毎週土曜夜10時から日本テレビ系で放送中のドラマ『コントが始まる』。

「努力って報われると思いますか?」

という台詞に対してのアンサーが話題になったのが、2021年5月15日に放送された第5話です。

長年の夢を諦める(終わらせる)期日が近づくにつれ、まだ “延長” できるかも?と、もがく姿に心がヒリヒリ。

見ている人が自分と重ねてしまうような印象的なシーンが多く、さらにドラマの最後の伏線回収もじわっ鳥肌が立つ内容だったのです。

【第5話あらすじ】

解散か、このまま活動を続けるか、迷っているお笑い芸人マクベスの面々。

背中を押してほしいと願った恩師にも「やめたほうがいい」と言われてしまい、ますますどうしたらいいのかわからなくなってしまいます。

そんな中、高校の後輩・岡部(三浦獠太さん)が務める会社の上司に「一発ギャグやってもらってもいい?」「あれじゃ売れないわ」「断然俺のほうが面白いもん。」と言われて、自信をなくしてしまう潤平(仲野太賀さん)。

いっぽう春斗(菅田将暉さん)は、高校時代の友人に「お情け」で仕事をもらうことになり、強く憤ってしまうのです。

【里穂子の名言が沁みました】

心が折れる出来事が重なって、ついには夢を追いかけることを諦めたマクベスの面々。

解散を決意した春斗は、里穂子(有村架純さん)に「努力って報われると思いますか?」と問いかけます。

里穂子の答えは、

「すぐに結果に結び付かなくても、後から遅れて結果が出る努力もあると思います」

必死になって努力して、でも報われなくて……。そうした経験は、きっと誰しも思い当たる節があるのではないでしょうか。

けれど、努力して得たものが、のちに身を助けることもあるという希望をこの台詞から感じ取れました。

【「あなたは延長しますか?」の問いかけに震える】

今回もっとも印象的だったのは、ラストの伏線回収シーン

・劇中はじめで展開されたカラオケボックスのコントで「延長」というキーワードが出てくる
・本編でマクベスの活動の「延長」を描く

という流れの果てに、再びコントシーンに戻って、画面越しに「まだ延長しますか?」と問いかけてきたところで、鳥肌がゾワゾワ~~~ッ!

一生懸命夢を追いかけていたけれど、歳を重ねるごとに現実というものを知り、希望よりも恐怖のほうが大きくなってくる

同級生と自分自身の現状を比べて、負い目を感じてしまう。

でも夢を諦めたくないから、どうしても「終わり」を選べなくて、ずるずる「延長」してしまう……。

そんな物語のラストに、「さて、あなたはどうですか?」と問いかけるようなかたちで〆る流れが見事!

マクベスの物語だけど、たちまち視点が「自分ごと」になる瞬間で鳥肌が立ってしまいました。

【終わりはネガティブなものではない】

どんなことにも「終わり」が訪れるもの。

「やめることが全てネガティブなこととは限りませんから。」

と春斗が言うように、それは終わりではなく「始まり」かもしれない……。

そんなことを考えさせてくれた『コントが始まる』第5話。人生で経験する「終わらせる」という決断について、いろいろと考えさせられました。

「終わり」を決めたマクベスの面々は、これからどんな未来を歩んでいくのでしょうか。今後が気になるばかりです!

参照元:日本テレビInstagram @conpaji_ntvTwitter @conpaji_ntv
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼どんな未来が待っているのでしょうか