アメリカ・ワシントンD.C.に暮らす23歳の女性ミランダ(Miranda)さんは、最近引っ越しを終えたばかり。新居につくと、前の家主さんからの手紙が置かれていたといいます。

手紙に書かれていたのは、「家にはすでに12年間も暮らしている者がいる」という衝撃的な事実。また「その者の世話をしてもらえるとありがたい」といった旨のメッセージもあったのだとか……。

果たして “12年間暮らしている者” とは、ナニモノなのでしょうか。わざわざ手紙に書き残していくあたり相当愛されているようにも思えるけれど……正直なところ、不安をぬぐい切れないよ~!

【正体は1匹の猫さんでした】

しかし手紙を読み進めていくと、そんな心配は不要だったとわかるんです。

Our story #cat #kitty #pets #animals #Raz #razthecat

A post shared by @ wottrns on

先住者の正体は、オレンジ色の毛並みが印象的な1匹の。ミランダさんのインスタグラムに写真が掲載されているのですが、聡明そうなキリッとした瞳が印象的な “美猫”さんです。

Raz getting some food #cat #kitty #pets

A post shared by @ wottrns on

【毎日ご飯をあげて、お家も買ってあげていたらしい】

手紙には、猫はオスで、この家の裏庭で生まれたこと。それ以来ずっと暮らしていること。1日に2回エサをあげ、水をやる生活を続けていたこと。そして寒い日や天候の悪い日に猫が身を寄せることができるよう、小さな家を買い与えたことなどが書かれていました。

I set catnip out #Raz #catnip #cat #stray

A post shared by @ wottrns on

【「できたら引き継いでほしい」と控えめにお願い】

強制するわけではないけれど、あなたが今後も猫の世話をし続けてくれたら嬉しい。どうか猫を追い出さないでほしい。

手紙はそんな言葉で〆られておりまして、ミランダさんはもちろんこれを快諾! 以前から飼っている5匹の猫と1匹の犬を含めたミランダさんの家族に、オレンジ色の先住猫が新たに加わったのでした。

【いい出会いになったようでよかった!】

Razum Dar(相性はラズ)と名付けられた先住猫とミランダさん一家は、互いに一定の距離を保ちつつも仲良く暮らしている様子。

もしも自分の引っ越し先に猫さんがいたら、猫好きのわたしは飛び上がって喜んでしまうかもしれません。しかし世の中そういう人ばかりではないでしょうし、ミランダさんが猫好きで本当によかった~! ラズたん、この家の “重鎮” として、たっぷり可愛がってもらうんだよ~!

参照元:Instagram @wottrnsBored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼ラズは時々ふらっとどこかへ出かけている模様

He's back! I'm really curious What country are you from?

A post shared by @ wottrns on

▼ガラス1枚隔てているものの、ほど良い距離感♡

▼お互いに興味を示しているようだし、家猫さんとも仲良くやっていけそう~