静岡県掛川市にある掛川花鳥園のフェイスブックが、ハシビロコウ・ふたばちゃんの映像を公開。およそ1万もの「いいね!」が集まっています。

なぜこの映像がこんなにも人気なのかというと……ふたばちゃんのジワる行動が収められていたから。

いつも礼儀正しく、飼育員さんにしっかりと挨拶するふたばちゃんですが、なぜかこの日は目の前にいる人を華麗にスルー。視界に入らなかったのか、それともわざとなのか……ふたばちゃん、一体どっちなの~!?

【おじぎの仕方が独特!】

朝一番に、ゆっくりとしたペースでお部屋から出てきたふたばちゃん。羽を大きく広げ、くちばしを鳴らしながら、柵の向こうに何度も頭を下げる様子が映し出されています。

とっても優美だし、挨拶を交わしている人への愛情も感じますよねえ。

【清掃スタッフに挨拶してたらしい】

上野動物園のハシビロコウの紹介ページによると、ハシビロコウは挨拶や求愛行動、仲間同士でコミュニケーションをするときに頭を下げるそう。

それと同時に、カタカタカタとくちばしを鳴らす「クラッタリング」と呼ばれる動作も見せるといいます。

ふたばちゃんが行っているのは、まさにコレ! 掛川花鳥園のフェイスブックによると、このときふたばちゃんは、柵の向こう側にいる清掃スタッフに挨拶していたんですって。

【「おはよ」って声かけたのに】

しかし、ふたばちゃんの丁寧な挨拶に感心するいっぽうで、気になるのは、華麗にスルーされてしまった撮影スタッフのこと。

目の前にいて、しかも「おはよ」と声までかけているのに、思いっきり無視されているところにジワジワきます。

もしも私が撮影スタッフだったら、「あれ、もしかして自分、誰にも見えてないのかな?」と心配になってしまうレベル。

これだけ礼儀正しいふたばちゃんですので、きっと気がつかなかっただけなのでしょうが、ちょっぴり悲しいですネ……。撮影スタッフさん、ドンマイだよおおおおお!

参照元:facebook上野動物図鑑
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼おじぎの仕方が優美!