ここ数年、たびたび話題になる「子供用ハーネス」に関する議論。「子供にひもでつなぐなんて動物みたいでかわいそう」などの否定派と、「子供の命を守るには欠かせないものだ」などの肯定派の意見がぶつかることもしばしばです。

私は未婚&子供なしなので、実感としての意見を述べることはできませんが、周囲のママさんパパさんからの声を聞く限りでは、「子供用ハーネス」は子供の命を守るために必要なアイテムだと個人的には思うのです。

そんな「子供用ハーネス」を題材に、現在イラストレーターとして活躍している横峰沙弥香さんがイラストを投稿していました。

【ママがひもで引っ張られてるー!】

「 『ハーネスなんて子供が犬みたいでかわいそう』だと言われるのが気になるなら これでいいじゃない。」

View this post on Instagram

ちょっと真面目な話をしますと我が子のタイプを見る限りハーネスは絶対に必要。外野の声など気にせずわたしは使用一択ですし夫も同意見です。 「親がちゃんと子供を見ていれば」「手を繋いでいれば大丈夫」だなんて机上の空論なのです。 幼少時、弟は飛び出しで死にかけましたし息子は昨日IKEAで突然走り出して肝が冷えました。 #でもこの案は却下だ! #HOBONICHI #hobonichitecho #ほぼ日 #ほぼ日手帳 #ほぼ日カズン #朝の絵日記 #朝時間 #育児 #子育て #1歳 #幼児 #男子 #息子 #マメちゃん #illust #myson #love #happy #まめ日和 #女性自身 #呉竹 #cleancolor #子供用ハーネス #新スタイル提案 #触れちゃいけない人達感を出す作戦 #もはやプレイ #要は使い方の問題 #あくまでも手繋ぎ補助として #安全第一 無責任な「かわいそう」は誰も幸せにしないよね

A post shared by よこみねさやか (@sayakayokomine) on

イラストに描かれているのは、ひもを片手にぐるぐる巻いた赤ちゃんと、その後ろを歩くママ。見ると、ママが犬のように首にひもをつけられた状態で、まるで赤ちゃんに引っ張られながら歩いているみたい。

【幼児のわんぱくぶりをナメてはいけない】

「ちょっと真面目な話をしますと我が子のタイプを見る限りハーネスは絶対に必要。外野の声など気にせずわたしは使用一択ですし夫も同意見です。」

横峰さんのこのコメントに、私も大きく頷かざるを得ません。だって1歳後半から2歳くらいの子供って、本当によく動く。そして、独身者の私が若干ひいてしまうくらいに、暴れんぼうなんだもの。

家の中でも、ちょっと目を離していると「ええ! なんでそんなところにいるの!」「それいじっちゃダメ!!」なんて事態になるわけですから、外出時となれば、なおのこと危険なのだと思います。

ユーモラスでありながらも、非常に考えさせられる横峰さんのイラストには、「そう!子供の安全第一!」、「賛成です!事故が起こってからでは遅いですもん!」、「やんちゃ坊主はハーネスすらスルリと抜けだすのさ!まるで無駄になりました!´д` ;」、「今まで可哀想と思っていました(-_-;)子供はまだですがすごい参考になりました」などと、数多くの声が集まっておりました。中でも賛同する人からのコメントが多いこと!

また、横峰さんの「無責任な『かわいそう』は誰も幸せにしないよね」というコメントに賛同する方も、数多く見受けられました。

【実情を聞いて、考えを改めた過去】

Leashed children

また私個人は、このイラストにコメントを寄せているある方の、「海外では可愛いハーネスのついたリュックを背負ってるのが当たり前」で「『かわいそう』という人がいることに驚いた」という声に、ハッとした次第です。

というのも、私は元々「ハーネスなんてかわいそう」と思っていたから。周囲のママさんパパさんの声を聞いて、ようやく「実情を知らず、見た目の印象だけで意見を言うのは無責任なことだよなぁ」と深く実感したものです。

パッと見た印象で否定するのではなく、まずはその背景をよく知ること、思慮深く想像を働かせることが、大切なことなのではないでしょうか。

参照元:Instagram @sayakayokomine
Photo:Dan Ox. Licensed under CC BY-SA 2.0.
執筆=田端あんじ (c)Pouch