地方名産品×ファッションを組み合わせた「The World is My Oyster」は、広島名物 “牡蠣” をテーマにしたアパレルブランド

昨年2020年11月に「牡蠣を食べるだけでなく “着て” 楽しむ」という思いのもと誕生しました。

ラインナップはとことん「牡蠣推し」。牡蠣の襞を意識したフリル(!)をあしらうなど、細部まで凝っていて、インパクト抜群なんです……!

【ランジェリーのインパクトよ】

公式オンラインショップで販売中の「The World is My Oyster」。

牡蠣モチーフを取り入れたロングTシャツ、Tシャツ、フーディー、トートバッグなどがずらりと並ぶ中、ひときわ目を引くのが「ランジェリー」です。

ブラレット(1万9800円)とパンティ(8800円)には、牡蠣のむき身がデザインされており、独特の襞はフリルで再現。

かつて話題になった “貝殻ビキニ” を彷彿とさせるデザインですが、貝殻ではなくむき身というのが斬新!

また胸やフロント部分の “プライベートゾーン” を牡蠣に見立てている点も、なんともユニークです。

そのほかのアイテムも牡蠣への愛に溢れていますが、ランジェリーのインパクトは群を抜いており、なぜだか心惹かれる……!

【すべてのはじまりは「ランジェリー」】

ランジェリーは同ブランドにおける「起点」。

牡蠣をカルチャーとして楽しんでほしい」「牡蠣を身にまとうことで、牡蠣の美味しさに満たされるようなハピネスを感じてほしい」という思いのもと生まれたといいます。

インスピレーションのもとは、広島県の牡蠣養殖業者「ファームスズキ」のクレールオイスター。

時期によってエラがエメラルドグリーンになる牡蠣の幻想的な姿をイメージしているんですって。

【ランジェリー×生牡蠣のセットも!!!】

ちなみに……オンラインショップでは、ファームスズキとのコラボセットも販売中。

ランジェリーと生牡蠣のセット(3万1850円)や、Tシャツと牡蠣缶詰のセット(6180円)など、本物の牡蠣も楽しめちゃう驚きのセットもラインナップしておりますよ~。

牡蠣へのパッションに溢れたアイテムで、 “牡蠣愛” を深めてみてはいかがでしょうか。

※価格はすべて税込みです。

参照元:The World is My Oyster、プレスリリース[1][2]
執筆:田端あんじ (c)Pouch

スライドショーには JavaScript が必要です。