wetgs

季節感あふれる美しい和菓子。「うわぁぁ、おいしそう~」と食べるだけではもったいなーーいっ! いま、手作り和菓子が注目を集めているのを知ってますか? 

普段は普通のOLだけど、週末は和菓子の達人に変身する女子2人のユニットによる和菓子教室とレシピ本が話題なんですっ。

「でも、やっぱり和菓子作るなんて難しいんじゃ……」。いやいや、一番手間がかかる「あん」は市販のものを使い、道具は製菓専門器具をなるべく使わないので、ビギナーでもラクに始められちゃうんですよ~!!

【予約が取れない和菓子教室】

話題の和菓子ユニットとは、小坂歩美さん、大森慶子さんからなる「ユイミコ」。製菓学校で出会い、卒業後はそれぞれ和菓子屋さんで経験を積み、2008年にユニットとしての活動をスタート。

東京を中心に教室やワークショップを開き、「丁寧な指導で初心者でも上手に作れる」と大人気に。いまや予約が取れないほどなんですって!!

【本格派なのに手間なしラクチン♪】

そんなユイミコが提案する和菓子は、本格派なのに手間なしラクチンなのが特徴。

例えば「あん」は、ベースの白あんに蒸したかぼちゃを混ぜて「かぼちゃあん」に、あんずピュレと練乳を混ぜて「あんずあん」と、手軽に作れちゃう! また、わりばしやアルミ箔、厚紙で道具を手作りするなど、身近なもので作れるのもうれしいポイントです。

【かわいい&おしゃれな和菓子】

さらに、和菓子の基本をおさえながらも、イマドキのかわいらしさを兼ね備えた形やデザイン、色合いも魅力。

「おひな様」「ひまわり」「もみじ」「月うさぎ」など四季折々のモチーフがカフェで出てくるようなおしゃれなお菓子に仕上げられています。こんな和菓子を手作りできたら……かなりステキ!! 女子度アップ間違いなしです。

【初のレシピ本も発売】

ユイミコの和菓子に興味を持ったら、まずは9月11日に発売されたばかりのレシピ本『道具なしで始められる かわいい和菓子』を見てみて! 写真つきで手順が説明されているので、レッスンを受けているように学ぶことができます。見ていると自分でも作れそうな気になり、そして実際に作りたくなっちゃう一冊です。

話題の和菓子ユニット「ユイミコ」、今後ますます注目を集めそうです。ちなみに、2人のinstagramにも、たくさんの和菓子がアップされますので、こちらも是非のぞいてみて!!

参照元:PR TIMESInstagram ユイミコ(cawaii_wagashi)
執筆=シナモン (c)Pouch

▼ウサギちゃんがラブリー!

001sub6

▼ハロウィンの和菓子がこんなにかわいく!

002sub2

▼秋色もみじ 風情たっぷり~

003sub3

▼ちょっとしたおやつも手作りできたらステキ!

004sub7

▼はじめての和菓子づくりにいかが!?

005main

▼丁寧な解説つきレシピ

006resip

▼優しい雰囲気の「ユイミコ」のお二人

008yumiiko

View this post on Instagram

「かわいい和菓子」紫陽花(錦玉かん×白こしあん) 粉寒天を煮溶かし、グラニュー糖を加えて煮詰めます。 4等分して流し缶に流し入れ、ひとつを残し、3つを着色して錦玉かんの完成。 着色した錦玉かんを同じ大きさに刻んでよく混ぜ合わせ、丸めた白あんに貼りつけます。 無色の錦玉かんを火にかけて溶かし、全体にかけるとつやが出ます。 紫陽花/あじさい/ajisai/夏の和菓子(Photo by @mimuken2) #和菓子#和菓子作り#手作り#お茶会#練り切り#ユイミコ#cawaii#wagashi#sweets#japanesesweets#紫陽花#錦玉かん#白こしあん

A post shared by ユイミコ (@yuimico_wagashi) on

View this post on Instagram

「かわいい和菓子」天の川(ぎゅうひ×錦玉かん×あんずあん) 粉寒天と色粉で錦玉かんを作り、流し缶に流し入れたら白ごまを散らします。 溶かした白玉粉と上白糖をとろとろになるまで練り混ぜて、ぎゅうひ生地を作ります。 片栗粉を振った板の上に生地をのせ、手で切り分けます。 あんずあんをぎゅうひ生地で包み、錦玉かんを巻きつけて金箔を飾ります。 天の川/amanogawa/夏の和菓子(Photo by @mimuken2) #和菓子#和菓子作り#手作り#お茶会#練り切り#ユイミコ#cawaii#wagashi#sweets#japanesesweets#天の川#錦玉かん#ぎゅうひ#あんずあん

A post shared by ユイミコ (@yuimico_wagashi) on