「七五三」にまつわる記事

和装ブランド「ふりふ」がレトロモダンな七五三服レンタルサービスを開始! 限定の撮影イベントもあります

レトロモダンな和装を取り扱うブランド「ふりふ」も、今年2018年で19周年。つまりは来年にはハタチを迎えるわけで、時が経つのは早いものです。

アニバーサリーイヤーを間近に控えた「ふりふ」がこの秋にスタートさせるのは、オリジナル七五三お祝い着のレンタルサービス

「ふりふ」の愛用者がママ世代になってきたことから生まれたサービスのようで、ホームぺージには、「七五三レンタルコレクション」と銘打たれたキュートでポップなお祝い着がたくさん紹介されているんです。

→ 続きを読む

人気キャンディー店「パパブブレ」の千歳飴が今年もめちゃんこかわいい! 袋には鹿児島睦さんのイラストが描かれているよ

以前 Pouch でご紹介した、 “かわいすぎる千歳飴” こと、スペイン・バルセロナ発の人気店「パパブブレ」の千歳飴。毎年大人気の商品らしく、2018年は8月25日から11月中旬までの期間限定で発売されるといいます。

捨てるのが惜しいくらいかわいいパッケージデザインを手がけているのは、福岡在住の陶芸家・鹿児島 睦さん。

鹿児島さんは毎年「千歳飴」のデザインを担当しているのですが、今年のモチーフは長寿や繁栄の意味をもつ「鶴と亀」、そして子供たちが大好きな「犬と猫」

ほかにも色とりどりの花々やオシャレなおじいさんとおばあさんのイラストも描かれていて、わいわいと楽し気なムードに包まれているんです。

→ 続きを読む

【やってみよう】余った千歳アメは電子レンジで温めて使うべし! 美味しさも使い勝手も無限に広がるよ★

子どもの成長を祝い、これからの健康とさらなる成長を祈る「七五三」。日本の伝統行事です。

そして七五三といえば「千歳アメ」。ながーい棒状のアメをひたすら舐めていた事を思い出します。しかし、千歳アメってなかなか食べきれない。だからと言って、手にした縁起物を捨ててしまうのはもったいない!

ということで今回、余った千歳アメを最後までおいしく食べる方法をお伝えします!

→ 続きを読む

「七五三」にまつわるいろんな雑学を集めてみたよ♪ 地域によって少しずつ違いがあるって知ってた?

今日、11月15日は「七五三」です。そう、子どもよりもお父さんやお母さん、はたまたおじいちゃん、おばあちゃんの方が張り切ってしまうであろう「七五三」です! そういえば子どものころ、両親と一緒に神社に参拝して千歳あめを買ってもらったなぁ……そんな私も今やアラサー(遠い目)。

まあ、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いするという全国的に行われる行事なワケですが……そもそもどうしてその年齢にお祝いするの? 地域によって違いがあったりするのかな? 知っているようで知らない「七五三」にまつわる雑学を張り切ってご紹介します!

→ 続きを読む

かわいすぎる千歳アメ!! 超人気店「パパブブレ」が手がけたら千歳飴がここまでオシャレに!

11月15日(日)は、七五三。七五三と聞いてまず思い浮かぶのが、細長~い「千歳飴」ですよね。

紅白の飴に願うのは、子供の長寿。定番のアレが2015年の今、オシャレに、ハイセンスに、進化を遂げているみたいなの……!

→ 続きを読む

あの「リカちゃん」がスタジオアリスでNo.1人気の着物を着たよ! 記念撮影の思い出をリカちゃんと一緒に…

国民的着せ替え人形であり、オシャレすぎる小学5年生としても日本国中にその名をとどろかす「リカちゃん」こと香山リカさん。そのセレブなライフスタイルについては以前Pouchでもご紹介したとおり

そんなリカちゃんが、今度は晴れ着でおめかしだッ!!

どういうことかといいますと、リカちゃんが写真スタジオの「スタジオアリス」とコラボ。スタジオアリス2015年新作衣装の中で一番人気の着物をまとった「スタジオアリス リカちゃん はれぎでおめかしがタカラトミーより発売されることになったんです。

→ 続きを読む

【名古屋市大須】七五三専用フォトスタジオ「大須キモノガール」がオープン!! 建物や衣装、小物まですべてが昭和レトロな世界観!

歴史ある大須観音のお膝元ながらオシャレなお店や電器店がいくつもあったりと、古いものと新しいものが不思議と融合している街・大須。そんな名古屋市大須に6月オープンするのが七五三専門のフォトスタジオ「大須キモノガール」

こちらのスタジオ、外観だけでなく、七五三衣装や小物、撮影背景にいたるまですべて、昭和レトロな雰囲気にこだわっているの。しかも、撮影後は近くの神社でお参りし、そのまま大須商店街を散策できるサービスとなっているから、お姫様気分で一日を過ごせそう!

→ 続きを読む

いまの子供はいいなあ〜! モダンでかわいい七五三の衣装「SOU・SOU わらべ着」♪

11月15日は、七五三。とはいえアラサーの記者にとって、七五三は、遥か遠い昔の記憶。

ですがうっすらとなら、覚えています。たしか袴を着て、ほんのちょっぴりお化粧をしてもらったような……口紅を塗ってもらえたこと、嬉しかったなぁ。

そして時代は移り変わって、今や七五三は、モダンな現代的スタイルへと変化を遂げつつある模様。

「新しい日本文化の創造」をコンセプトにオリジナルテキスタイルを作成、地下足袋や和服、家具等を製作・販売する京都のブランド「SOU・SOU」が展開する子供衣類「わらべぎ」。こちらが提案する七五三衣装が、お洋服なのに和テイスト、和服っぽいのに洋テイストと、なんとも斬新&キュートなんですわ。

→ 続きを読む