「お菓子」にまつわる記事

ニャンコ気分でカリカリカリ…ドライフードみたいな人間用のかりんとうが新発想 / レトロなパッケージと素朴なおいしさも魅力です♪

猫好きオトメの心を躍らせてきた、フェリシモ猫部と「キリンラーメン」でお馴染みの小笠原製粉のコラボレーション。これまでに猫好きのための麺シリーズ「にゃーん麺」や「ナポリニャン」、「そばにいるにゃん」が発売されました。

麺類だけじゃなくてお菓子でもニャンコ気分を楽しめたら……そんなアナタの願いを叶えるお菓子が新たに登場したようです。猫用ドライフードを食べているみたいな気分になれる人間用かりんとう「にゃりんとう」だよっ!

→ 続きを読む

【貴族か】8本で1000円超えの超高級ポッキー「バトンドール ラ レコルト」を食べてみた! バターの香りと果実感たっぷりのチョコが贅沢すぎる!!

以前、Pouchでもご紹介した「バトンドール」。大阪などの限られた場所でしか買えないという超高級ポッキーなんですが、11月18日にその最上級ともいえる「バトンドール ラ レコルト」が期間限定で発売に!

なんたって、通常の「バトンドール」がひと箱20本入り税込501円のところ、この「ラ レコルト」は8本入り税込1051円って……もはや貴族か!!

このたび販売元であるグリコより商品を提供いただいたので、レビューしてみたいと思います。1本約130円のポッキーっていったいどんな味がするんでしょうか?

→ 続きを読む

【ぼっちハック】「ポッキー&プリッツの日」にポッキー8箱も買ってきたのにシェアハピする相手がいない人必見! 全部砕いてリースにしよう★

毎月1のつく日(1日、11日、21日だけ)は「ステキなぼっちの日」です。私が担当する11月11日は記念日ラッシュだそうで、チンアナゴの日に、きのこの日、チーズの日など、31種類もあるんだとか。

でも、一番メジャーなのは「ポッキー&プリッツの日」では? 最近は「シェアハピ」とか言ってるみたいですが、ぼっちの私はんなこた知りません! というわけで今回はいろんなポッキー&プリッツをぼっちで食べまくりたいと思います!

……でも「ぼっちの楽しみを模索する」とかいっても、私がひとりで大量にポッキーを食べてみたってだけで、みんなは喜んでくれるのかな。それは無理ってもんですよね。はぁー、生きるって大変ですね。

Pouchは女性向けサイト。少しでもフォトジェニックにしたほうがいいよね……ってことで、落ち着いて考えた末に、ポッキーとプリッツを使って、食べられるリースを作ろうと思います。

→ 続きを読む

琥珀糖の水晶や鉱物ソーダ…これって食べられるの!? かわいくて妖しい「鉱物のお菓子」を作れちゃうレシピ本が登場ですっ!

かわいくてキレイなお菓子を見ると、食べるのがもったいない! って気になります。結局、食べちゃうわけなんですけど、見ているだけでもけっこう幸せだったりします。

10月30日に玄光社より発売された『鉱物のお菓子 琥珀糖と洋菓子と鉱物ドリンクのレシピ』にも、かわいくてキレイなお菓子のレシピがいろいろと掲載されているみたい。だけど……食べるのがもったいないっていうか、これって食べられるの!?

→ 続きを読む

「いつものアレ」ってどれ!? 六花亭の新商品のネーミングが謎すぎて気になりすぎる / 他にも不思議な名前のお菓子がいっぱい…

北海道の定番みやげ、六花亭のお菓子。マルセイのバターサンドにホワイトチョコ、中にフリーズドライの苺が入ったストロベリーチョコと何を食べてもハズレなしですよね。

そんな六花亭ですが、2017年10月11日から発売された新商品が「謎すぎる」と今話題を呼んでいます。なにしろ商品名が「いつものアレ」。

……いつものアレって、いつものどれよ!? と誰もがツッコまずにはいられない。いったいどんなお菓子なのか、めちゃくちゃ気になります。

→ 続きを読む

【閲覧注意】ホラーなお菓子屋さん「中西怪奇菓子工房。」の指クッキーや目玉ゼリーが超リアルです

ハロウィンといえば、やっぱりお菓子は欠かせないですよね。今回紹介するのは、ハロウィンにピッタリのホラーなお菓子です。

ナカニシア由ミさんが手がける「中西怪奇菓子工房。」のお菓子はかなり異質でして、ラインナップは本物の指そっくりな「指クッキー」(5本入り500円 / 以下すべて税込み)に、質感が生々しい「目玉ゼリー」(180円)や「目玉チョコ」(360円)など、見るからに本気度が違うんですよね……。

→ 続きを読む

塩キャラメルとはハイカラな!「ぽたぽた焼き」がちょびっとオシャレになったよおおおおおい!

