どんなに疲れていようとも、可愛がっているペットが「おかえり~」と出迎えてくれたら、疲れも一気に吹っ飛ぶというもの。

オスのニワトリ・フロッグの日課は、飼い主の少女・サバンナを迎えに行くことなんです。サバンナが乗っているスクールバスの音をどこからか聞きつけて、降りる場所へと一目散! タイミングばっちりで出迎える姿が、YouTubeに投稿されていました。

【「お迎えに行く→抱っこ」が日課】

スクールバスの気配を感じるや否や、フロッグはわき目も振らずに車道のほうへと猛ダッシュ!

フロッグがちょうど車道に着くところで、スクールバスが到着。するとサバンナが降りてきて、駆けつけてきたフロッグを抱っこ。愛おしそうに抱きかかえたまま、家のほうへと帰ってきました。

YouTubeのコメント欄によると、これがフロッグにとっての “日課” なんですって。んもう、可愛すぎか~~~!!!

【こんなペット、愛しすぎますよね】

フロッグの献身ぶりに、動画の視聴者のみなさんもメロメロ。「一生懸命走ってるとこ、めっちゃ可愛い」「何て愛らしいの」「絆を感じる…素敵…」「この子のことは食べないであげてね」といった具合に、コメントもたくさん寄せられていました。

【フロッグ「自分、インスタやってます」】

ちなみにフロッグは、YouTubeにチャンネルを設けているほか、インスタグラムアカウントも持っているんです。インスタに関しては、2018年1月7日にデビューしたばかりなようなので、動画を観てファンになったという方はぜひチェックしてみてくださいね~。

参照元:YouTubeInstagram @frogtherooster
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼あなた、インスタグラマーだったのね

▼すっごく頑張って走ってるからみて