シマヅ (Shimazu)

ライター

1988年生まれ。女。武蔵野美術大学芸術文化学科卒業後、色々あって文字を書くことが生業に。ネタ記事、インタビュー記事、体験記事、エッセイが得意です。三度の飯より、お酒が大好き。好きな男性のタイプは拗れている人。

「シマヅ」担当の記事

提供:パナソニック株式会社

【芸術の秋】奇跡の動物『空想動物』に出会えるサイトが美麗すぎてステキ! 思わず記者も『空想動物』を創ってみた結果

記者(私)には今、私にしか見えない動物が見える。そう、私は『となりのトトロ』のメイちゃんである。もしくは、「トトロ」や「まっくろくろすけ」を生み出した “あの人” である。

病院に行ったほうがいいって?

待ってほしい。本当にそう思っているのではなく、そういう気分になっている、という意味であって……。実は、ここだけの話、記者だけでなく読者の方々も、メイちゃんや “あの人” になれるんだ。そう、パナソニックのノートパソコン『レッツノートRZシリーズ』のサイトを見たならね。(あるいは泥酔しているならね)

ということで! めっちゃ可愛かったりカッコよかったりする、たくさんの夢の動物たちに出会えるWebサイト、それが『IMAGINATURE 【空想動物図鑑】』なのです。(以下、『空想動物図鑑』)

このサイトでは、図鑑という名前のとおり、たくさんの見たこともない夢の動物に出会うことができます。また入力した名前をもとに、図鑑で紹介されている空想動物のうち、あなたがどれに似ているかを診断する『空想動物診断』が用意されています。うーん、これは楽しい……!

で、空想動物たちに出会いメイちゃんの気分になった記者は、自分でも空想動物を作ってみて、なんとなく偉大な作り手……“あの人”の気分になったのです。そしたら! なんと! ちょっとした奇跡が! 起きたんです!!!!

その奇跡のきっかけは、『空想動物診断』でした。

→ 続きを読む

【超カンタンなのにメチャ美味い!】アレを変えるだけで酢豚の肉が超柔らかくなることが判明! ほかの料理にも応用できちゃうよ♪

自炊の場合だけでなく、中華料理店の場合でも「噛みごたえありすぎぃ! 薄いビーフジャーキーに不満をもった人が試行錯誤の結果なんかひらめいて作っちゃたポークジャーキー厚め的な状態ぃぃぃ!!」と、言いたくなるほどかたくなりがちな酢豚の肉。

「パイナップルの果汁に30分ほど漬けこむ」「玉ねぎと一緒に20分くらい揉み30分休ませる」など、柔らかくする裏ワザは色々とあるようです……が! 時間かかりすぎだよ!! 酢豚早く食べたいよ酢豚酢豚酢豚!!!!

……ということで! 何かの汁に何十分も漬けたり揉んだりしなくても、酢豚のお肉が超やわらかジューシーになる裏ワザを、All Aboutの記事をもとにした、記者(私)の気まぐれ酢豚にのせてお伝えいたします! 

酢豚だけでなく、ほかの豚肉主役の料理への応用もできる超万能な裏ワザです!

【お肉やわらか酢豚の材料(1人前くらい)】

→ 続きを読む

ウワサの「ライスウォーター洗顔」を試してみたら本当にモチモチお肌になった! 注意点も含めて紹介しちゃうぞ!

無洗米 「君たちは女性の気持ちを考えたことがあるのか? 君たちがまとっている糠(ぬか)のせいで、多くの女性が米を炊くまでに何度も何度も水に手を入れ『とぐ』作業をし、結果、手荒れを引き起こしているのではないか?」

精白米 「お米のとぎ汁(糠)には、ビタミンB1、B2、Eが含まれており、それらの効果で肌が柔らかくなって美肌効果が得られるとのことですよ。さらに、保湿成分セラミドも豊富に含まれてるようですから、お肌には良いと思うんですけどね

無洗米 「な、なんだと? それは本当なのか?」

精白米 「少なくとも、『ライスウォーター洗顔』という、僕らのとぎ汁を利用した洗顔方法が美容に効果絶大とウワサになってますので」

無洗米 「ぐぬぬ……!」

ということで! 巷でウワサになっているらしい『ライスウォーター洗顔』を試してみました!

【ライスウォーター洗顔の手順】

→ 続きを読む

モフモフとウマウマで癒されレベルは最上級! 吉祥寺のちょっと変わったうさぎカフェ『カフェ・ミニヨン』で思う存分モフモフしてきた!

