「芸術」にまつわる記事

90歳のおばあちゃんが村の建物に描く壁画が可愛い! ブルーの花模様で家や礼拝堂がファンタジックに様変わり♪

14チェコ共和国のモラビア地方、ルカという街で暮らす90歳の女性、アネーシュカ・カスパルコバさん(Anežka Kašpárková)は、毎年春から夏にかけて、自分が暮らす村の家々の窓やドアフレームに、花をモチーフにした可愛らしい絵を描いています。

海外サイト「My Modern Met」によると、もともと農業をしていたカスパルコバさんですが、引退後の新しい生活として建物に壁画を描くようになったのだとか。

絵のモチーフは、チェコ南部モラヴィアに伝わる伝統的なアートワークからインスピレーションを得ており、真っ白な壁に真っ青なペンキで描かれるフラワーパターンが、それはそれは美しいんです。

→ 続きを読む

金箔の使い方がめっぽうオシャレ! シドニーのケーキデザイナーが手がけた “ゆめかわいすぎる” ケーキたち♪

オーストラリア・シドニーをベースに活動するケーキデザイナーの「Sweet Creations By Zena」さんは、日々インスタグラムへ “ゆめかわいい” ケーキの写真をアップ。世界中の人々の胸を、これでもかというほどにときめかせています。

手がけているケーキは、淡いパステルカラーを基調としたユニコーンのケーキや、バラなどのカラフルな花々をあしらったブーケのようなケーキ

さらにはマカロンを大胆にトッピングしたブラックカラーのケーキなど、斬新かつスタイリッシュなデザインが大きな特徴なんです。

→ 続きを読む

【超閲覧注意】怖すぎて鳥肌!! 「巨大な穴で顔が失われてる」メイクが神経にくる恐ろしさ

カナダのバンクーバーに住んでいる31歳のメイクアップ・アーティスト、ミミ(Mimi Choi)さんが、インスタグラムにとんでもなく不気味な姿を公開しています。

いったいなにがそんなに不気味なのか……というと、写真を見れば明白! 写っているのは、顔中心に大きな穴がぽっかり開いた姿で、例えるならばダイソンの扇風機のようなんです。中心に穴が開いている、アレですアレ。

→ 続きを読む

元建築士の女性パティシエが作る幾何学アートみたいなスイーツたち / 「芸術の秋」と「食欲の秋」をいっぺんに満たせそうです

ウクライナ人の女性パティシエ、ディナラ・キャスコさんは、元建築士。前職で得た知識をフルに生かして生み出されるスイーツは幾何学的で、その類を見ない美しさは、以前 Pouch でも紹介したとおり。

あれからおよそ1年。久しぶりにチェックしたキャスコさんのインスタグラムには、新作スイーツが勢ぞろいしていました。前回に続き今回もアーティスティックな出来栄えで、この発想は一体どこからやってくるのかと感心せずにはいられませんっ。

→ 続きを読む

風船で身体が浮くなんて楽しそう!と思ったけど9時間浮いたまま…「幸福に対する恐怖症」を表したアート作品でした

2017年9月3日、オーストラリア・シドニーにあるオペラハウスで、9時間に渡るアートインスタレーションが行われました。

イギリス・ロンドンを拠点に活動しているウィーン出身のアーティスト、ノエミ・ラクマイヤー(Noëmi Lakmaier)さんがアシスタントと共に用意したのは、2万個の風船。カラフルな風船にはヘリウムガスが詰め込まれていて、風船から伸びたひもの先にはラクマイヤーさんの体がくくりつけられています。

風船でふわりと宙に浮かぶ。そう聞くとファンタジックに感じられますが、インスタレーションの様子はちょっぴり異様です。

→ 続きを読む

吸い込まれそうな美しさ…つやつやキラキラな「ギャラクシーエクレア」がウクライナで人気に

日本でも大人気の宇宙キャンディーをはじめ、お菓子の世界はここ数年「宇宙カラー」が人気。海外では宇宙クッキー宇宙ドーナツなんてのもあるみたい。

中でもひときわ注目を集めているのが、ウクライナ・キエフの焼き菓子の店「ミュゼ・コンフェクショナリー(Musse Confectionery)」が販売している「ギャラクシーエクレア」

フォルムはいたってフツーのエクレアなのですが、上のコーティングがまるで宇宙そのものなんです!

