2019年8月23日にTBS系で放送された『凪のお暇』第6話で話題になっていたのは、高橋一生さん演じる慎二のシーン。

行きつけのスナックで凪(黒木華さん)に再会してあり得ないほど動揺したり、凪がゴン(中村倫也さん)と別れたと聞いてまたもや激しく動揺したり。

かと思ったら凪のピンチを救うため駆けつけるなど、好感度あがりっぱなしの回となっておりました。

【動揺のあまり奇行に走りまくる慎二】

ひょんなことから慎二行きつけのスナック「バブル」で働くことになった凪。そんなことなど知らない慎二がある日お店を訪問すると、凪と再会してしまったからさあ大変!

なんとか初対面のフリをするものの、スナックのママ(武田真治さん)に「カノジョと別れて号泣してたのよ~」とバラされてしまいます。

あまりにも動揺しすぎて、1人にもかかわらずビールを2本オーダーしたり、急に「どすこいどすこい!」と発言するなど、奇行を連発。

その後は、凪とゴンが別れたことを知ってまた動揺

抑えていた凪への想いがあふれ出したのか、新たな恋人・円(唐田えりかさん)を、彼女ではなく同僚だと紹介してしまうんです。

【慎二はいっつも不憫よね(涙)】

こうして凪への恋心が復活(?)した様子の慎二は、凪のピンチを救うなど、ヒーローばりの大活躍をみせます。

しかしかっこいいままで終われず、最後の最後にまたもや凪のために号泣していたことをバラされて、ジ・エンド。

「(号泣してたのは)おれじゃないです!!!」と子どもみたいなキレ方をして立ち去っていて、慎二ってば超~~~不憫なんですけど~~~!

【恋の沼に落ちたゴンさんにキュン♡】

いっぽうそのころ、ゴンは “初恋” の苦しさに身もだえていました。

初恋の相手はもちろん。凪の部屋のドアが開く音を聞いただけで体が動いちゃうくらい、すっかり恋に落ちてしまった様子です。

その後も、凪にスイカを渡そうとするもそっけない態度を取られてヘコんでしまうなど、見事なまでに “恋のひとりずもう状態” ! こんなゴンさん見たことなくて、胸がキュンキュンしちゃいます~っ。

イケメンふたりのドタバタぶりが楽しかった第6話でしたが、さて、第7話はどうなるんでしょう? 波乱の予感しかなくて胸がザワつくばかりだわ~!

参照元:TBSテレビInstagram @nagino_oitoma
執筆:田端あんじ (c)Pouch