「女の買い物(趣味)に付き合わされることほど苦痛なものはない」……世の男性の多くが、そう思っているようだ。しかし、われわれ女子だって「ワインのうんちくを語られても興味ないです苦痛です帰らせてください」のような、前述の男子のソレと同じような苦痛を味わうパターンは枚挙に暇がない。

たった1回のデートで、「男女の溝」から生まれたナニかにより、溝どころか強固な壁ができる場合もある。そうならないための解決策は「目的の違う者同士が同じ場所にいても、お互いが満足すること」だろう。

例えば、パートナーに「うさぎカフェ行こう!」と誘われ「いいよ!」とは言ったものの、「(いや、正直、オシャレなカフェで美味しいコーヒーとか紅茶とかパスタとか食べたいんだけど……)」と内心では思っていたとする。しかし、その「うさぎカフェ」がうさぎと戯れるだけでなく、カフェ飯の域に収まらないほど高レベルでこだわりのメニューが充実していたらどうだろう? お互いの需要が満たされて超ハッピーじゃないか!

ということで! 「カワイイうさぎに癒されたい!」「美味しいご飯で癒されたい!」「うさぎに癒され美味しいご飯を食べ至福の時を過ごしたい!」これらすべての要望を満たす、唯一無二と言っても過言ではない、吉祥寺のうさぎカフェ『カフェ・ミニヨン』に、うさぎにまったく興味のない友人を(半ばムリやり)連れて行ってきました! 

→ 続きを読む

『日本橋 お多幸』の「とうめし」が美味しそうすぎるけど外に出たくないから勝手に再現してみた! 結果……

日本橋に行くのなら『お多幸』で “とうめし” を食べてみてください。名作映画を観たあとのような充実感……それをあえて言葉で説明したとしても、“豊か” としか言いようのない、人知を超えた至福に包まれますよ」

これは先日、記者(私)が自称グルメの友人に言われたものである。

そんなに “すごいもの” が食べられるのであれば、遠出してでも行かないと! ……と、たぶん6割くらいの人は思うだろう。しかし、記者(私)は相当な面倒くさがりかつ貧乏ゆえに、気軽に日本橋まで行くなんて無理。食べたい! 食べたいよー!! “とうめし” 食べたいよーーーー!!!! あ、自分で作ればいいんだ。

ということで! 『日本橋 お多幸』の名物である“とうめし”を、食べたことがないのに勝手に再現しちゃいました!

→ 続きを読む

まるで映画! 結婚式のエンディング・ムービーが高クオリティ化してて色んな意味で泣いた

記者は独身である。彼氏もいない。ゆえに結婚する予定もない。にくい。結婚がにくらしい。

結婚できる女性がうらやましすぎて今にも逆上しそう……とまではいかない。が、結婚式に出席した際、締めに流される「エンディング・ムービー(エンドロール)」、つまり「式を振り返る映像」を見せられると自分のすべてが崩壊する。なぜならば、そうしたものはたいてい劇的につまらないからだ。

にくいと言いつつも、新郎新婦の幸せそうな姿は感動的だし、式は非日常的だし、なんか自分まで幸せな気分になった……のに! なんで締めくくりにホームビデオみたいなもんを見せられなきゃならんのか!! 台無しじゃないか!!!!

そんなわけで、結婚に憧れつつもエンディング・ムービーだけは毛嫌いしていた記者。

しかし、動画サイトで見つけた、とあるエンディング・ムービーを観て考えが一変だって、まるで映画みたいなんだもの!!!!!!

→ 続きを読む

【自由すぎるビアガーデン】中野エリア最大規模の「中野セントラルビアパーク」に行ってみたらそこにあったのは理想郷!!

みなさん、すっかり真夏ですね! 夏といえば冷えたビールですね! ビールといえば、「ビアガーデン」ですね(俳句で夏の季語にもなっているんですよ!)。

そりゃー季語にもなりますよね。特に屋外ビアガーデン様におかれましては、空の下で堂々とビールが飲めるという解放感の二重奏で非日常を味わわせてくれるわけでして。いわば、アトラクションのないディズニー・シーみたいなものです。夏にだけ現れる夢の国です。

そんな夢の国が、東京・中野にも現れたとの情報が! しかもエリア最大規模らしい! 行かない理由? ない!!!!

ということで! 『中野セントラルビアパーク』に行ってきました! 土日祝は昼から夜まで開催しているので、昼と夜、2つの姿をお伝えします!

