「写真撮影」にまつわる記事

提供:すみだ水族館 京都水族館

【これ最高】すみだ水族館と京都水族館が「記念写真の販売サービス」を思い切って無料に! しかもプロが60分密着撮影してくれるって!

家族や友人たちとテーマパークなどに行って写真撮影をしたいとき、あなたならどうするでしょうか。

誰かがカメラマンを買って出ると、写らないがゆえに、その人が “いない” ことになってしまう、他のお客さんに撮影を頼むのも気が引ける。テーマパークに用意された撮影サービスも「無料かと思いきや有料だった!!」なーんてことも無きにしもあらずで、一体ぜんたいどうしたらいいの~!

→ 続きを読む

黒猫はインスタ映えしない!? ならば「黒猫を上手にかわいく撮影するテクニック」をご覧あれ!

最近、ネットでちょっとした話題となっていたのが「黒猫はインスタ映えしないから捨てられやすい」というもの。

どこまで信憑性のある話かはわかりませんが、写真映えだけに関していえば、黒猫は白猫に比べて「表情がわかりづらい」「暗い場所や黒っぽい背景だと撮りづらい」というのはたしかにあるかもしれません。

でも! そんな理由で可愛いニャンコを捨てるなんて人がいるのなら、これは許されない……! 

というわけで、今回は「黒猫を上手に撮影するテクニック」動画をご紹介したいと思います。

→ 続きを読む

妖艶な「狐の嫁入り」写真が撮れるフォトスタジオが京都にある!目元に紅をさした美しい“お狐様”の姿は変身度大です

京都へ旅行に行った際に「舞妓体験」をしたことがある、といった女性は少なくないのではないでしょうか。京都嵐山にある「STUDIO心」は、「舞妓体験」だけでなく「花魁体験」もできるフォトスタジオです。

これらに加えてレギュラープラン化されたのが、「狐の嫁入りプラン」です。白掛下と綿帽子をまとい、目元には艶やかな紅色をさした「狐の嫁入り」姿は、美しく儚く、そして妖しくって、思わずじっと見惚れてしまいます。

→ 続きを読む

ビッグマックの箱は「スマホ照明」になる!? まさかのライフハックだけど仕上がりはプロ仕様です

フランスのフォトグラファーでストリートアーティストのフィリップ(Philippe Echaroux)さんが、2017年8月28日、YouTubeにとあるチャレンジ動画を投稿しました。

「ビッグマック・ポートレイト・チャレンジ」と名付けられた動画で、フィリップさんは照明器具を手作りしています。

材料として使ったのは “ビッグマック” が入っていた箱

そのほかにセットのドリンクについてきたストローミニサイズの懐中電灯があればOK。この照明を使った写真を観ると、アラ不思議。顔にライトがぱあっと当たって、プロ仕様な仕上がりになっているではありませんか~!

→ 続きを読む

フリマ用の写真もキレイに撮れるってよ♪ 折り畳めるフォトスタジオ「フォルディオ」がめちゃめちゃ便利そう!

近頃、フリマアプリの人気もあって、手持ちのモノをネットで気軽に売れるようになりましたよね。

売るモノが決まったら、商品の写真を撮らなくちゃ。フリマアプリ上に表示する写真が美しく見えたら、早く買い手もつくはず!

……とはいえ、写真家でもないわたしたちが “モノ” を撮影するときに困るポイント、それは環境が整っていないこと。被写体を魅力的に見えるようにするには、光のかげんをうまく調整したいところ。でも、おうちに “写真撮影のための照明” “撮影のためのスペース” がそろっていることは、そうそうありません。

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」と「Indiegogo」に登場した「フォルディオ3(Foldio3)」は、モノをうまく撮影するのにぴったりの、折りたたんで持ち歩くことができるフォトスタジオです。これがあればフリマ用の写真もうまく撮れそう!

→ 続きを読む

間違いなく「ペットのカメラ目線ショット」が撮れる便利グッズを発見♪ ワンちゃんの視線の先にあるのは…

愛するペットたちの写真を撮る時、なかなかカメラ目線になってくれなくて困ったことがある。そんな飼い主さんはきっと少なくないことでしょう。

「Flexy Paw」は、スマートフォンやタブレットの上にクリップ式で取り付けることができる、“ペットの目線をカメラに向かせる” アイテムです。

仕組みはいたって簡単、「Flexy Paw」にペットたちの大好きなおやつを取り付けるだけ。「馬の鼻先にニンジンをぶら下げる」ようなこのやり方、ありそでなかった気がするう!

→ 続きを読む