tl
以前当サイトでご紹介した、老舗デニムブランド「Lee」が手掛けた居酒屋「塚田農場」の制服、「デニムミニ浴衣」&「デニム作務衣」

アバンギャルドな発想でありながらも、そのビジュアルは、ごくごくシンプル。洗練された雰囲気を漂わせるこれら2アイテムなのですが、とうとう7月1日(水)より、一般発売されたみたいよ!

【デニムワンピみたいな「デニムミニゆかた」】

特設ウェブサイトにて販売されている両商品。まずは “浴衣” といいつつデニムワンピースのようにも見える「デニムミニゆかた」(税込21500円)。こちらは、帯だけでなく、ベルトと合わせてもすんなりフィット。

tl1

【ハットにも、スニーカーにも、よく似合う♪】

ハットやヘアバンド、スニーカーやブーツを合わせても絵になるので、これからの夏フェスシーズンに着ていくにはもってこいっ。想像力を膨らませて、自分流にコーディネートしたら楽しそう。あなたはデニムミニ浴衣に、どんなアイテムを合わせたい?

【オシャレ度高っ! つなぎみたいな「デニムサムエ」】

一方、上下1セットの「デニムサムエ」(税込29500円)は、まるでデニムのつなぎ!  “作務衣っぽさがあまりない” のがポイントで、浴衣以上に和を感じさせない仕上がりでございますっ。

tl2

【上下に分かれているので、楽しみ方は無限大◎】

上下バラバラ、「パンツのみを着用する」といった着こなし法もあるので、お得感も満載。記者(私)個人的には、圧倒的な差をつけて、デニム浴衣よりもデニムサムエが好み、かな!

【ガンガン着てガンガン洗って、風合いの変化を楽しもう☆】

もともとは作業着の生地として使用されていたデニム。それゆえ気軽に洗濯機で洗えるうえに、着続けていくほど色合いも変化。そういった変化の過程が楽しめる注目の2アイテム。気になった方はさっそく、公式サイトをチェックしてみてね~。

参照元:Tsukada nojo – Lee アットプレス
執筆=田端あんじ(c)Pouch

▼モデルさんの着こなしをお手本にしてみて☆

tl