→ 続きを読む

看護師が手がける「注射器アート」が斬新で美しい…投薬中にアイディアが思いついたんだって

アーティストのキンバリーさんが絵を描くときの道具は、とても独特。ひょっとするとこれで絵を描いている画家は、キンバリーさんただ1人かもしれません。

その唯一無二の道具とは、注射器! 注射器にインクを入れて描いたという作品はどれも非常に繊細で、線の細さは注射器ならではです。

→ 続きを読む

5歳児が値段を決める美術館が面白すぎる!「100億円の恐竜」に「50円の手裏剣」って…価格差ハンパないです

世の中にあるほとんどの美術品には、値段がついています。

ウェブサイト「5歳児が値段を決める美術館」にあるアート作品は、すべてある1人の子供が作ったもの。4歳から5歳にかけて制作してきたという作品にはそれぞれ値段がついているのですが、それらはすべて、作者本人が決めた額。だから子どもならではのおかしな値段もちらほらあるのですが、それはご愛敬です。

値段だけでなく、作品名コメントもすべて、作者本人によるもの。大人ではおおよそ考えもつかないような価格やコメントに驚いたり感心したりと、飽きることがないんですよね。

→ 続きを読む

ギャー!! 充電中にビクビク動くiPhoneケーブルがリアルすぎ / 「へその緒」をイメージしたデザインらしい

iPhoneの充電ケーブルにはいろんなデザインの商品がありますが、これほどまでにキモチワルイ見た目のものは他にない、かも!?

海外ショッピングサイト「Etsy」内のショップ「iimio」で販売されている充電ケーブル「Grow Cable」は、なんと “へその緒” をイメージしてデザインされているのだそうです。

ほんのり肌色でプニプニとした質感といい、うにょうにょ~っと長い “へその緒” そっくりなビジュアルといい、想像以上にパンチが強すぎ。しかもこれ、充電するためにiPhoneを差し込むと、ピクピク脈打つように動くんですよ。こんなのに突然出くわしたら、恐怖のあまりチビってしまうかもしれません……。

→ 続きを読む

【背景まで含めて作品】葉っぱで切り絵アート♪ カミソリ1本で繊細なモチーフを次々作り上げていきます

インスタグラムユーザーのカナト・ヌルタジンさん(Kanat Nurtazin)は、カザフスタンのアスタナで活動するアーティスト。3年前に100種類の描画方法を学び始めたのだそう。最新作は葉っぱを使用した切り絵で、繊細なタッチの作品の数々が、インスタグラムにずらりと紹介されています。

海外サイト「Bored Panda」によると、切り絵に用いられる道具はカミソリとのこと。葉っぱに直接絵を描き、その線に沿って切り込みを入れていくのだそうです。

→ 続きを読む

本物のお花にしか見えない「ブーケケーキ」が芸術的な美しさ! 花は全部バタークリームでできてるんだって

韓国ソウルに暮らすインスタグラムユーザー、 “アトリエ・スー” こと@soocake_ullyさんは、美しく咲き誇るお花をあしらったケーキの写真を投稿し続けています。

バタークリームを使ったケーキのトップには、赤や黄色、ピンクにオレンジなど色とりどりの花々が飾られていて食べるのがもったいないくらい!

→ 続きを読む

ハイクオリティーな3Dラテアートを作っているのは…17歳の現役女子学生! 始めてからまだ1年にも満たないとはとても思えませんっ

シンガポールに暮らす17歳の女子学生、ダフネ(Daphne)さんの趣味は、3Dラテアート。インスタグラムでたくさんの作品を公開しているのですが、これが可愛いのなんの! ミニオンに猫、クマさんなどどれもこれもラブリーで、いったん見始めたら最後、スクロールする手が止まりません~っ。

ダフネさんに話を聞いてみたところ、3Dラテアートを始めたのは2016年12月、とのこと。

ってことはスタートしてからまだ1年にも満たないということになりますが、どこからどう見てもプロのラテ職人が手がけたとしか思えないっ。きっとそもそも、ラテ職人としての才能を持って生まれてきたのでしょうね……!

→ 続きを読む

アマゾンの植物による「幻覚体験」を元にした木彫り作品を作るアーティスト /  超絶技巧だけどそこはかとなく不気味です…

クリス・イスナー(Chris Isner)さんは、幻視芸術のアーティスト。幻視芸術とは、幻視で見たこと、あるいはそれを基とした芸術のことです。

木に人間の顔のようなモチーフを彫り続けているイスナーさん。その顔はどこか不気味で、まるで木の中に閉じ込められてしまっているかのよう……。

よく見りゃ額に “第3の目” があったり、目がいくつもあったりと、作品全体からスピリチュアルなムードが漂ってくるようです。公式サイト「IsnerVision」によれば、モチーフはすべて心に浮かび上がった “ビジョン” で、それに従って作品を完成させているんですって。

→ 続きを読む

旦那さんへの愛憎を込めた「猟奇的キャラ弁」がセンスの塊!! これはもはや芸術品です

かつて、ここまで芸術的なキャラ弁が未だかつて存在したでしょうか……いや、ない!!! インスタグラムユーザー、“まこつ” さんこと木下祐子さんが日々公開し続けているお弁当は、クオリティーがとにかく高いっ。

キャラ弁といえばアニメやゲームのキャラを想像しますが、木下さんがモチーフにしているのは、おもにお菓子やドレッシング、インスタントラーメンなどの商品パッケージ。

ほかにも「平成」と元号を掲げる小渕恵三元総理や、ペットフードの「ビタワン」をモチーフにしたキャラ弁、おにぎりにでっかく「加」「齢」、おかずに「臭」という文字をあしらったお弁当など、その種類はバラエティーに富んでいます。

→ 続きを読む

どんな画像でも「ピカソみたいな抽象画」にしてくれるウェブサービスで遊んでみた → お寿司のうにが…うにに見えない!!!