1986年に亀田製菓から発売されたロングセラー商品「ぽたぽた焼」は、家族全員好きな味。小さい頃、チョコなどの甘いお菓子が苦手だったわたしのおやつの定番はコレでした。甘いのはイヤなんだけど、 “さとうじょうゆの甘じょっぱさ” は好きだったんですよねぇ。

メガネをかけた着物姿のおばあちゃんイラストにもほっとする、田舎の温かみをほんのりと感じさせてくれる「ぽたぽた焼」に、新しい味が期間限定で仲間入りすることになったのだそうです。

→ 続きを読む

スイーツの名店60店が集まる「IKESEI 菓子博 」が池袋西武で開催されるよ♪  京都の「喫茶ソワレ」も初出展するんだって!!

甘~いお菓子に目がないというスイーツ好きのみなさ~ん! 2017年8月2日から7日までの期間、東京・西武池袋店7階催事場が、「IKESEI菓子博 真夏のスイーツフェスタ」(以下、菓子博)という名の甘~い楽園に変貌するんですってよ……!!

和菓子に洋菓子、ベーカリー。老舗から新進気鋭の店まで60店舗の美味しいスイーツが大集合♪ アイスクリームやかき氷などの夏スイーツもずらりと並ぶようで、わくわくしちゃいます。これぞお菓子の玉手箱、お菓子界のディズニーランドや~!

→ 続きを読む

キャラ和菓子「食べマス」にスヌーピー&ウッドストックが登場だよ / どっちから食べようか迷っちゃうかわいさです!

妖怪ウォッチから始まって、リラックマドラえもんミッキー&ミニーなど、さまざまなキャラクターがモチーフになってきた「食べマス」シリーズ。どれもこれも愛くるしくて、食べるのがもったいないようなビジュアルでした。

7月25日から、新作となる「食べマス スヌーピー」が登場。スヌーピーとウッドストックが2個セットになっていて、どっちから食べようか迷っちゃいマス!

→ 続きを読む

夏限定のハッピーターンがめちゃめちゃ美味しそう! 「チーズカレー味」と「とうもろこし味」がハッピーターン専門店にお目見え♪

亀田製菓の人気スナック・ハッピーターンのコンセプトショップ「HAPPY Turn’s(ハッピーターンズ)」。ハッピーターンの新しい “楽しさ” を発見できるお店作りをしていて、これまでにも Pouch で紹介したライチや白桃抹茶ラテ、ストロベリーなど、ユニークなお味が発売されてきました。

そして2017年、7月5日から8月末までの期間限定で夏の新作が登場するのだけれど、やだすごくおいしそう……間違いのない味がするであろう「チーズカレー味」と「とうもろこし味」だよっ!

→ 続きを読む

チョコ菓子「ブラックサンダー」に女子向けバージョン登場♪ 朝食にもイケる「グラノーラサンダー」、ドライフルーツ入りなのだ

Pouchでも何度かご紹介している、コンビニでよく見かけるお菓子 「ブラックサンダー」。ひとつ30円という超リーズナブルっぷり&食べごたえしっかりの、私の大好きなおやつです。その名のとおり「黒い雷神」というキャラづけもあって、何気に乙女ゴコロを刺激してくれます。

10円高くチョコが超濃厚な上位バージョン「ゴールド」や、おつまみとまさかの融合をキメた「柿の種サンダー」など、いろんなバリエーションがある「ブラックサンダー」ですが、このたび女子にとってたまらない新作が登場したんです!

今度の雷神、なんとグラノーラ!女子の強い味方「グラノーラ」を、ブラックサンダーにしちゃいました! もちろんフルーツも入ってます。リーズナブル菓子なのに健康志向! こういうのステキですよね!

名前はそのまま「グラノーラサンダー」、サブタイトルは「お麦の女雷神」。屈強な兄たちに囲まれて育ったかわいい妹、といったところでしょうか。

公式サイトによれば「素朴な味わいが特長の前向きに楽しめるおやつです★」とのこと。前向きに楽しめるおやつ? 食べても太ら……いやそう言い切るといろいろアレなのでアレしたのかと思われる斬新なフレーズを微妙に気にしつつ、さっそく食べてみたいと思います!

→ 続きを読む

「うなぎパイ」の春華堂から「すっぽんパイ」が登場!! キャッチフレーズは「朝のお菓子」だったのでお疲れマックスの朝に食べてみた

「夜のお菓子」といえば、静岡名物の「うなぎパイ」です。甘さの中にもほのかな塩気もあって、美味しい銘菓ですよね。黙って食べればいいものを、子供の頃、「夜のお菓子ってどういう意味?」と親に聞いて、困らせてしまった人もいるのではないでしょうか。

さて、そんな「うなぎパイ」を発売する春華堂から、2017年の春、満を持して「すっぽんパイ」が発売されたというではないですか。

なんと、キャッチフレーズは「朝のお菓子」。すっぽんといえば、スタミナ系食材の代表格。えー、「朝からハッスルハッスル! マッスルマッスル!」ってこと……!? というわけで、好奇心から「すっぽんパイ」を取り寄せてみました。

→ 続きを読む

ちょこんと座ってじーっと見上げてくる…リラックマ&コリラックマの「全身」を再現した和菓子がバツグンにかわいい!!!

