「韓国語」にまつわる記事

Duolingoの調査によると英語や韓国語の学習に取り組む理由1位は「海外旅行を楽しみたいから」! 学び続けるヒントは?

なにか新しいことを始めたくなる新年。

ひょっとしたら「今年こそ英語学習(語学学習)を成功させたい!」と意気込んでいる人もいるかもしれません。

ある調査によれば、語学学習に取り組む理由1位は「海外旅行を楽しみたいから」でした。

しかしそのいっぽうで、7割近くの人が3カ月以内に勉強を挫折してしまったみたいなんです。でも、そんな語学学習を継続するためのキーワードがありました!

→ 続きを読む

プリの落書きで使いたい! Z世代が選ぶ人気の韓国語ランキングが発表→第1位に輝いたのは…よく見るアレでした

つい先日、Z世代のあいだで韓国語が常用化していることをお伝えしましたが、最近ではプリクラの落書きでも韓国語を使用しているみたい。機械自体に韓国語スタンプが備わっているパターンもあるらしく、改めて “常用化” を実感します……!

今回ご紹介するのは、Z世代が選んだ「プリ機で人気の韓国語TOP10」

ランクインしているワードは、今すぐ使えるものばかり。一緒にランキングを覗いてみましょ♪

→ 続きを読む

「シンギパンギプンプンパンギ」ってなに!?  K-POPに韓ドラ、グルメや言葉まで…2022年上半期韓国トレンドランキング発表!

とどまることを知らない韓国ブームは日本のみならず世界に広がっています。K-POPをはじめ、韓国ドラマにグルメなど、どのジャンルも話題に事欠きません。

今回注目するのは今年2022年上半期に流行った “韓国トレンド” ! 音楽、ドラマ、グルメに加えて、近頃Z世代を中心に常用化しているという韓国語にも着目してみたいと思います。

「チンチャ」「オットッケ」「シンギパンギプンプンパンギ」……あなたはいくつわかりますか?

→ 続きを読む

チンチャにオッパ…いくつわかる? ある調査によると『Z世代で韓国語が常用化』しているらしい

ステイホームが後押しするかたちでやってきた「第4次韓流ブーム」。

韓国ドラマやK-POPにハマると、それに付随するかたちで韓国語への興味が湧いてくるものです。かくいう私もその1人。

ある調査によると、Z世代と呼ばれる15〜24歳のあいだでは韓国語が常用化

約5割が「自分もしくは周りの人が普段の生活に韓国語を取り入れている」と回答していたそうなんです!

→ 続きを読む

書籍『ドラマで韓国語』は愛の不時着やトッケビで楽しく学べる! 韓国留学した私が実際に学んでみた

NetflixやAmazonPrimeのおかげで、昔より韓国ドラマを観る敷居が低くなった昨今。

おかげで最近、休日に韓国ドラマを観ることにどハマりしています。胸キュンしたり、うるうる涙を流したり……やっぱり韓国ドラマは最高のリフレッシュになるぅ〜!

でも、韓国語のセリフを深く理解できたら、世界観をもっと楽しめたり、韓国語の勉強にもなったりするんじゃない……!?

そう思っていた私にぴったりの書籍「ドラマで韓国語」(小学館集英社プロダクション)が編集部に到着!

ということで、韓国に語学留学したことのある私がリアルな韓国語を学んでみたよ!

→ 続きを読む

【大人の勉強】『1時間でハングルが読めるようになる本』は本当か試してみた

お家で過ごす時間が多くなった今日この頃、この機会に「語学の勉強」を始めてみませんか?

もしもあなたが韓国語に興味があるのなら「入口」として最適な本があるんです。

本のタイトルはズバリ『1時間でハングルが読めるようになる本』。

順番に沿って最後まで勉強すると……アラ不思議! タイトルどおり、本当にハングルが読めるようになっちゃうんですっ。

→ 続きを読む

【経験者の本音】大学の「第二外国語」は慎重に選んで! ドイツ語・フランス語・スペイン語・中国語・韓国語を選んだ人の体験談まとめ

この春から大学に進学するみなさん、ご入学おめでとうございます!

大学では教養として、必須科目である英語のほかに、もうひとつの言語「第二外国語」を履修することになります。

第二外国語は自由に選択できるので、どれを選ぼうか迷ってしまうもの。でもここで選択を誤ってしまうと地獄をみる可能性もあるので、どうか慎重になってほしいんです。

→ 続きを読む

【天才現る】「日本語を世界各国の外国人が話したらどうなるか」を演じた動画がすさまじく面白い / 微妙に発音も話す内容も違ってる〜

オーデイションに使う演技の作品集のために、YouTubeにチャンネルを開設したBig Bongさん。この方がいまちょっとした話題でして、「一体この超人は何者なんだ!?!?!?」と、多くの人たちを騒然とさせているようなのです。

一体なぜ、Big Bongさんは注目を浴びることとなったのでしょうか。きっかけは、『世界の発音 / World Accents in Japanese』と名付けられた動画。

読んでそのまま、日本語を各国の外国人が発音したらどうなるのかを実践した内容となっておりまして、これが上手いのなんの!

→ 続きを読む