オランダ各地で頻繁に行われている、フラワーパレード

色鮮やかに咲き乱れる旬の花々が飾られた車や山車の巨大さは、青森県のねぶた祭りを連想させます。そんな美しくも壮大なパレードを観に、世界中から観光客が押し寄せるのだとか。

本日みなさまにご紹介するのは、1853年、画家フィンセント・ファン・ゴッホが生まれた町・ズンデルトで毎年開催されている、世界最大級のフラワーパレードの様子です!

【人口の4倍もの観光客が訪れる】

人口2万人ほどの小さな町に、この人数の4倍もの人々(!)が訪れるというフラワーパレードは、年に一度の名物。

今年は9月6日と7日に開催されたのだそうで、その様子がさっそく公式フェイスブックおよびツイッターに投稿されておりましたよ。

【ゴッホの生まれた町ならではの山車】

ゴッホの顔に、ひまわり、大きく翼を広げた鳥……各地区ごとにボランティアの人々で構成された19のチームによって、何週間もかけて制作された山車は、どれもこれもド迫力。

パレードがスタートしたのは1963年、それ以来ハイクオリティーな作品を作り出してきたというのですから、もうため息しか出ませんっ。

【ダリアしか使用しないんだって!】

しかも驚くことに、このパレードに使用されている花は、ダリアのみ。これだけのダリアを栽培するのは想像以上に大変でしょうし、用意するだけでも相当手間がかかっていそうよね……。

【山車のビジュアル、ちょっと怖いです】

ダリアだけを使って作られた山車の色合い、そして風貌は、派手な色使いや大胆なデザイン、そしてどこかグロテスクさを感じるもの。

絶対に日本ではお目にかかれないデザインとでも言いましょうか、記者(私)の個人的見解ではズバリ、「悪夢」のようなイメージ。

いや、ちょっと言い過ぎかもしれないけれど、見ているとゾクゾクしてきちゃうんですよ、コレが。とはいえこういう世界観、決して嫌いじゃないけれど。

とにもかくにも必見なズンデルトのフラワーパレード、その様子をもっと見たいというあなたは今すぐ、フェイスブックをチェックしてみてね~!

参照元:Corso Zundert Facebook Twitter
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼「怖い……」って思うの、私だけ?






▼オマケ:寂しい気持ちになっちゃうお片づけの様子