本日2019年3月11日は、東日本大震災が起こった日。あれからもう8年もの歳月が流れただなんて、長いようで短く、また短いようで長く感じられるものです。

3月11日に改めて被災地へ想いを寄せ、震災の記憶の風化防止と継続的な復興支援につなげることを目的に、Yahoo! JAPANが毎年実施しているのが「- 3.11企画 – いまわたしができること。」という企画。

その一環として行われているのが、Yahoo! JAPANから「3.11」と検索するだけで寄付ができる「Search for 3.11 検索は応援になる。」です。

【検索するだけで10円を寄付できます】

3月11日0時00分から23時59分までのあいだに「3.11」と検索するだけで、1人につき10円を寄付することができるこの試みは、今年で6回目。

集まったお金は、Yahoo! JAPANから東北復興に携わる6つの団体に寄付されます。

【参加できるチャリティーはまだあるよ】

Yahoo! JAPANは、そのほかにも復興支援に誰でも参加できる “チャリティーアクション” を、3つ用意しています。

東北の復興支援団体はもちろん、北海道や西日本、熊本の復興支援団体へのネット募金を紹介する「寄付は応援になる。」

羽生結弦さんや吉田麻也さん、山本美月さんといった多数の著名人および団体によるチャリティーオークション「買うは応援になる。」

そして、東日本大震災・熊本地震・北海道胆振東部地震の復興状況をデータや写真で読み解くコンテンツをそろえた「知るは応援になる。」といったラインナップ。

中でも最後にご紹介した「知るは応援になる。」には、起こりがちな支援物資のミスマッチ問題災害支援のあり方などについて紹介する「千羽鶴は送ってはいけない時がある。」といった企画もあるので、この機会に読んでおきたいです。

【この機会に応援しよう!】

復興支援は、継続的に行われるべきもの。しかしながら、時が経てば経つほど記憶は薄れ、それに伴い支援も万全でなくなっていくことは否めないのではないでしょうか。

だからこそこの機会に、あらゆるかたちで応援したい! まずは「3.11」と検索するところから、はじめてみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリース– 3.11企画 – いまわたしができること。
執筆=田端あんじ (c)Pouch