ピカソが描くような抽象画を描いてみたい。けれどあれは天才だからこそ成せる技、いくらマネしたくっても、自分には到底無理……。

そんなふうにお考えの、そこのあなた。大丈夫です、描くことはできないけれど、任意の画像をもとに “作り上げる” ことはできます!

紹介するのはアメリカNYを拠点に活動するアーティスト、ジェン・リュウ(Jen Lu)さんとティム・ノーラン(Tim Nolan)さんが手がけたウェブサイト「SIMPLIFY.THATSH.IT」

こちらに手持ちの画像をドラッグすれば、あっという間に抽象画風に仕上げてくれるんですよ~。

→ 続きを読む

ぬいぐるみじゃなくて「シフォンケーキ」だよ! 元科学者のママが科学的な視点で生み出した「可愛すぎるシフォンケーキ」たちをご覧あれ♪

まっしろなボディに、ピンクのハートやお耳がかわいいフワフワのくまに、とんがり帽子をかぶったにゃんこ……。実はこれ、ぬいぐるみではなくシフォンケーキなのです!  

このカラフルでキュートな「デコシフォンケーキ」を作ったのは、シンガポール在住の37歳女性スザンヌさん。ケーキアーティストとして世界から注目を浴びる一方、実は3児のママであり生物医工学の博士号を持つ才女でもあります。

3歳、5歳、8歳の子供たちを育てるべく、以前の仕事を辞めたというスザンヌさん。現在はブログや、インスタグラムで手作りのデコ・シフォンケーキの写真を公開していますが、どれもこれもケーキとは思えないクオリティに驚きです。

→ 続きを読む

【カッコいい】ヘアアレンジというよりもはやアート! 髪が手になったり、植物になったりする「ヘア彫刻」

インスタグラマーのLaetitia KYさんは、アフリカ・コートジボワールを拠点に活動するクリエイターでファッションデザイナー。

以前から、他の追随を許さないオリジナリティーあふれるヘアスタイルを公開して人気を集めていたようなのですが、特に目を引くのはヘアアレンジというよりもアート作品と呼びたくなる髪型の数々。髪の毛を彫刻に見立てたような大胆なヘアに、思わず目を奪われてしまいます。

→ 続きを読む

完成までの所要時間はわずか1時間…繊細な模様に見入っちゃう若きカービング職人の「アボカド彫刻」

以前 Pouch で紹介した、野菜や果物に彫刻を彫り続けている若きカービング職人、ダニエール・バレシさん

オーストラリア・シドニー在住で、わずか7歳の頃からカービングをスタート。野菜、果物のみならず、チーズや石鹸などにも彫刻をしてきたというダニエールさんがこのたび材料として選んだのは、女子が大好きな野菜の代表格 “アボカド” です。

→ 続きを読む

ウェディングケーキはこの人にお願いしたい♡ 本物の花束みたいな「ロービーガンケーキ」がとっても素敵です

「ベジタリアン」と一口に言っても、食の内容によってかなり細分化されています。

なかでも厳格な「ロービーガン」と呼ばれる人たちが食べているのは、加熱しない生の野菜や、未加工の食物。そんなロービーガンの人でも食べることができる「ロービーガンケーキ」を作って販売しているのが、ドイツ・ベルリンのシェフ、ジュリアナさんです。

自分自身も15年間ベジタリアンだというジュリアナさんが手がけるケーキは、どれもこれも見目麗しく、まるで花束のよう! 

→ 続きを読む

ちょっぴり背筋が寒くなる!? 「SNSに潜む闇」をテーマにしたポップな風刺画にドキッ

ポップなカラーリングと、50年代から60年代を思わせるビンテージな画風。誰もが目を奪われずにはいられないキャッチーなポスターの正体は、皮肉がピリッと効いた風刺画

フェイスブックの「いいね」を “エゴ” というお皿(しかもペット用)にぶちまけている光景。お腹に「BANK(銀行)」と書かれたブタからミルクをもらおうと必死な男性たち。ツイッターの「t」というマークから点滴を受け、命をつなぐ少女……。

ドキッと胸を揺さぶる作品を手掛けているのは、イギリスのイラストレーター、ジョン(John Holocraft)さん。作品の数々は、海外サイト「Etsy」で購入できます。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8