「芸術」にまつわる記事

まるでおとぎ話の世界! 花の中でスヤスヤ眠るミツバチを激写…しかも2匹仲良く並んで眠っているよおおお!!!

アメリカ・アリゾナ州フェニックスで野生動物写真家として活躍するジョー・二ーリー(Joe Neely)さんが撮影したのは、花の中でスヤスヤと眠るミツバチの姿。

しかもミツバチは2匹で寄り添うように眠りについていて、目を見張ってしまうんです。

ミツバチたちが寝床にしていたのは、 “Globe Mallow” という名の花。日本ではスファエラルケアと呼ばれており、今回発見されたミツバチたちは、この花を好んで集まってくる “Globe Mallow Bees” だそう。

→ 続きを読む

肌なじみの良い「ホワイトタトゥー」が海外で人気! 花や雪の結晶など繊細でフェミニンなモチーフが多いです

タトゥーを入れたくて入れたくてたまらない時期というのが、人生の中で一瞬くらいはあるもの(わたしだけ?)。昨今海外のタトゥー業界で流行っているのは、真っ白なインクを使用した “ホワイトタトゥー”

試しにインスタグラムで「#whitetattoo」や「#whiteinktattoo」と検索してみると、出るわ出るわ、ホワイトタトゥーに魅了されている人の多いこと!

実際に目にしてみると肌なじみが良い印象で、存在を主張しすぎていないところがすこぶるオシャレ。文字を入れる人からモチーフを入れる人までデザインもさまざまなんです。

→ 続きを読む

【自宅で習い事】水引の結び方が学べるフェリシモの「水引キット」で想いを結んでかたちにしよう♪ 一度おぼえたらなんでも使えそう

ご祝儀や不祝儀の際に用いられる飾り、「水引(みずひき)」。想いを結び、かたちにしたかのような水引には芸術的な側面もあって、見る者の心を惹きつけてやみません。

フェリシモからそんな水引を自分で結ぶことができるようになるキット「m90デザイン室監修 日本伝統の結びにふれる水引フレームキットの会」が登場しているんです!

完成した水引は付属のフレームにしつらえて、縁起のよいインテリアとして飾ることができるんですって。

→ 続きを読む

卵がいっぱい並んでいると思いきや…全部「聖母マリア」の顔! 狂気すら感じるその数にギョッとしちゃいます

パックに入って並べられた卵をよ〜く見てみると……そこに並んでいるのは、顔、顔、顔!

おびただしい数の聖母マリアの顔がずらーっと並んだ作品『Hatchery(孵化場)』を制作したのは、コロンビアのアーティストであるヴィヴィアナ・トロヤ(Viviana Troya)さんです。

鶏卵そっくりの顔は、すべてセラミック製。これらにひとつひとつ手作業で色付けしていっているそうなのですが、見たところ尋常ではない数なので、作業にかかった時間を想像するだけで気が遠くなります。

→ 続きを読む

新豊洲「チームラボプラネッツ TOKYO」に春限定の展示が登場! 今だけ “水面に桜が広がる空間” を体験できるよ〜!

2020年秋まで東京・豊洲で開催されている「チームラボ プラネッツ TOKYO」。 “裸足になって会場内をめぐる” という前代未聞なアプローチが、昨年夏のオープン直後から非常に話題になりました。

用意されているのは、7つの体験型作品。ユニークなのはそのうちの3つが「水に入る」作品なので、必然的に、来場者は水に濡れること。

今回ご紹介するのは、「水に入る」作品の中の1つ、『人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング – Infinity』の期間限定展示。2019年3月15日から4月中旬までのあいだのみ、作品一面が桜に変化するというんです。

→ 続きを読む

すみだ水族館の新展示「桜とクラゲ」が幻想的! ゆらゆら漂うクラゲと桜の花びらが舞う長いトンネルがロマンチックです

日本の春と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、なんといっても「桜」だと思うのですが……。

春本番が目前となる2019年3月16日から東京・墨田区「すみだ水族館」でスタートするのは、春とクラゲがテーマの展示「桜とクラゲ」

すみだ水族館名物の長い「万華鏡トンネル」が会場となり、ふわふわと泳ぐ幻想的なクラゲたちと一緒に、新しいお花見体験を味わえるそうなんです。

→ 続きを読む

【超メイク】暗闇に浮かぶ華麗なる「光るメイク」! UVペイントと照明を駆使した美しい表現の数々をご覧あれ

ノルウェー出身の24歳の女性、リタ・シンヌーヴェ・シャルマ(Rita Synnøve Sharma)さんは、独学でメイクを学んできたメイクアップ・アーティスト。

インド人の父とノルウェー人の母を持つリタさんは、自分のルーツを反映させた創造的なメイクで、コスメブランドNYX(ニックス)主催のメイクコンテスト「NORDIC FACE AWARDS 2018」で優勝を勝ち取りました。

そんなリタさんが新たに挑戦したのは、暗闇で光る塗料(UVペイント)と照明を駆使した、 “グロウ・イン・ザ・ダーク(Glow-In-The-Dark )” メイク。

インスタグラムには力作がずらりと並んでいるのですが、これはもはや、メイクというよりもアートの域……!

→ 続きを読む

絵画みたいな刺しゅう作品を生み出す職人技がすごい…繊細な色づかいと立体的な質感に魅入られてしまいます

ロシアの港湾都市サンクトペテルブルクを拠点に活動する刺しゅうアーティスト、ヴェラ・シムニア(Vera Shimunia)さんは、色鮮やかな風景を絵画のような刺しゅうに落とし込むことができるスゴイ人。

インスタグラムでその全貌を確認することができるのですが、色・色・色の洪水!という感じで、とてもメルヘンチックな世界観なんです。

色のグラデーションをはじめ細部に至るまで驚くほど精細なのに、独学で習得した技だというのだから、その才能とセンスに脱帽するほかありません。

→ 続きを読む

本物の貝殻をキラッキラの「ジュエリー・ディッシュ」に! 新作なのにヴィンテージっぽくて高級感たっぷりなんです

リングやピアスなど、アクセサリーを置いておくための小皿、ジュエリー・ディッシュ

これを本物の貝殻をベースに驚くほど美しく作り上げているのが、アメリカ・カリフォルニア在住のメアリー・ケニヨン(Mary Kenyon)さんです。

これがもう、単なる装飾品というレベルを大きく超えておりまして。すでにヴィンテージの風格さえ漂わせているという、ちょっと普通じゃない感じなんです。そんなわけで、今回ご紹介してみようという運びに。

→ 続きを読む

どう見ても写真にしか見えない「絵」を描くアーティスト! 細かいシワや毛穴まで描きこまれていて超リアルなんです

ドミニカ共和国出身、現在はメキシコの首都・メキシコシティを拠点にして活動しているアーティストの男性、カマルキー・ローレアノ(Kamalky Laureano)さんは、現在35歳。

写真のような絵画を描くアーティストとして人気を博しており、インスタグラムのフォロワー数は7万9000超にまで達しています。

驚異的な筆力で描かれた絵の数々は、公式サイトからも鑑賞することができるのですが、何も知らなければ絵だと気がつかない人もいるはず。我が目を疑ってしまうほどのリアリティーに、圧倒されてしまうこと必至なんです。

→ 続きを読む

【まるで魔法】現役バーテンダーの華麗な手さばきに震える…! 炎と氷から生まれるカクテルが超絶オシャンティー

バーカウンターは、バーテンダーのみなさんの一挙手一投足を堪能できる、特等席。味だけでなく作る過程まで含めて、 “カクテル” というひとつの作品を間近に感じられます。

今回みなさんにご紹介するのは、スコットランドの首都・エディンバラにある高級バーラウンジ、「The Register Club」でバーテンダーとして勤務している男性、ジョー・コッベ(Joe Cobbe)さんのインスタグラムアカウント。

彼の手さばきはまるで魔法のよう、そこから生まれる芸術的カクテルをご覧あれ〜!

→ 続きを読む

色鉛筆でギターを作ってみたら…できあがりがスゴかった! 「色鉛筆DIY」が流行りつつあるようです

前代未聞の材料を使って、世界にひとつしかないギターを作り上げたのは、アーティストのBurls Artさん。

その材料とは “色鉛筆” 。用意した本数、なんと1200本! 海外サイト「Bored Panda」に掲載されたインタビューによれば、Amazonでいちばん安かったものを購入し、すべてを約5cmに切りそろえたといいます。

色鉛筆をどんどんカットしていくという地道な作業を経て、ようやく下準備が完了。用意した木箱の中にワックスを塗り、その中へ規則正しく色鉛筆を並べ、最後にレジンを投入したら、あとは全体が固まるのを待つばかりです。

→ 続きを読む

オルビス新CMで三浦春馬が一糸まとわぬ姿を披露! 彫刻のような美しいカラダに釘付けになるぅー!!

2018年12月に放送されたフジテレビ系音楽番組『FNS歌謡祭』で妖艶なドラァグ・クイーン姿を披露。

「出演者の中で一番綺麗」と大絶賛された俳優の三浦春馬さんが、オルビスの新商品「ORBIS DEFENCERA(オルビス ディフェンセラ)」のテレビCM『潤いを逃がさない男篇』に出演しています。

きめ細やかな美しい素肌を惜しげもなく披露してくれておりまして、その一糸まとわぬ姿は、まるで彫刻のよう……! 視界に入ったが最後、ラストシーンまで1秒たりとも目が離せなくなるんです。

→ 続きを読む

空港でさまざまな国の人々を撮る「100カ国100人」プロジェクト / 美しい写真たちがすてきな異文化を見せてくれます

トルコのアタテュルク国際空港は、同国最大の都市・イスタンブールの玄関口にして、航空便の重要な乗り継ぎ(トランジット)地点。

ここで働くムスタファ・カンカヤ(Mustafa Cankaya)さんは、舞台やポートレイトを得意とするフォトグラファーでもあります。彼女がいま “国際空港” という場所を最大限に生かして挑んでいるのは、「100faces100countries」という名のプロジェクト。

空港をトランジットで利用する人たちに協力してもらい、100カ国100人分の写真を撮影するという非常にユニークなもので、2018年12月27日の時点で82カ国129人分の写真が集まっているようなんです。

→ 続きを読む

超デカい!!  「ノアの方舟」をオランダの男性が聖書どおりに再現しちゃった / 4年2カ月の歳月と18億円をかけたそうな

オランダに暮らすヨハン・ハイバース(Johan Huibers)さんは、さかのぼること25年前の1993年、おやすみ前の子供たちに『ノアの方舟(はこぶね)』の話を読み聞かせていました。

『ノアの方舟』とは、旧約聖書『創世記』に登場する、大洪水から人間と動物たちを救った舟の物語のこと。

神を信じることなく遊んでばかりの人々を滅ぼそうと、神が引き起こした大洪水。真面目に働くノアにだけ洪水のことが知らされており、作った方舟に自分の家族や動物たちの “つがい” を乗せたことで洪水から逃れた……というのが、大まかな内容です。

→ 続きを読む

野生のリスたちをファンタジックにとらえた写真に癒される~♡ 小道具を使ったかわいい撮影の裏側も必見です

スウェーデンとオランダを拠点に活動している自然写真家のゲールト・ヴェゲン(Geert Weggen)さんが、おもな被写体にしているのは、野生のリス

2013年にフルタイムの写真家になって以降、リスたちをモデルにしたユニークな写真作品を、数多く生み出しているんです。

インスタグラムでその全貌をみることができるのですが、リスたちがスキーをしたり、電話ボックスで電話したり、さらには鳥さんと一緒に楽器演奏したりと、構図がいちいちファンタジック~!

→ 続きを読む

【まるで妖精】「蝶の羽ケープ」が想像以上にリアルでびっくり! 異彩を放つ「蛾の羽ケープ」も毒々しくて魅惑的です

本物の花びらをまとっているみたいな「フラワーケープ」を世に生みだしたブランド「Costurero Real」。ファンタジックなアイテムを生みだす同ブランドのもうひとつの代表作が「蝶の羽ケープ」です。

ヴィレッジヴァンガード公式通販サイトに新作も含めて販売されているのですが、これが本当に飛んでいけそうなほどの美しさ!

ラインナップされているのは、ブラックとホワイトの配色がクールな蝶の羽と、ピンクパープルで妖艶なオーラを放つ蝶の羽。ミステリアスなブルーと、透きとおるようなブルーモルフォの蝶の羽。そしてオレンジ色に光る、モナークの蝶の羽。

珍しいものだと蛾の羽(!)デザインのケープもあって、目移りしちゃうんです。

→ 続きを読む

96歳のおじいちゃんが「アート」でよみがえらせた村! 壁や屋根をカラフルな絵が埋め尽くす台湾 “虹の村” がスゴイ

日本から手軽に行ける海外として大人気の台湾。にぎわう夜市や中国4000年の至宝と出会える故宮博物院など、行くべきところ、見るべきものの多さで、観光客を魅了し続けています。

さて、そんな数ある観光名所のなかでも、もっともカラフルなのは間違いなく「彩虹眷村」といえるでしょう。

通称 “虹の村” と呼ばれる台中市の彩虹眷村。文字どおり、虹のようにカラフルな色使いの絵で埋め尽くされた場所なんです。家や壁はもちろん、道路にまで絵が描かれていて、見渡すかぎり色で埋め尽くされています。

インスタグムで「彩虹眷村」、もしくはハッシュタグ「#rainbowvillage(虹の村)」で検索すると、世界各国からの観光客が投稿した写真をたくさん見ることができます。

→ 続きを読む

【美しすぎる】この腕時計、もはや芸術作品でしょ! 文字盤が万華鏡のように美しい模様を描く時計

腕時計の最大の特徴は「時間がわかる」というものですが、今回ご紹介するのは、それよりもアート性に重点を置いた「Humism(ヒューミズム)」という自動巻き腕時計です。

文字盤には数字はなく、切り絵のような幾何学模様がくるくると回転しています。その動きがあまりにも美しく、ただただいつまでも眺めていたくなってしまいます。

→ 続きを読む

何百人もが集まって有名人の姿に…をイチから全部描く斬新すぎる肖像画! しかも「人々」はとっても個性豊か!!

アメリカのアーティスト、クレイグ・アラン(Craig Alan)さんは、主に有名人をモデルにした肖像画を描いているのですが……。この肖像画がフツーじゃない!

どの肖像画も、一見すると細かい点で描かれているように見えます。ですがよ~く見ると、点だと思っていたひとつひとつの塊が、 “ちっちゃな人間” なのだからスゴイっ。

しかも “ちっちゃな人間” はそれぞれ異なる服装やポーズをしておりまして、プラカードを掲げていたり自転車に乗っていたりとバリエーション豊富。個性豊かな人々が数百も集まってひとつの図形を完成させるというアランさんの作風、どの絵を見ても緻密さにクラクラしてしまうこと必至なんです。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 12