2020年4月12日の週以降、全国の世帯に配布される予定の布マスク

厚生労働省の発表によると、マスクの品薄が続いていることを踏まえて、新型コロナウイルスの感染者数が多い都道府県から順次配布していくそうです。

これを受けて、メルカリが「こうした布マスクも出品禁止物に当たる」と注意を呼びかけています。

【出品してはいけません】

メルカリでは、3月13日から「市販の衛生マスク」「個人で自作した手作りのマスク」「衛生マスクとその他の商品を抱き合わせたもの」の出品を一律で禁止しています。

このたび全国に配布される予定の布マスクも、こうした出品禁止の対象となることを公式サイトのお知らせで発表しました。

もしも違反行為を確認した場合、商品の削除やアカウントの利用制限といった対応を行うそうなので、注意しましょう。

【ルールを厳守しよう!】

フリマアプリなどにおけるマスクの高額転売は以前から問題視されており、3月10日には「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました。

これにより、市販で購入した衛生マスクを取得価格を超える価格で譲渡した場合、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が課されます。

改めて、国から配布される布マスクも、メルカリでの出品は禁止です。ルールをきちんと守りましょう!

参照元:メルカリ
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo: (c)Pouch