「昆虫食」にまつわる記事

無印良品が昆虫食「コオロギせんべい」を発売するよ! 実は今後の環境問題を考えた超マジメな開発でした

これまでPouchでも何度かご紹介したことのある「昆虫食」。なんとあの無印良品からも“コオロギを使ったおせんべい”が発売されるというニュースが飛び込んできました!

「おいおい、エイプリルフールはずいぶん先だよ……?」なーんて思っちゃいそうですが、こちら、マジメもマジメ、大真面目なお話。さまざまな国や地域の今後の課題を見据えたうえでのコオロギせんべい開発だというではないですか。

え、コオロギが地球を救う……? いったいそれ、どういうことー!?

→ 続きを読む

【閲覧注意】虫が “ふりかけ” に! カイコのさなぎやコオロギを手軽に食べられる「ちょい虫」

ここ数年、ジワジワと話題になっている「昆虫食」。試してみたいけど、なかなか勇気が出ない……という人もいるかと思います。

そんな皆さんに、入門編としてぜひともオススメしたい(!?)のが「昆虫ふりかけ ふりふり ちょい虫 」シリーズ

いつものラーメンや焼きそばに“ふりふり”するだけで、カイコのさなぎやコオロギといった虫さんたちを気軽に食べることができるというワケ。た、たしかにこのぐらいのハードルからなら始めやすそう……?

→ 続きを読む

【ひいい】ヴィレヴァンが「昆虫食福袋」を販売しているぞ~! 幼虫にコオロギにサソリとパンチの効いたラインナップです

毎年各企業やブランドが販売する “福袋” 。2018年はさて、どんな福袋を購入しようか……。今から頭を悩ませているというみなさんにぜひともご覧いただきたい、一風変わった福袋がヴィレッジヴァンガードから発売されているんです。

オンラインストア「ヴィレヴァン通販」で予約注文を受け付け中の福袋の名前は、「TAKEO 昆虫食福袋」。そうです。読んで字のごとく、食べられる昆虫が入った福袋なんです。

中に入っているのは幼虫にコオロギにサソリと、ある意味 “オールスター” 的な顔ぶれとなっておりまして、ひそかに「虫を食べてみたい」と思っていた人には打ってつけな商品なんですよぉ~!

→ 続きを読む

【閲覧注意】昆虫を材料にした「恵方巻き」と「バレンタインスイーツ」がヤバいよヤバいよ!! まず見た目からして無理ィィィ!!

2月3日は節分の日。節分といえば恵方巻ですが、ここ数年はいろいろ趣向を凝らした商品が増えて、目移りしてしまいますよねぇ。

中でもとびきり異彩を放っているのが、東京都高田馬場のジビエ居酒屋「米とサーカス」が提供する恵方巻です。名前も中身も見た目も、未だかつてないインパクト。

勇気のある者、並々ならぬ好奇心を持つ者、そして虫をこよなく愛する者しか手を出せない1品なんですよね。

→ 続きを読む

「虫寿司」「セミの串揚げ」「蚕の照り焼き」!? メニュー名だけで卒倒しそうな『昆虫食』が高田馬場で体験できるゾ♪

以前「獣肉おせち」をご紹介した、東京・高田馬場にあるジビエ居酒屋「米とサーカス」では、7月18日(月)から8月31日(水)までの期間限定で、選りすぐりの昆虫メニューを思う存分味わうことができるよ!

お店の資料によれば、なんでも2030年には世界人口が90億人に達する見込みがあると言われており、それによって起きる人口増加と、地球温暖化に伴う食糧問題は深刻なのだそう。

その対策として国連のFAO(食糧農業機関)が推奨しているのが、昆虫を食べる「昆虫食」なんだそうよ。今回のイベントでは、それをいち早く体験できちゃうの

→ 続きを読む

食糧危機を救えるか!? 「食用 “昆虫飼育” 」マシーンがアイスランドに登場 / 味はチキンに似ているらしい

世界中で増加し続ける人口。このままでは、そう遠くない未来に、食料がなくなってしまうかもしれない。そんな可能性も、正直否めません。

「Iceland Academy of the Arts(アイスランド・アカデミー・オブ・アーツ)」にてプロダクトデザインを学んでいたという、アイスランド在住のBú I Bjarmar Að alsteinssonさん。彼が卒業制作として発案・設計したのが、起こり得る食糧危機に備えた逸品、「食用昆虫飼育装置」です。

→ 続きを読む