2019年11月26日に放送された『G線上のあなたと私』第7話。

也映子(波瑠さん)の就職が決まったり、大学に通う理人(中川大志さん)の実習が忙しくなったりとそれぞれが多忙を極めていて、なかなか会えないバイオリン三銃士の面々。

そうした日々のなかで、理人は也映子への恋心を自覚し始めるのですが……。眞於先生(桜井ユキさん)がきっかけで、またしても波乱の展開となってしまうのです!

【なにこの切ない胸キュン展開~~~!】

也映子は理人にバイオリンの弓をあげる約束をしているのですが、お互いなかなか時間が作れなくて、何度もすれ違ってしまいます。

仕方なく宅急便で弓を送った也映子でしたが、理人は憤慨。也映子が通うバイオリン教室までやってきて

「弓だけ送ってくるって、なに。今から会える?」

と電話するのですが……戸惑った也映子は即答できなかったんですよネ。

そんな也映子の反応に理人も動揺し、発言を撤回。バイオリン教室まで来ていることを知らせないまま、「即答しろよ……」とつぶやき、その場をあとにしたのでした。

なにこれ、もうお互い、完全に恋しちゃってるジャン……!

【眞於先生が失踪! そこで也映子がとった行動とは】

そんななか、病気でバイオリンが弾けなくなった眞於先生が、仕事を辞めて失踪してしまいます。

心配して眞於先生の自宅まで向かおうとする也映子と理人、幸恵(松下由樹さん)の三人。その途中で也映子はふと立ち止まり、

「眞於先生が心を許せるのは、これまでのことをすべて知っている理人しかいない」

と発言。理人ひとりだけで向かわせてしまうのです。

眞於先生が理人に惹かれはじめていることを薄々感じているのに、理人が自分を想っているであろうこともわかっているはずなのに、「弱っている人を見過ごせない、理人のいいところをなくしてほしくない」と、理人を行かせてしまうんです。

【ほんとは「行かないで」って思ってるのに…】

その後、幸恵とふたりきりになった也映子は、

「胸が痛い、いやだこんなの、苦しい、息ができない」

と泣き出してしまいます。そんな也映子を「バカねぇ」と涙ぐみながら抱きしめる幸恵……也映子~~~! あんたほんとにおバカちゃんだよおおおおお(涙)!

【ラストシーンに驚愕!】

そのころ理人は、眞於先生の家の扉を何度も叩いていました。

ほどなくして出てきた眞於先生は、理人の手をとり部屋の中へと引っ張り込んでしまうんです。

第7話はここで幕を閉じたわけなのですが、いやいやここで終わりって! 視聴者をヤキモキさせたまま、寝かせない気ですか~!?!?!?

第8話からの展開が気になるばかり。果たして理人は、どんな行動をとったのでしょうか……!

参照元:TBSテレビInstagram @gsenjou_tbs2019
執筆:田端あんじ (c)Pouch