「介護」にまつわる記事

普通のシャワーにしか見えないのに “泡” が出てくる! 白まゆに包まれるように全身をパックできる「KINUAMI」がすごい

シャワーヘッドから天然シルクの泡が出てくる “泡シャワー” 「KINUAMI(絹浴み)」は、白まゆに包まれるように全身をパックできる “カラダトリートメントシャワー” 。

実際に作動させている光景を見ればきっと100人中100人が驚くはずで、シャワーから出ている姿は普通の水のようなのに、肌に触れるともこもことした泡へと変化するんですよ。

その衝撃的な光景はまるで魔法か手品のようで、ただただじっと見つめてしまうばかりなんです。

→ 続きを読む

腕に巻き付けるメモ「ウェモ」に新たに3つのタイプが仲間入り! PCに貼るタイプやスマホケース型など、思いついたらすぐメモできます

第27回日本文具大賞の機能部門で優秀賞を受賞した、腕に巻き付けて装着することができるメモ「WEMO(ウェモ)」
このメモは、シリコン製のバンドに、油性ペンやボールペンで直接メモを書くことができるのが特徴。さらに、指や消しゴムで擦れば字が消えるため、繰り返し使うことができてとっても便利だと2017年11月の発売から話題となりました。

そんな「ウェモ」に、新たな3タイプが仲間入りする模様。PCなどに貼って使える「パッドタイプ」、スマートフォンやタブレット型端末のケース型メモ「ケースタイプ」、さらにはメモした部分をはがして使える「貼れるタイプ」と、魅力的なラインナップとなっているんです。

→ 続きを読む

【全く踊れてない】佐藤二朗ワールドさく裂! 体操服姿で準備体操するCM動画が濃すぎて1秒たりとも見逃せないっ!!

そのひょうひょうとした独特な存在感で、テレビドラマに、映画にと大活躍の俳優・佐藤二朗さん。現在、公開中のJA共済のCMでも佐藤さんならではの魅力を放っています。

今回、佐藤さんが教えてくれるのは介護や年金といった「将来へ向けての事前の備え」。人生を本気で楽しむには備えが必要だということで、実際に音楽に合わせて準備体操を披露しているんですが……これが佐藤二朗ワールド全開!

体操服姿で踊るダンス、合間に始終はさまれるコメントなど2分22秒の間、画面についつい見入ってしまいます。

→ 続きを読む

【ハンカチ必須】鉄拳の新作パラパラ漫画『母の辛抱と、幸せと。』が泣ける…今すぐお母さんに会いたくなる感動作です

手すりの商品開発を行う建築金物の専門商社「マツ六」がYouTube公式チャンネルに公開したのは、パラパラ漫画でおなじみの鉄拳さんが手がけた最新作 『母の辛抱と、幸せと。』という作品。

生まれてから死ぬまで、母と息子が歩んできた長い道のりを丁寧に描いた動画は、涙なしに見ることができません。見終わったあとお母さんに会いたくなるこちらの作品は、間違いなく名作です。どうぞ今のうちに、ハンカチのご用意を……!

→ 続きを読む

『婦人公論』100周年記念動画「婦人公論センパイ」がなんだかゴツい! 愛、お金、健康…女性の尽きない悩みに寄り添ってくれそう

大正5年(1916年)創刊の雑誌『婦人公論』。今年で100周年をむかえる超・超・超~老舗雑誌であります。

「ひとりになっても豊かな老後」や「定年夫、介護、相続、体調……女の悩みの処方箋」といった見出しが踊る表紙に、手を出すのがちょいと引けてしまう20代・30代Pouch読者も多いのではないでしょうか(かくいう私もそうですが)。

そんな『婦人公論』が創刊100周年を記念して「婦人公論センパイ」なる動画を作成。これが重い、お堅いといった同誌のイメージをくつがえすものとなっているんです。

→ 続きを読む

母の介護を独創的に描いたイギリス映画『追憶と、踊りながら』ホン・カウ監督に直撃インタビュー!【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評・インタビュー編]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品の監督を直撃インタビューします。

5月23日(土)劇場公開の映画『追憶と、踊りながら』は、介護ホームにいる母親と、息子の恋人である男性との交流を描いたイギリス映画です。介護に関する映画というと、社会派のイメージが強いのですが、この映画はそれとは一線を画しています。実に個人的かつ独創的な作品なのです。

そんな『追憶と、踊りながら』のホン・カウ監督が来日。この独特な世界観の秘密を監督に語っていただきました。

→ 続きを読む

舞台は米国・制作は仙台放送! 認知症改善への姿を温かく映し出すドキュメンタリー映画『僕がジョンと呼ばれるまで』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、3月1日公開のドキュメンタリー映画『僕がジョンと呼ばれるまで』です。アメリカ・オハイオ州の高齢者介護施設を舞台に、認知症患者に対する新たな試みで認知症の改善を目指すスタッフと認知症の老人たちの姿を明るく温かく映し出したドキュメンタリー。介護、認知症というと重く悲しく辛いイメージがつきまといますが、この映画にはそんなイメージを一蹴する爽やかさなのです。

→ 続きを読む

主人公モデルで漫画家の岡野雄一さんに直撃インタビュー! 介護の日々をユーモラスに綴った大ヒット漫画の映画化『ペコロスの母に会いに行く』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、感動作『ペコロスの母に会いに行く』です。認知症と診断された母との日々を綴った、岡野雄一さんの同名漫画の映画化です。

介護の日々を描いた映画と聞くとヘビィな内容を想像しがちですが、『ペコロスの母に会いに行く』は違います。認知症になった母と息子の日々はユーモアと愛情に彩られた、本当に心がほっこりなごむ映画なのです。

→ 続きを読む

老老介護を描いた『愛、アムール』が教えてくれる究極の夫婦愛【最新シネマ批評】

【映画ライター斎藤香が、皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中から、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します】

今回ピックアップするのは、3月9日公開の『愛、アムール』です。2012年度カンヌ国際映画祭パルムドール賞、第85回アカデミー賞外国語映画賞など多数の映画賞に輝いたミヒャエル・ハネケ監督作。

パリの高級アパルトマンを舞台に、病に倒れた妻を夫が介護する。ただそれだけの映画なのに、そこに夫婦愛と絆を感じさせながら老老介護の終末を描いて、胸をわしづかみにされました。これはもしかしたら、数年後の親の姿であり、自分たちの姿。今、どんなに若くても、いずれこういう時が来る。そんな現実を『愛、アムール』の夫婦は教えてくれるのです。

→ 続きを読む