2018年5月28日発売の『エル・ジャポン』7月号のカバーガールを務めるのは注目の新人モデル、Kōki,(コウキ)。デビューしていきなり一流ファッション誌の表紙を飾るだなんて、まるで映画やドラマのようなシンデレラストーリーに思えますが……この少女はいったい誰?

実は彼女、木村拓哉さんと歌手・工藤静香さんの次女なんです! たしかに言われてみればその顔つきは両親、とくにキムタクにそっくりかも……!! はやくもネットでは最強遺伝子の登場かと大きな話題となっています。

【キムタク&工藤静香の次女が衝撃デビュー!】

『エル・ジャポン』7月号の表紙では、凛とした表情でまっすぐに前を見据えているKōki,さん。これで弱冠15歳だなんてとても信じられない……! 注目度の高さを見込んでか、雑誌の表紙には「エル独占! 注目の新人モデルKōki,」なんて文字も躍っています。

そしてエル・ジャポンのインスタグラムでは「Who is Kōki,?」という動画も公開。撮影時の様子を紹介していますが、動画で動いているのを観ると、両親譲りの美貌であることがさらによくわかります。モデルらしい華奢な体つきはお母さん譲りでしょうか。

身長が170cmもあるうえに、日本語・英語・フランス語の3か国語が話せて音楽の才能も光るとか……そりゃあこんな逸材、周りもほうっておきませんって!

【ネットでも話題騒然】

ツイッターでは

「キムタクと工藤静香の最高な遺伝子を受け継いだ娘がモデルデビューとかこの写真だけ存在感すごくて圧倒されるし何より15歳170センチ……強すぎるだろ」
「キムタクの次女コウキさん、本当にキムタクの女性バージョンですごい。遺伝子しゅごい 」
「キムタクと工藤静香の次女の何が凄いかって、儚い美少女とかじゃなくて明らかに覇王色持ってそうな圧倒的な『強さ』があるからめちゃくちゃ良いんだよ」
「動画見ると笑顔が可愛い……クール系の写真ばかり使われてるみたいだけど」
「キムタクの次女のことばっかり話してないでデビューしたてのコロッケの次女の話もしてやれよ 」

などの声があがっています。キムタクにそっくりな顔つきや圧倒的な存在感、そして最強遺伝子だけが持つ「覇王感」などに皆さん驚いている様子。

芸能界には数多くの二世がいますが、その中でもKōki,さんのオーラや貫禄はちょっと……いや、他にはないほどの衝撃レベル。まさに「彗星のごとく現れた」という表現がピッタリな彼女の今後の活躍に大いに期待したいですね!

参照元:Instagram @ellejapanELLE JAPAN
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch