「保護」にまつわる記事

割れたガラス瓶に頭がはまった子猫を発見! 逃げまどう子猫を無事に保護するまでの一部始終

本日ご紹介する動物保護団体「Hope For Paws(ホープ・フォー・ポーズ)」の活動は、ニャンコのレスキュー。

ガラス瓶に頭がはまってしまった子猫がいると連絡を受けて駆けつけると、なんとガラスが割れており、子猫の顔にも傷が……。

子猫がガラス瓶から頭を引き抜こうと暴れた結果、割れてしまったよう。一刻も早く助けたいと思うレスキューチームですが、子猫は人になれておらず、逃げまどってしまいます。

→ 続きを読む

緊張走るドッグレスキュー! 大ケガをしておびえまくりの犬は吠える、逃げる…救出は大苦戦!

「高速道路脇で、黒いピット・ブルの子犬がびっこを引いている」と連絡を受け、保護に向かったアメリカのレスキューチーム「HOPE FOR PAWS(ホープ・フォー・ポーズ)」のメンバー。

しかしそこにいたのは「子犬」ではなく、ガリガリにやせ細った成犬でした。レスキュー隊員は口笛を鳴らしながら声をかけますが、けたたましく吠え立てられ、思わず動揺して声を上げます。

まったく人間を信用せず、吠え続けるワンコ。頑固で気性の荒い犬を相手に、救出は困難を極めます……!

→ 続きを読む

【心温まる】絶望的な生活のママ犬と子犬たちを助けたい! 総勢5匹のワンコファミリー、狭くて暗いコンテナ下からの救出劇

住民からの連絡をもとに動物の保護・救助活動を行うアメリカのレスキューチーム「HOPE FOR PAWS(ホープ・フォー・ポーズ)」。Pouchでも、これまで何度かその活動をご紹介してきました。

今回は彼らの活動の中から、あるワンコファミリーの救出劇をご紹介したいと思います。

保護対象となったのは、コンテナの下でふるえる1匹のママ犬と4匹の子犬たち。しかし、すきまが狭すぎて人の手が届かず苦戦しているうちに、小さな子犬たちは怖がってさらに奥へと逃げ込んでしまいます。レスキュー、成功するのでしょうか?

→ 続きを読む

無責任な多頭飼いでひどい状態の猫たちを保護 → 毛と爪をきちんと整えて劇的ビフォーアフターに成功!

アメリカ・ワシントン州にあるアニマルシェルター「Purrfect Pals」。ここに別のアニマルシェルターから、助けを求める連絡が舞い込みました。

たくさんの動物たちを飼うだけ飼ってろくに世話しない、いわゆる無責任な “多頭飼い” のケース。24匹のペルシャ猫と16匹の犬が、小さくて不潔なゲージに閉じ込められているところを発見されたとのこと。「Purrfect Pals」は、このうち15匹の猫を保護したのだそうです。

→ 続きを読む

「ボクがいちばん落ち着くのはキミの頭の上なんだよ」兄弟みたいに仲良しな、でっかいワンコとちっちゃいニャンコ

アメリカのコロラド州で暮らすインスタグラマーのシンシアさんは、ヘンリーという名のオス犬と、バルーという名のオス猫を飼っています。

にゃんこのバルーは2017年10月頭ごろに家族として迎え入れられたばかり。インスタグラム初登場の際には、 “お兄ちゃん” であるヘンリーの頭の上にちょこんと乗っかったショットが掲載され、多くの人のハートをヒット♡ 1万4000超の「いいね」を集めていたほどでした。

→ 続きを読む

ネグレクトで「汚れたモップのようだったワンコ」を助けたのはペット美容室! 3時間かけてグルーミングした結果、見違えるように可愛くなりました

アメリカ・フロリダ州のペット美容室「BGE Grooming」がフェイスブックに投稿していたビフォーアフター写真が衝撃的! 写っていたのは1匹の犬で、ビフォーの顔は伸びきった毛に覆われすぎていて、鼻先くらいしか確認することができません。

しかも全身泥かなにかで汚れている状態で、大変な苦労をしてきたようです。対して綺麗にグルーミングされたアフター写真では、まったくの別人ならぬ “別犬” に大変身! この犬の身に、一体何が起きていたというのでしょうか?

