前当サイトでご紹介した、中国人男性が自然災害に備えるべくシェルターとして開発した、球形「ノアの箱舟」。

今回はそれよりも、もっともっと本格的かつ精巧に作られた球形シェルターを、みなさまにご紹介したいと思います。

海外サイト「GeekWire」が報じるところによれば、球形シェルター「サバイバルカプセル」は、津波対策に的をしぼった救命カプセルとのこと。

→ 続きを読む

動画で振り返る東日本大震災「世界が伝えた3.11」

今年もやってきた、3月11日。あの未曾有の災害、東日本大震災から、本日で3年が経過したことになります。

あんなに怖い思いをして、あんなに胸を痛めていたのにも関わらず、日々の生活の中で薄れていく記憶。でも決してあの日を、忘れてはならない。風化させてはいけないと、毎年この日が来るたびに、強く強く思うのです。

→ 続きを読む

ドキュメンタリー映画『石巻市立湊小学校避難所』が語る「人間はひとりじゃ生きていけない」ということ【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、8月18日から月14日まで限定公開されるドキュメンタリー『石巻市立湊小学校避難所』。2011年3月11日の東日本大震災で地震と津波に打撃を受けた石巻市の人々の避難所生活を追いかけた作品です。藤川監督がこの地で寝泊まりして、避難所生活送る人の姿を映し出しました。

ありのままの姿を映し出しているだけなのに、彼らの言葉が胸に突き刺さったり、彼らの笑顔に生を感じたり、彼らの怒りにとまどったりと、見る方にもいろんな感情が自然と渦巻き、目が離せなくなるドキュメンタリーとなっています。

→ 続きを読む

【震災まとめ(1)】震災の教訓をもう一度…震災当時の様子を映した画像や動画まとめ

今日で震災から丸1年。震災当日からこの1年間、当サイトでご紹介した「震災に関連する記事」をまとめてご紹介いたします。

教訓のためにも当時の様子をあらためて思い出すと共に、震災への心構えと、人の優しさや絆を今一度噛みしめてはいかがでしょうか。

→ 続きを読む

もうすぐ1年…今だからこそ思い出してほしい3.11の真実/ 三陸高田の女子高生が淡々と伝えるあの日の様子

3月11日まで、あと1ヵ月を切りました。1年が経過しようという今もなお、苦しみ続けている被災者のみなさんがいるという現実を、悲しいかな忘れてしまっている方もいるのではないでしょうか。

人は忘れる動物です。だからそれも、致し方ないことなのかもしれません。しかし、今だからこそ思いだしてほしい、3.11の真実がここにあります。

これからご紹介するのは、陸前高田市に住む高校3年生なおみさん(@naoming830さん)がツイッター上でつぶやいた、東日本大震災当時の全記録です。つぶやきは昨年の夏に行われたものですが、あの日を思い出すために敢えて今、彼女のツイッターをみなさんに読んでいただきたいのです。

→ 続きを読む

【津波関連動画】3月14日に長時間撮影された被災後の釜石市のようす / 変わり果てた景色に絶句

被災した方も、被災していない方も、それぞれに思いがある3月11日の東日本大震災。テレビやYouTubeでは様々な映像がアップされていますが、まだあまり知られていない、貴重な映像もたくさん存在します。

今回ご紹介するのは、3.11東日本大震災の3日後である3月14日に撮影された貴重な映像。その名も「diary of tsunami14th march 2011 Kamaishi city釜石市3月14日finding my missing relative」です。 → 続きを読む

被災地を襲った大津波。たくさんの方が、前代未聞の恐怖を目の当りにしました。あの日、屋内にいた人々は大津波を目の前に、どうしていたのか。

動画「東北地方太平洋沖地震による津波の恐怖」では、屋内にいた投稿者が窓の外を襲来する津波を撮影。窓の傍に立っていた木々が次々と倒れ、駐車場の自動車が流れていきいます。いつ建物さえも流れてしまうのではないかという不安な状況の中、固唾をのんで見守る人々。 → 続きを読む

東日本大震災で多くの人たちが被災し、現在もなお、多くの問題が山積する中、ある人物が書いた匿名ブログがネットで話題になっている。このブログを書いた人物は、福島に兄がいるようで、その兄が電話でその人物に話した内容が記載されているのだ。

記事のタイトルは「頑張れとか復興とかって、多分、今言うことじゃない。」 とてもショッキングな内容で言葉をなくしてしまうかもしれないが、一度読むことをオススメする。それでは、その記事を一部抜粋(引用掲載)して紹介したいと思う。

・おまえ、家ないのに頑張れる? 服も漫画も、化粧道具も、アルバムも、大事にしてたもんも、全部いっきに無い。よし、頑張ろう! って思える?す げぇ言われてるんだけど、CMとかで、頑張れ頑張れとか。ちょっと気を許すと、「一緒に頑張ろう! 1人じゃない!」とか言うわけ。いや、おまえら家あるじゃん? そのCM撮ったら家帰ってるじゃんって。仕事もあるじゃんって。 → 続きを読む

東北地方太平洋沖地震を受けて、首都圏では日用品や食料品の買い占めが問題になっています。トイレットペーパー、乾電池、飲料水、缶詰め、カップ麺などが次々と売り切れ、スーパーの商品棚は空っぽに。ガソリン、軽油といった燃料も不足する事態に陥っています。

そんななか、コミュニケーション・サイトTwitterでは「ウエシマ作戦」なるものが話題になっています。これはダチョウ倶楽部の上島竜兵さんの「どうぞ、どうぞ」というギャグにちなんだもの。買い占めをせず、資源・物資を「どうぞ、どうぞ」と譲り合うという作戦です。 → 続きを読む