→ 続きを読む

提供:藤野電力

【セレブの賢いお散歩】いつでもどこでもスマホやPCをタダで充電! 「ソーラーパネル式充電器」風のペットと都会をお散歩してみた

外出先でスマホやパソコンの充電が残り数%になったとき、焦りますよね。なんとかして充電しなければ! と、コンビニで電池式の充電器(2~3回使うとだいたい壊れる。経験談)を買っちゃったり、「充電可能」なカフェに入って別に飲みたくもないコーヒーとか頼んじゃったりしますよね。予想外の出費になりますよね。

なんとかならないものかと思っていたら、スマホやパソコンなどを充電できるイカしたソーラーパネルがある、という情報が舞い込んできた! それ1台あれば予想外の出費の心配もないしエコだし最高!

ということで! ソーラーパネル式充電器を携帯して、新宿の街をお散歩してみることにしました。

→ 続きを読む

こ、これが雲丹(うに)!? “本物”のウニが食べられる、高田馬場『利尻うに小屋』にウニの概念をくつがえされた

数年前から流行っている『牡蠣(カキ)小屋』をはじめとしたリーズナブルな牡蠣専門店。軽いブームに至った理由を記者なりに分析したところ、「多くの日本人はカキとかウニとか、主に北海道名物の海の幸が大好きだから!」という結論を導き出しました。

カキの店は既にかなりある。では、次に流行るのは何だ? そう、ウニだ!

しかし、ウニが苦手な人もいるのは事実。

カキが苦手な人もいるが、たいていの理由は「過去にカキにあたってお腹壊したので……」である。ウニでお腹壊した、なんて理由は聞いたことがない。

ではなぜ、ウニが苦手な人がいるのか? 記者の独自調査の結果、その理由は「ウニの独特のエグみがムリ」との回答が100%だった。

ウニのエグみの原因のほとんどは、流通過程で使われる「ミョウバン」という添加物らしい。

つまり! 無添加のウニにはエグみがないに違いない!

ということで! 加工されずに北海道から直送されたウニを安価で食べることができる、高田馬場『利尻うに小屋』に、「東京で食えるウニはウニじゃねぇ!」が口癖の北海道出身の友人と行ってきました! さて、相手の反応は如何に……!?

→ 続きを読む

「家事ハラ」「イクメン」に物申した主婦のツイートが炎上!? 様々な意見…あなたはどう思う?

「お前ら! 朝嫁より早く起きて洗濯を干し保育園準備を整えてから嫁と子供を起こし、嫁が化粧してる間に朝ごはんを作って子に食べさせゴミを集めて家の前に出し息子の着替えトイレ連絡帳を済ませ保育園まで送り届けるところまでやって初めてイクメンを名乗れ! うちの夫のことです! 現場からは以上です!」(ツイッターより引用)

先日、とある主婦の方のTwitter上での発言が波紋を呼びました。

あらかじめお伝えしておきますが、このツイートの趣旨は「ここまでやってからイクメンを名乗れ!」ではありません(その真意は後述)。

しかし、字面に現れたあまりにもシビアな「イクメンを名乗るためのハードルの高さ」ゆえ、家事、育児、家庭について様々な意見が飛び交う事態となっているのです。

→ 続きを読む

【女子力UP】えっこれコスメじゃなくてライターなの!? めっちゃかわいいライターがコンビニで売ってるよ♪ ついでに憎き元カレを燃やしてみた

ライターは、タバコに火を着けるためだけのものじゃない。お香やアロマキャンドルなどに火を灯す際にも必要だ。マッチでも事足りるが、どんなものにも可愛さを求める、それが女子だろう。

先日、突如ライターが必要となり、コンビニに駆け込んだ筆者。ライター売り場が分からず、大阪弁の肝っ玉お母さんっぽい店員に場所を尋ね、ようやく売り場にたどり着いた。

そこで見つけたのは、ダサい100円ライターではなく、ラインストーンが上品に施され、光の加減によって輝きを変える、まるでコスメのようなライターだった。おそらく、世の「禁煙ブーム」により女性の喫煙者が減ることを危惧したことで生まれた商品であろう。

「これ100円ちゃうで? 300円もするで? ええんか?」

と、先ほどの店員に聞かれ

「えっ、あの、大丈夫です。可愛いので……」

と、筆者が答えたら

「せやなー! ホンマ可愛いわ! 可愛い! いやー可愛い! めっちゃ可愛い! あ~可愛いわ~! これ買わなアカンで!」

買わなアカンで! と言われても、すでにレジ前にいるのだから購入意欲があることくらい分かるはずである。なぜ彼女はこんなにハイテンションなのだろうと考えあぐねた結果、「もっと買えってことかな?」と思い、必要なのは1本なのに3本も買ってしまっていた。

ということで! コスメのようなライターを見つけ勢い余って3本も買っちゃったから元カレを燃やしてみたよ!(編集部注:サラリと怖いことを言っておりますが、本人はいたって正気です。温かい目でお見守りください)

→ 続きを読む

【最終手段】彼氏いないけど彼氏とお家で食事したい…そんなあなたに朗報だ! 即席食品「インスタント彼氏」シリーズがヤバいよ!!