→ 続きを読む

人間なんか信じられない! ワンコがレスキュー隊と激しい追いかけっこ → 心を許してからはすっかり人懐こくなりました

アニマルレスキュー団体「Hope For Paws」がYouTubeに公開したのは、ワンコが人間に心を開いてくれるまでの一部始終をとらえた映像です。

「ケガをした犬がいる」と通報を受けた「Hope For Paws」が現場に急行すると、そこにいたのは1匹の黒いワンコ。敵だと思っているのか、短い手足で必死に逃げ回ります。

後にリオ(Rio)と名付けられるワンコはこのとき、前の飼い主に捨てられ、あげく交通事故に遭っていた模様。すっかり人間のことが信じられなくなってしまったのでしょうか。頭に傷を負い、脚もケガしているのに、死にもの狂いで逃走を図ろうとしていたんです。

→ 続きを読む

ほぼ裸足のようなサンダル!? 足裏をガード&水に強くて滑りにくい画期的アイテム「NakeFit」がすんごいよ

以前 Pouch でストラップのないサンダル「ヌーサン」を紹介しましたが、本日ご覧いただくサンダル「NakeFit(ネイクフィット)」も大変ヌーディー。もはやサンダルというか、ほぼ裸足ですねこれは。

イタリアでデザインされた「ネイクフィット」のビジュアルは、足の裏のかたちそのまんま。これをピターッと貼り付けることで、足裏を保護できます。

薄型かつ伸縮性もある素材なので、シールを貼ったりはがしたりするのと同じ要領で装着できるから、着脱はラクラク! 足裏に直接貼ってカバーするのは、なんとも新しい発想ですよね。

→ 続きを読む

赤ちゃんがやってきたぞ~! 新入りを歓迎するべくゾウさんたちがお出迎えする姿が迫力ありすぎです

ゾウの保護活動を行っているタイの非営利団体「Save the Elephants Foundation」が運営する「Elephant News」がYouTubeで公開していたのは、愛とパワーがこれでもかというほどみなぎっている、ゾウさん動画です。

場所はタイのアニマルシェルター、「エレファント ネイチャー パーク(Elephant Nature Park)」。保護されたゾウたちに触れ合うことができるこの施設に、ごく最近ちっちゃな “新入り” が入ったよう。

“新入り” のDok Gaewは、まだ子供のゾウ。1歳9カ月になる孤児だそうで、動画には先住のゾウさんたちが大挙して押しかけ、手厚い歓迎をしている様子が収められていました。

→ 続きを読む

嵐の中に取り残された母犬と子供たちを救出する瞬間…お母さんワンコの行動に泣けてしまいます

アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動を続けている動物保護団体「Hope For Paws」は、暴風雨がカリフォルニアを襲ったある日、犬の親子を救助するべく車を走らせていました。

近隣住民からの連絡を受けた「Hope For Paws」のスタッフが到着するまでにかかった時間は、なんと3時間半。真っ暗闇のなか、懐中電灯の光を駆使しながら茂みの中を散策すると……。そこにいたのは、1匹のペットブルのメスと、生まれたばかりの子犬8匹でした。

→ 続きを読む

母親に育児放棄された小さすぎる子猫を保護….スタッフの看病で7日後に奇跡的に快復!

アメリカである猫の親子が保護されました。4匹いた子猫たちはおよそ生後3週間。しかし1匹だけ他の兄弟と比べて小さすぎる猫がいました。重さは170グラムと生後1週間の子猫の体重ほどしかなく、どうやら発育不良で母猫にも諦められてしまったようです。

「フライ」と名付けられたその小さな子猫は、抱き上げるとゴツゴツしていて、ほとんど骨と皮の状態。そして、診察してみると、貧血症、心雑音、脱水症状、栄養障害、低体温、上気道感染症などの兆候が見られ、絶望的な容態でした。

しかし、生後まもない子猫の専門の獣医、ハンナ・ショーさんの懸命の看病もありフライは奇跡的な快復を見せはじめます。

→ 続きを読む

虐待そして妊娠&出産…波乱万丈な半生を送ってきたワンコが我が子と運命的な再会を果たすまでの物語

エリザベス・スペンスさんは、3人の子を持つお母さん。夫と一緒に、3匹の保護猫たち、3匹の保護犬たちのことも育てています。スペンスさんのInstagramには、ワンコやニャンコ、そして子どもたちとの幸せそうな写真がいっぱい。

実はそのうちの1匹、9歳のメス犬のノラは、虐待されていた過去があります。2008年11月、カナダ・マニトバにあるブリーディング施設の裏庭でレスキュー隊に発見されたとき、ノラは汚いおりに入れられ、なんとお腹の中には赤ちゃんがいたのだそう。生後わずか10カ月のときのことでした。

→ 続きを読む

ネグレクトに遭っていた猫ちゃんを保護、伸び切った約2キロの毛を剃り落とすと…なんとも味のあるお顔が現れました

2016年12月。アメリカ・シカゴ南部の初老男性が暮らす家の地下で発見された猫の姿は、驚くべきものでした。

長い間、ブラッシングもカットもされていなかったようで、長く伸びきった毛が全身に絡まり、まるでモップのように薄汚れています。さらに、伸びた毛が塊のようになった部分もあって、いったいどこからどこまでが体なのかすら分からないほど。伸びきった毛の重さは、およそ2kgもあったそう。一体なぜ、猫はこんな悲惨な目に遭ってしまったのでしょうか。

