「夏帆」にまつわる記事

『珈琲いかがでしょう』第4話で垣間見えた青山の過去…磯村勇斗演じる謎の男・ぺいとの関係も明らかに

2021年4月26日にテレビ東京系で放送された新ドラマ『珈琲いかがでしょう』第4話。

孤独なトラック運転手・菊川(野間口徹さん)による「ガソリン珈琲」と、ある悩みを抱くコーヒー界の重鎮・モタエ(光浦靖子さん)による「ファッション珈琲」の2話オムニバスで展開されました。

今回の目玉は、徐々に明らかになってきた「青山(中村倫也さん)の過去」!

青山を追う謎の男・ぺい(磯村勇斗さん)との関係性もわかってきて、ますます面白くなってまいりましたよ~。

→ 続きを読む

珈琲をいれる中村倫也が眼福…『珈琲いかがでしょう』の予告映像解禁! スナックのママを演じるゲスト滝藤賢一にも注目です

2021年4月5日11時6分からテレビ東京系でスタートする新ドラマ『珈琲いかがでしょう』。放送日が近づくごと、徐々に全貌が明らかになってまいりましたよ~。

このたび新たに公開されたのは、メインビジュアルと30秒のPR映像

また第1~3話までのゲストも一挙公開されて、ワクワクドキドキが高まるいっぽうなんです♪

→ 続きを読む

中村倫也が金髪になっている…!! ドラマ『珈琲いかがでしょう』のキャラクタービジュアルと放送日が発表されたよ

中村倫也さん主演のテレ東新ドラマ『珈琲いかがでしょう』の放送日が決定。2021年4月5日からスタートすることが発表されました。

初回放送日の発表に伴い、中村さんの近影も公開されたのですが……

まさかの「金髪」になってるーーーっ!!!!! 派手な髪色の中村さん、かなり新鮮ですっ。

→ 続きを読む

安達祐実と満島真之介と夏帆の怪演に注目☆ 園子温監督オリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』を見てブッ飛ぼう

血しぶきが飛び、悲鳴とともに炎が上がって、人がバンバン死んでいく。2017年6月16日からAmazonプライム・ビデオで見放題独占配信がスタートしたAmazonオリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』は、一言で言うとそんな作品です。って、どんなだ。

初っ端から容赦なく続く、残酷なシーン。グロテスクでエロティックで、思いっきりぶっ飛んでいる世界観は、メガホンをとる園子温監督ならでは。

出演陣も夏帆さん、満島真之介さん、安達祐実さん、さらには斎藤工さんに中川翔子さんと豪華で、映画3本ぶん観たかのようにボリューミーなんですよね……!

→ 続きを読む

【可愛すぎる】「ラブリーに生きろ♡」インテグレートのCMを7年勤めた岸本セシルさんが卒業を発表! マジでラブリーだった過去CMを振り返ってみよう

「ラブリーに生きろ♡」というセリフでおなじみ、資生堂「INTEGRATE(インテグレート)」CMに出演していたモデルの岸本セシルさんが、自身のインスタグラムでCMを卒業することを発表。

「7年ほどイメージモデルを務めていたインテグレートを卒業する事になりました。こんなにも長い間、資生堂さんや素敵なスタッフさんたちと共にお仕事出来たのを誇りに思います」とメッセージを投稿しています。

→ 続きを読む

レキシ新曲『最後の将軍 feat. 森の石松さん』に松たか子さんが参加! MVには夏帆さんが出演していて豪華すぎ

6月22日(水)にリリースされるレキシの5thアルバム『Vキシ(ヴィキシ)』に収録された楽曲、『最後の将軍 feat. 森の石松さん』に、松たか子さんがヴォーカルとして参加。ピュアで透き通るような、美しい歌声を披露しています。

レキシの楽曲に参加すると必ずつけられるのが、レキシネーム。 “森の石松さん” は松さんのレキシネームであり、名前が意外すぎてビックリ。

さらにさらに、こちらの楽曲のMVには女優の夏帆さんが出演、レキシこと池田貴史(いけだ たかふみ)さんと、ヒット映画『海街diary』以来の共演を果たしているのであります! 

なお夏帆さんのレキシネームは、 “我が家の家宝(かほう)” だそうです。夏帆、だけに。

→ 続きを読む

鎌倉四姉妹のさわやかさが最強すぎる!梅雨のジメジメを吹き飛ばす清らかな映画『海街diary』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかからおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずという美女4人が共演する話題作『海街diary』です。カンヌ国際映画祭にも出品され、残念ながら受賞はなりませんでしたが、この映画に出演している美人女優たちがレッドカーペットを歩く姿は艶やかで素敵でした。

吉田秋生の同名漫画の映画化でストーリーはシンプル。大事件が起こるわけじゃないけど、とにかく目が離せないのです。そこはさすが数々の名作を残してきた是枝裕和監督作、登場人物たちの交流と心の微妙な変化に目が釘付けになってしまうのです。

→ 続きを読む