パッと見た印象は、知的で優しそうな “メガネ&タレ目のおねえさん”

ところがどっこい、ひとたび服を脱げば腹筋モリモリ! しかもお仕事はアメリカ海兵隊!!!

そんな3段階のギャップを持った美女の名前は、クリスティーナ・ケリー・ブリンリー(Christina Kelly Brinley)さん。

インスタグラムのフォロワー数16万7200超を誇るほど、世界中から大人気なんです。

【第1段階:童顔な印象でかわいい~♡】

ほんわかとしたスイートな笑顔はどこか親しみやすく、そばかすあどけない表情からは、幼さすら感じられるクリスティーナさん。

【第2段階:腹筋モリモリでかっこいい!】

しかし投稿されている “お腹出し写真” を見た途端、その印象は一変!

ふっくら隆起した腹筋と、下腹部付近にある鳥さんのタトゥーに目を奪われて、一目惚れならぬ “二目惚れ” してしまうこと必至なんです。

水着になると、想像していた以上にボリューミーかつヘルシーなボディーが現れて、もうノックアウト寸前~~~!!!

【第3段階:軍服姿に惚れた】

ってな具合に、ここまででも十分心拍数が上がってしまうわけなのですが……。さらにグラっとくるのは、アメリカ海兵隊の制服を着用している姿です。

軍服を着てキリっとした印象のときも、迷彩柄のパンツとカーキ色のTシャツを着て仲間と一緒にリラックスしているときもどちらもカッコよくて、さらに魅力が増しているように思えます。

クリスティーナさんによると、海兵隊姿をインスタグラムに投稿した際、多数の「ヘイトDM」が寄せられたのだそう。

しかしクリスティーナさんは「そんなわけでもう1度、制服姿を投稿しますね! ハッハッハ」と笑い飛ばしながら美しい制服姿を披露。そのメンタルも含めてカッコよすぎ!

【2次元キャラなのでは…】

“ギャップ萌え” とはよく聞く言葉ですが、こんなにも激しいギャップを持っている美女を、わたしは他に知りません。

存在自体が2次元キャラクターのようで、見れば見るほど、クリスティーナさんが実在する人物だと思えなくなってくるのですが……!

そんなふうに感じてしまうのは、きっとわたしだけではないはずです。

【たぶん日本人ウケもいい、はず!】

また、海外の美女というとハッキリ濃い目なゴージャスメイクが多いイメージですが、クリスティーナさんが日々投稿してくれるセルフィーは、ほぼナチュラルメイク

そのため我々日本人にとって親近感を持ちやすい印象を覚えるんです。

きっと、日本でファンを増やすのは時間の問題。今のうちにフォローしておくといいかもしれませんよ!?

参照元:Instagram @christina_kelly_
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼アーミー姿の凛とした美しさときたら…!



▼お尻も超鍛えてるっぽい