和菓子の “練りきり” で人気のキャラクターを表現する、バンダイの「食べマス」シリーズ。これまでに、ドラえもんや妖怪ウォッチ、ディズニーなど、さまざまな “食べられるマスコット” が登場してきました。

4月25日(火)、全国のローソンにて、「食べマス」の新商品が販売スタート。リラックマの4作目なのだけれど、これまでとはちょっと違うみたい……だって、お顔だけじゃなくて、体も再現されているんだもん!

→ 続きを読む

丸いだけのマカロンの時代は終了かも! これからはキャラクター系マカロン / 動物やディズニーなど…どれも可愛すぎる〜!

以前、当サイトPouch(ポーチ)で紹介した「パンダマカロン」のように、食べるのがもったいなくなるほどキュートなキャラクターマカロンが世界各地に広がっているようです。

作っているのは各国のパティスリー、お店のインスタグラムには秀作がずらりと並んでいます。モチーフとなっているのは、アニメキャラ風にデフォルメされたクマやアザラシなどの生き物たち。さらには『ポケットモンスター』のピカチュウディズニーキャラなどもいて、どれもこれもきゃわゆい! 

ポップでカラフルな色使いも含めて、魅力的なことこの上ないんですよね♪

→ 続きを読む

凝りすぎ!! うなぎパイのiPhoneケースは開けてビックリ! 中にうなぎパイのフィギュアが入ってるよ / 二度見したあとみ~んな笑顔に

静岡・浜松の定番土産といえば、春華堂の「うなぎパイ」。サクサクの食感とバターの風味、ほんのり甘いグラニュー糖がベストマッチして、何度食べてもおいいですよね。子どものころは「夜のお菓子」という魅惑のキャッチフレーズにドキドキしたものです!

そんな「うなぎパイ」のiPhoneケースがオンラインショップで発売されているではないですか! 一見普通のケースに見えるんですが、そこはさすが春華堂! くすっと笑えるしかけがありました~。

→ 続きを読む

ハンマーでぶっ壊してから食べる! シドニーの「スマッシュケーキ」は破壊の神が大喜びしそう

デコレーションケーキを食べるときは、上に乗ったフルーツや動物のお菓子、チョコのプレートをどのケーキに乗せようかな? と考えて、けっこう頭を使いますよね。

今日ご紹介するこのケーキも、チョコやキャンディで華やかに飾り付けがしてあって、きれいだし美味しそう。どこから切るのかな……って、ええええ! ケーキを棒で叩いて壊してるんですけど! せっかくきれいに作ってあるのに、何やってるのー? 

→ 続きを読む

「柿の種」と「ブラックサンダー」が合体! しょう油とチョコが合うゴリゴリ食感のストロング系サンダーに大変身です

リーズナブルだけどガツンとお腹にたまる、デスクワーカーの残業のおともとしても人気のコンビニお菓子といえば、“黒い雷神” こと「ブラックサンダー」です。

その「ブラックサンダー」シリーズから、新作「柿の種サンダー」が登場! 一部コンビニ先行で、3月6日から発売されています。

おつまみの定番・柿の種を、あま〜いチョコでからめたおつまみの雷神。さっそく食べてみたいと思います!

→ 続きを読む

「ぐでたまのおもち」が誕生! まる~いおもちの中はプリン味のチョコたっぷりでおいしそう~♪

ぐでぐでゆる~い脱力系キャラ「ぐでたま」。やる気は全然ないけれど、どこか愛嬌のある姿がにくめませんよね。

そんな「ぐでたま」をデザインした「ぐでたまのおもち カスタードプリン味」が3月7日から期間限定販売! ぐでたまみたいにちょっとゆるいけれど、とってもおいしそう~。

→ 続きを読む

資生堂「特製七色金平糖」がレトロでとっても美しい…大正時代に発売されたパウダー「七色粉白粉」をイメージしているんだって

東京銀座資生堂ビル1Fの資生堂パーラー 銀座本店ショップで、「特製七色金平糖」(税込み540円)が2017年3月26日まで数量限定で販売されています。

こちらの金平糖は、大正時代の1917年に資生堂から発売されたパウダー「七色粉白粉」をイメージして作られたお菓子。

パッケージは1920年代のポスターの一部を再現したものらしく、レトロ可愛い! シックでオシャレで気が利いていて、ついつい手に取りたくなっちゃうんですよね。

→ 続きを読む

建築家がケーキを作ると「チョコレートの街並み」が誕生!! ガウディなどからインスピレーションを受けた作品の数々をご覧ください

21歳のロシア人女性​マリーさん(Marie Troïtskaia)は、モスクワの建築家。と同時に、パティスリー「Marie Oiseau」として活動するパティシエでもあります。

マリーさんが作るケーキの大きな特徴は、類を見ないほど芸術性が高い点です。建築家であるがゆえに建物をモチーフとしているものも多く、崩すのがもったいない! しかし美しくありながらもちゃんと美味しそうなので、食欲そそられちゃうんですよね。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6