カバンは小さいほうがいいけれど、荷物はたくさん入ったほうがいい。

そんな矛盾しているように思える2つの願いを叶えてくれるのが、2019年8月7日に発売される雑誌『InRed(インレッド)9月号』の付録。

JOURNAL STANDARD‎ ヒョウ柄ポーチが装着!10ポケット付きトート」は、コンパクトサイズなのにマチが広~く、名前のとおりポケットが10個もついているんですよ……!

宝島社から実物が送られてきたのでさっそくご紹介しますね。

【麻素材っぽくて涼しげ~】

トートバッグはブランドロゴのみが配されたシンプルデザインで、麻素材のように見えるので、夏に持つにはピッタリです。

内部がツルツルなところも、お手入れしやすそうでイイッ! ペラペラではなくしっかりした布地なので、安心感もあります。

【小さく見えて内部が広くポケットいっぱい】

そして、トートのマチがとにかく広~い!

高さは340mlのミニペットボトルがすっぽり入るくらいで、横幅は長財布とペットボトルを並べて入れたくらい。そして、外側に2個、内側に5個、合計7個のポケットがあります。小さく見えて大容量なので、これひとつでも物がバンバン入りそうです。

【間仕切りにもなるポーチ付きです】

嬉しいことに、取り外し可能なヒョウ柄のポーチまで付いているのですっ。なお、ポーチ自体も、長財布がすっぽり入るほど大容量。さらに、側面に2つのポケットが施されています。

ポーチの両サイドには面ファスナーが付いていて、間仕切りとして、トートの真ん中に取り付けられる仕組みです。

【12所の仕切りがあるバッグに変身!】

ポーチをバッグに取り付けると、ポケットは10カ所になり、間仕切りで仕切ったトート内部も入れれば、仕切りが12カ所にまで増えるんです……!

【めちゃくちゃ物が入るな】

トートにポーチを取り付けた状態で、長財布・ミニ財布・・ミニペットボトル・スマホ・ICカード・名刺入れ・化粧品。・ヘアオイル・化粧水ミスト・汗拭きシートを入れてみましたが、まだまだスペースがあって嬉しい悲鳴をあげてしまいました。

トート自体が軽量なことも手伝って、調子に乗ってたくさん入れちゃいそうだわ~!

このトート自体も、大きめのバッグに入れるバッグ・イン・バッグとしても使えますよ〜!

『InRed 9月号』のお値段は税込み1080円。付録のバッグでここまで収納力があるものはそうそうないので、これは “買い” だと思いますっ。

参照元:InRed / 宝島社
撮影・執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.