唐突だが、筆者はモテない。ゆえに、彼氏もいない。異性に手料理を振る舞う機会あらば、全身全霊を捧げよう。市販のルーに頼らず、スパイスの調合からカレーを仕込む意気込みすらある。

しかし、ひとり身である現在は「今日のご飯は発泡酒とキュウリ丸かじりでいいや」と、自然の恵みをそのままいただく野生動物さながらの食生活だ。

偏見である可能性を恐れずに言おう。パートナーがいなければ「食べるのは自分だけだし料理する手間とかムダ!」と考える女子は少なくないはずである。

ということで! 「今作るから良い子にして待ってなさい」「いいか、俺以外の男が作ったカレーを食べるな!」などの、彼氏のいない女子にとっては妄想の末に「恋しちゃったんだ♪ 君に♪」となっちゃうかもしれないセリフをキャッチコピーにしているレトルト食品、『インスタント(レトルト)彼氏』を食べた結果をご報告します!

……結論から言うと、ラーメンの「しょうゆ」くんが色んな意味で強敵でした。

→ 続きを読む

東京都内の有名スポットに突如現れくつろぐ猫! メッチャかわいいー!!!! ……でも実は、飼い主による虐待の可能性も!?

「銀座でみんなが写メ撮ってるから芸能人かと思ったら、ネコ。日本は平和です 」

6月29日。銀座の街中に、突如、標識板の上に猫ちゃんが現れました。愛くるしさと「なぜこんなところに?」という不思議さから、多くの人が足をとめ写真を撮り、現場は一時騒然となったようです。

Twitterでも話題になり、この猫ちゃんの写真つきツイートは7500以上もリツイートされました

癒されるなぁ……で済めばよかったのですが、なんと、飼い主による虐待の可能性があるのではないかと話題になっています。

→ 続きを読む

リアル「きかんしゃトーマス」が日本の街を走行する様子がめっちゃシュールだと話題に!

人間のような豊かな表情と感情を持った機関車たちが、イギリスの架空の島「ソドー島」に暮らす人々との日常を描いたCGアニメーションの『きかんしゃトーマス』。

元はイギリスの作品ですが、子ども向け番組「ポンキッキーズ」で『きかんしゃトーマスとなかまたち』として日本でもシリーズ放送を開始。放送が終了した今でも、その人気は不動のままです。

本当ならばトーマスたちはイギリスで日々をおくっているはずですが、なんとなんと! 先日、トーマスが日本の街を走っている様子が激写されました!! その姿を収めた動画が、シュールさと完成度の高さで話題沸騰中! 本当にすごいです……!

→ 続きを読む

【豆知識】お寿司が大好きな外国人に絶対に言っちゃいけない言葉「海苔って実は……」 / 外国人とお寿司を食べて実験

英語? エイゴ? なんかちょっと酒のツマミっぽい響きでステキね! で、英語って何?

……とまではいきませんが、英語はほぼ分からない記者(私)。しかし、日本国内でも外国の方と知り合う機会が珍しいものではなくなった現代。

先日、ひょんなことから知り合ったイギリス系アメリカ人の方が海苔巻きを美味しそうに食べているのを見て

「海藻お好きなんですか? 勝手なイメージで、外国の方って海藻類は苦手なのかと思ってました

と話しかけたところ

「私は日本に住んで長いので海苔も美味しいと思えるようになりました。アメリカのお寿司屋さんでは、だいたいコンブとかワカメとか海苔とかって、ローマ字で『Nori』とか日本語表記をしているんですよ。なぜかと言うと…

この後、外国の方が寿司に対してほぼ100%嫌悪感を覚えるらしい、衝撃の「NGワード」を教えてもらった記者!!!

ということで! お寿司大好きな外国の方を一瞬でドン引きさせてしまう『NGワード』は本当にNGなのか?」を検証するため、アメリカ出身の殿方に実際にお寿司を食べていただいている最中に言ってみました! その結果は……激怒される覚悟で挑んだ甲斐がありました……!

→ 続きを読む

【美の巨匠・会田誠に聞く深い話】第3回:アーティストを愛すること、アーティストが愛すること~小さな胸は現実に打ち勝つ!~


昨年、森美術館で開催された個展『会田誠展:天才でごめんなさい』のカタログ。破裂したバーチャルな少女の中からお花やイチゴが飛び出してくる、会田さんの「少女観」を見て取れる作品のように思います。

ということで! 「女性」を「芸術的」にも「男性性的」にも愛し続けている現代アーティストの会田誠さんにインタビューするシリーズの第3回!

