2019年11月12日にTBS系で放送された『G線上のあなたと私』第5話は、恋愛や結婚にまつわる名言がたくさん出てきた神回。

ドキッとする言葉の数々に、胸をギュンギュンつかまれてしまった人は、きっと私だけではないハズです。

というわけで今回は、ドラマのあらすじをたどりながら、名言をご紹介していこうと思います!

【「1度結婚しようと思えた人は嫌いになれない」】

道端で偶然、自分をフッた元・婚約者に再会した也映子(波留さん)。

そのまま引き止められ、父親が倒れたこと、それが原因で新しい彼女と別れたことを聞き「ちょっと後戻りして話すのもいいかな~って」と言われるのですが、

「後戻りなんでできないんだよ、人も時間も」

と心の中で思うのです。けれど最後には、相手の現状と心身を気遣ってやさしい言葉をかけます。去り行く元・婚約者の背中を見つめつつ、

「1度結婚しようと思えた人って、結局嫌いになれないんだな」

と思う也映子だったのでした。

【既婚者・幸恵の発言が深すぎる】

也映子の名言とリンクするのが、夫に浮気された幸恵(松下由樹さん)が也映子に言った

「決定的に憎めないなにかがちょこっと残るのよ、一緒にいる時間が長いと」

という発言です。

結婚を意識した、あるいは結婚した相手というのは、やはり特別な存在。ふたりで過ごしてきた時間の積み重ねもあって「嫌いになれない」「憎めない」という思いに至るのでしょうね……。ウン、わかる。

なお、幸恵は結婚にまつわる名言をもうひとつ生み出しています。それは、結婚に憧れを抱く也映子に言った

「それはファンタジー(笑)!家庭は修行の場。焼けた石の上を素足で歩くようなものよ」

という言葉。結婚を夢見る人にとってはグサッとくる発言ですが、既婚者の方からしたら真理なんですかね!?

【一緒に時間を過ごしてしまうのがホントに大事な人】

幸恵にそこまで言われても結婚を諦めきれない也映子は、婚活パーティーでようやく相手(えなりかずきさん)をゲット。

しかし初デートで手作りの新居リストを見せられて、あまりの先走りっぷりにドン引きしてしまうのであります。「時間を無駄にした」と強く思ってしまうほどに……!

すっかり疲弊してしまった也映子は、理人(中川大志さん)を居酒屋に呼び出して、

「考えてみて? 誰のために時間を割いてきたか。それか、意識しなくても一緒に時間を過ごしてしまうのは誰なのか」
「きっとそういう誰かが、ホントに大事な人なんだよ」

としみじみ語ったのです。私個人としてはこの発言がいちばん心にしみましたが、さてみなさんはいかがでしょうか。

【次回も名言は生まれるのか!?】

次回第6話では、バイオリン三銃士(也映子・理人・幸恵)の合同練習が復活するも、トラブルが起きてしまうよう。

理人の兄・侑人(鈴木伸之さん)は、理人の想い人で元婚約者の眞於(桜井ユキさん)と密会していたようだし……この先一体どうなっちゃうの~!?

参照元:TBSテレビInstagram @gsenjou_tbs2019
執筆:田端あんじ (c)Pouch