みなさん、とうとうこの日が来てしまいました。そうです、 “この日” とは、テレビ朝日系土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』の最終回が放送された2018年6月2日のことです。

特にネットユーザーに人気の高かった『おっさんずラブ』ですので、ドラマ放送前と放送中、そして放送後のツイッターはお祭り状態に。

ドラマの関連ワードがトレンドを埋め尽くしたほか、ハッシュタグ「#おっさんずラブ」が翌日までトレンドに残り続けるなど、大フィーバーのまま幕を下ろすこととなりました。そしてそのまま、 “おっさんずラブ・ロス” へと突入した人が後を絶たなかったことは、言うまでもありません。

【最終回はどんなお話だったの?】

牧(林遣都さん)と別れてから生活が乱れまくっていた “はるたん” (春田 / 田中圭さん)は、かいがいしく世話を焼いてくれる部長(吉田鋼太郎さん)と、気がつけば同棲状態に。

その後、上海への転勤が決まったはるたんに、部長はフラッシュ・モブでプロポーズ! 流されやすく、また優しすぎるはるたんは、あれよあれよという間に結婚に向かって話を進められてしまうんです。

【本当に想っている人は…】

このまま部長と結婚してしまうと思われたはるたんでしたが、最後の最後、「神様の前でウソはつけないね」「まだ間に合うから牧のところへ行け」という部長の言葉によって、ようやく自分の本当の気持ちに気がつきます。

真っ白なタキシード姿のまま牧の元へと走ったはるたんは、「僕と結婚してくださぁぁぁい!!!」と大胆プロポーズ! その言葉を聞いた牧は「ただいま」とつぶやいて、涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら、2人は熱い抱擁を交わし結ばれたのでした。

【動揺してお赤飯を炊いちゃった人も】

はるたんが最後に見せた本気、牧の切ない想い、そして部長の男前すぎる振る舞い……。ドラマのラストに武川主任(眞島秀和さん)が部長に言った、「いい恋だったんですね」というセリフは、テレビの前に座っていた全員の心をズキュンと射貫いたことでしょう。

ドラマ放送直後には、興奮冷めやらない様子の視聴者が続出。牧春(牧&春田カップルの総称)が結ばれたことを祝ってお赤飯を炊く人まで現れて、「この気持ちをどう表現すべきかわからない……!」といった心の動揺が手に取るように伝わってきます。うん、その気持ちわかるよ。

【カップル写真のオンパレード最高すぎかよ~~~!】

ドラマの公式インスタグラムは、最終回放送後、「ネタバレになるためアップできなかった」という秘蔵写真をたくさん公開しています。

牧春の密着度高めのハグ、部長と武川主任の屋上でのツーショット。

さらにはマロ(金子大地さん)&蝶子(大塚寧々さん)カップル、そして鉄平兄(児嶋一哉さん)&マイマイ(伊藤修子さん)カップルの微笑ましいツーショット写真もあって、どの写真もファンにとっては永久保存版ものです。

【テレ朝さん、続篇かスピンオフ待ってます!】

ドラマの余韻に浸りつつ、オフショットをじっくり眺めていく時間は、きっと至福。最終回を迎えてしまったという事実を受け入れがたい人にとっては、心の支えとなってくれるに違いありません。

だけど……もうこれっきり『おっさんずラブ』の面々に会えなくなってしまうのは、寂しいかぎり。続篇やスピンオフが今後放送されることを、切に願うばかりです……!

参照元:テレビ朝日Instagram @ossansloveInstagram @musashis_roomTwitter検索 #おっさんずラブ
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼春ちず(ちずちゃんも最後に幸せになってよかった♡)

▼鉄マイ

▼なんともいえない表情の武川主任とマロ

▼部長&蝶子の元夫婦ショット

▼部長とはるたんのオフショット(仲良し)

▼おまけ:「はるたんと結婚式うぃる」に使っていいよ♡