最終回にふさわしく、第1回第2回よりも、会田さんがヒートアップしております……!

→ 続きを読む

【酒と人生】本物のお坊さまがやってる「坊主バー」は酒もおいしく問答もホンモノ/美味しいカクテルを飲みながら恋愛相談で予想外のガチバトルに

悩みごとを抱えて「もう限界!」という心境になったとき、酒に助けを求める人は少なくないだろう。

だが、家でひとりで飲んでも居酒屋に行って飲んでも、悩みの根本的な解決にはならない。だから、気分も晴れない。少なくとも、記者(私)はそうである。

「美味しいお酒が飲めてガチの悩み相談にも応じてくれるお店があればいいのに!」

……ん? え? ほんと? まじで? あるの? あったーーー!!!

ということで! 本物のお坊さんが経営している「中野・坊主バー(VOW’S BAR)」に行ってきました! しかも人生相談ではなぜかちょっとしたバトル展開に……!(仕掛けたのは記者の方です。お店の方は何も悪くありません)

→ 続きを読む

【美の巨匠・会田誠に聞く深い話】第2回:美術館デート指南とセクシーな芸術のこと~美術館はラブ〇テルの仲間です~

《大山椒魚》
(2003年/パネル、アクリル絵具/314×420cm/撮影:木奥恵三/高橋コレクション蔵)
(c) AIDA Makoto / Courtesy Mizuma Art Gallery

1匹の巨大な山椒魚に少女が2人寝そべる、という一見すると男性主権的な性イメージの描出に思える……ものの、少女の不敵な笑みを中心に、むしろ男性(=山椒魚)が少女(女性)に翻弄されるという一面を表現している、会田誠さんらしい作品のひとつだと思います。

ということで!「女性」を「芸術的」にも「男性性的」にも愛し続けている現代アーティストの会田誠さんにインタビューするシリーズの第2回目!

今回は、美術館デートのゼヒなどをおうかがいしましたよ! 前回と同じく、ひどく濃い内容となっております……!

→ 続きを読む

提供:プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

ハーバルエッセンス、ありえないレベルでモテまくる女子達の動画を公開! 「本当にこんなにモテるのか?」を検証した結果……

「髪の香りがイイとグッとくる」は、モテる女のテッパン要素。

あまりにも男性からモテない記者(私)が、「香り良い モテ シャンプー」でネット検索してみたところ、すごい動画を見つけてしまいました。

【ハーバルエッセンス】 2014 街角ドッキリ エレベーター乗ったらモテちゃった!

ハーバルエッセンスの公式動画なのですが、記者の感想を正直に申し上げます。なんだこれw 密室でこれは怖いっつーか、「ねーよwww」(※編集部注:私怨です)

ただ、次の「【ハーバルエッセンス】 2014 街角ドッキリ 証明写真撮ってたらモテちゃった!」に出てくる、証明写真機が発した「機械だと思ってナメないでください」ってセリフは、イケメンボイスの効果もあってか「ちょっと言われてみたい」と心惹かれたことを正直に申し上げます。

ということで! モテなさ過ぎて軽く絶望しているため、動画を観て混乱し血迷った記者(私)が、「ハーバルエッセンスを使うと本当にモテモテになれるのか!?」を検証してみましたよー!

→ 続きを読む

【美の巨匠・会田誠に聞く深い話】第1回:男女のこと~美しい生物ほど、傷んでいくのが早いんです~

《あぜ道》
( 1991年/ パネル、和紙、岩顔料、アクリル絵具/ 73×52cm/ 豊田市美術館蔵 )

ツインテールの少女の後頭部の髪の分け目と、田んぼを区切る道がつながったように見える作品。中学校(もしくは高校)の美術の教科書で、これを目にした読者は多いことでしょう。

その絵の作者は、会田誠(あいだ まこと)

日本最高峰の芸術大学である東京藝術大学油絵学科を卒業後、美少女をモチーフとした作品等を多数発表。近年では六本木の森タワーの最上階に位置する森美術館にて個展『会田誠展: 天才でごめんなさい』が開催されるなど、数々の偉業を成し遂げている、日本の現代アートの重鎮作家です。

ということで! 「女性」を「芸術的」にも「男性性的」にも愛し続けている現代アーティストの会田誠さんに、屁理屈ぬきの「男女のこと」をおうかがいしましたよ!

今回は、「言葉にするのもバカらしいくらいの、男性が女性にマジで惚れる場合」についてお伝えします!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4