「RADWIMPS」にまつわる記事

RAD野田洋次郎・米津玄師・BUMP藤原基央のスリーショットが公開される! 「神々の集い」と話題に

特に若い世代のあいだにおいてはカリスマ的存在の、RADWIMPSの野田洋次郎さん。

そんな野田さんが2019年4月12日にインスタグラムに投稿していたのは、同時代のカリスマ2人と肩を並べたスリーショットで、まぶしすぎるあまり、目がつぶれそうになったことは言うまでもありません。

この写真は間違いなく、多くの人にとって、 “永久保存版の1枚” となり得るのではないでしょうか……!

→ 続きを読む

RAD WIMPSの野田洋次郎さんが「子守唄」を歌う動画をツイッターに投稿 / 北海道や関西をはじめ全国各地の人々が勇気づけられたようです

北海道で最大震度7を記録する大地震が起きた、2018年9月6日。この日の23時33分にオリジナルの “子守唄” をツイッターに投稿していたのは、RADWIMPSの野田洋次郎さんです。

1分11秒に渡る弾き語り動画には顔こそ映っていませんが、歌声ですぐに野田さんだとわかります。

「僕にできることはほとんどないです。せめて心細い夜が、すこしでも穏やかでありますように。眠りにつく子守唄になればうれしいです」

こちらのつぶやきに添えられた子守唄は優しく心に寄り添ってくれるようで、柔らかな毛布で全身を包まれているかのような感覚にとらわれます。不安や恐怖をほんの束の間でも忘れさせてくれるような温かさに、胸を打たれた人が少なくなかったようなんです。

→ 続きを読む

カラオケでいちばん “歌痩せ” できるのはどの曲!? DAMが高消費カロリーカラオケソングランキングを発表!

冬は太りやすい季節。これから夏にかけてだんだんと薄着になる時期だけに、ダイエットしようと心に決めている皆さんも多いのではないでしょうか?

そんななか、楽しく取り組めるダイエット法として人気なのが「カラオケダイエット」です。というわけで今回ご紹介するのは、業務用カラオケ最大手の第一興商が発表した「DAMカラオケ楽曲 高消費カロリーカラオケソングランキング」

歌うといちばんカロリーを消費できる曲はいったいどれ? 1位はたぶん的中できる人はいないんじゃないかと思われる、ちょっと意外なあの曲です!

→ 続きを読む

【君の名は。】挿入歌『スパークル』MV予告編が公開 / 映画に登場しなかったシーンもあって必見ですよ〜

2016年11月23日、RADWIMPSのニューアルバム『人間開花』が発売されます。初回限定盤DVDにはなんと、映画『君の名は。』の挿入歌となった『スパークル [original ver.] 』の新海誠監督によるMVの収録が決定。

YouTubeで予告編が公開されているのですが、このMVのための描き下ろしカットが収録されているとのことで、公開からわずか1日で再生回数29万回を突破し大人気となっております。注目度が相当高いことがうかがえますよね!

→ 続きを読む

RADWIMPS『前前前世』の “英語” カバーがステキだと話題に! 「オリジナルよりもこっちの方が好き」という声も

大ヒット中の映画『君の名は。』。映画同様、主題歌のRADWIMPS『前前前世』も人気のようですが、この曲を英語でカバーしたシンガーにもまた、注目が集まっているようです。

日本語の曲を英訳したり、あるいは英語の曲を日本語に訳したりして歌った動画をYouTubeに投稿。心にじんわりと沁み入る透きとおるような歌声が魅力のシンガーソングライター、渡辺レベッカさんが歌う『前前前世』は、本家とは趣がからりと変わります。

→ 続きを読む

【ジワる】RADWIMPSの新曲『前前前世』MVに登場する猿の存在感が強すぎ〜! 「猿になってもみんな面影あるのがまたおもしろい」との声も

2016年8月26日(金)に公開される、新海誠監督の新作映画『君の名は。』。この映画で音楽を担当したのは人気バンド、RADWIMPS(ラッドウィンプス)です。

8月24日(水)発売のニューアルバム『君の名は。』は映画のサウンドトラックであり、収録曲の『前前前世 (movie ver.) 』が映画の主題歌となっているのですが……先日フル公開された『前前前世 (movie ver.) 』のミュージックビデオの衝撃的な内容が大きな話題を呼び、YouTube では300万再生を突破しているんです。

→ 続きを読む

メディアに出ないミュージシャンが映画初主演! 映画『トイレのピエタ』の主役を演じる人気ロッカー・野田洋次郎の演じない凄さ【最新シネマ批評】

[ 最新シネマ批評・俳優編 ]
映画ライター斎藤香が最新映画の中からおススメする、いま注目の俳優についてお届けします。

ミュージシャンが映画出演するのは珍しいことではなく、あの福山雅治は、是枝裕和監督作『そして父になる』で主演していますし、星野源、大友康平、峯田和伸、女性だとCHARA、最近ではmiwaも出演していますね。ミュージシャンその人にイメージに合せた映画であることもあれば、完全に役者として音楽とは切り離して演じる人など様々です。

映画『トイレのピエタ』は、漫画家・手塚治虫の病床日記をヒントに松永大司監督が書き上げた脚本。主演は最初から決まっていたわけではなく、松永監督がロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎に白羽の矢を立てたのです。このキャスティングがドンピシャ。演じてる感がないのに、映画の世界にどんどん引き込んでいくんですよ。鑑賞レビューでも「演技は巧くないけど、良かった」「俳優じゃないシロウトぽさが逆によかった」という声多数。

というわけで、今回は映画『トイレのピエタ』の野田洋次郎をクローズアップ!

→ 続きを読む