→ 続きを読む

【クリスマスだから】シェルターの保護犬みんなに家族ができる奇跡が発生! そして大みそかにはさらなるサプライズが…

欧米の人々にとってのクリスマスは、家族とともに過ごす日。家族というのはもちろん、ペットも含まれます。

さて、そんなクリスマスを前に、アメリカ・コロラド州にあるアニマルシェルター「Humane Society of the Pikes Peak Region」で、ちょっとした奇跡が起きていたようです。

2016年12月19日。フェイスブックにアップされた映像に映っていたのは、空っぽのケージの中で歓喜の雄たけびをあげるスタッフたちの姿でした。なぜ、そんなに喜んでいるの? どうしてケージが空っぽなの?

→ 続きを読む

赤ちゃんゾウとダチョウが仲良くお昼寝 / 不思議な組み合わせだけれど友情を育みあう姿が微笑ましいです

アフリカの大地ですやすや仲良くお昼寝していたのは、ゾウの赤ちゃんとダチョウさん! そもそも仲良くなることのなさそうな両者が、一体全体どうして、ぴったり寄り添って眠っているのでしょう。

海外サイト「The Dodo」によると、孤児となったゾウを保護する活動する団体「The David Sheldrick Wildlife Trust 」が、井戸に落ちて群れからはぐれてしまった生後1カ月のオスのゾウの赤ちゃんを保護したのだそう。

→ 続きを読む

「助けてくれてありがとう」重症から回復したミミズクが、治療してくれたスタッフに全身全霊のハグ! 絆の深さを感じる光景に感動!!

野生の鳥類、しかも猛禽(もうきん)類ともなると、なかなか人間に心を開くことはないのでは……というイメージがあります。しかし、たとえ野生動物であっても助けてくれた人には恩を感じるし、愛情を返してくれるのだと教えてくれるのがこの写真。

ワシミミズク人間がハグする、という奇跡的な光景に胸がいっぱいになります。

→ 続きを読む

猫用グッズと一緒に捨てられていた猫を発見…ニューヨークに「オスの捨て猫が多い」ことの理由とは?

米ニューヨーク、ブルックリン。ノストランド通り(Nostrand Ave)でニャーニャー鳴いていたのは、1匹のオス猫。

猫のすぐそばにはかつて使っていたと思われる猫グッズ、さらには猫用トイレまでもが一緒に捨てられており、その絶望的な光景に一瞬、我が目を疑ってしまいます。

→ 続きを読む

【もふもふ】わんこにしか見えない! 保護された「キツネ」がおじさんにじゃれつく様子がめっちゃかわいい!!!

YouTubeで公開されいる動画「Geoff and Dawn」のドーンちゃん、自分の寝床に寝っ転がって、男性にお腹をごしょごしょされて喜んでいます。お返しに、愛情の証なのでしょうか、男性の口元をなめたり、首元にすり寄って「好き好き!」とじゃれついています。

実はドーンちゃんの正体は犬でも猫でもなく、「キツネ」なんです!

当初犬だと思われて保護されたそうなのですが、のちにキツネだと判明。しかし、その時点ですでに人間に慣れすぎてしまって野生に戻せなくなってしまったようなのです。

→ 続きを読む

保護ネコのシェルターを兼ねたシェアオフィスが誕生!! 福岡市の「Q studio」がネコに癒やされながら仕事できてステキ!

最近シェアオフィスが流行っていますが、これからは単に仕事をする場ではなく、さまざまなプラスアルファな特性を持つコワーキングスペースが増えてくるのかも。

7月13日に福岡県福岡市にオープンしたのは、保護猫活動を支援する猫付きシェアオフィス「Q studio」。つまりこちら、保護ネコのシェルターを兼ねたシェアオフィスなんです!

→ 続きを読む

【知ってた?】爪は呼吸しているからネイルは良くない説は誤解! そもそも爪は呼吸していなかった

女性にとって日々のテンションをあげてくれるもののひとつ、それが、美しくオシャレな指先。つまり、ネイルです。

ですがおそらく、誰しも1度は以下のような説を耳にしたことがあるのでは?

「爪は呼吸しているから、ネイルはあまり良くない」

でもね、どうやらこの説は誤りである模様。ネイルサロン「GELAMOUR (ジェラムール)」およびネイルサロン「VIVIENNE NAIL(ヴィヴィアンネイル)」によれば、「そもそも爪は呼吸していない」というのです!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2