「酒」にまつわる記事

100種類以上のジンが集まる「ジンフェスティバル 東京」が天王洲で開催されるよーっ! 海沿いのロケーションもバッチリで最高の一杯が飲めそうです

ビールにワイン、そして日本酒。このところお酒をテーマにしたフェスティバルが増加しているような気がしますが、ここへきて新たな “酒フェス” が登場っ!

2018年6月9日と10日の2日間、東京・天王洲Canal Side「T-LOTUS M」で開催される日本初の “ジン” に特化したお祭り「ジンフェスティバル 東京(GINfest.TOKYO 2018)」

6月9日のワールドジンデイ(World Gin Day)を祝うため、そして多くの人にジンの味わいを知ってもらうために、企画されたイベントだそう。

→ 続きを読む

こんな男性に飲んでほしい! 全国12蔵の女性蔵元・女性杜氏が「飲ませたい男性」をイメージして造った日本酒12種

日本酒をこよなく愛するクリエイターユニット「酒楽。」が、クラウドファンディングサイト「Makuake」に興味深いプロジェクトを立ち上げました。

その名も「12人の女性蔵元・杜氏 がこんな男性に飲ませたい『男の辛口酒』男ころし酒」。参加しているのは、東は埼玉から西は出雲まで、12の女性蔵元や女性杜氏のみなさんです。

女性蔵元や女性杜氏が日本酒を製造している蔵元は、日本全国に45あるかないかと言われているそう。そういった意味でも貴重ですが、さらに面白いのはプロジェクトに登場している日本酒がすべて飲ませたい男性像をイメージして造られているという点なんです。

→ 続きを読む

【完売間近】世界に1樽しかない超貴重なウイスキー「ジャックダニエルシングルバレル」! キャラメルやバニラの余韻が残る個性的な味わいらしい

ここ数年、女子の間でも人気が高まっているのがウイスキー。ウイスキーをあまり飲まないという人でも、「ジャックダニエル」という名前はきっと耳にしたことがあるのではないでしょうか?

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場したのは、世界でたった1樽しかないウイスキー「ジャックダニエル シングルバレル」をゲットすることができるプロジェクト。

第1弾、第2弾が好評だったことを受けて、今回新たに第3弾の共同購入プロジェクトがスタート。「キャラメル&クリーミー」と「バニラ&ドライ」、タイプの異なる2種類の “余韻” を味わえるウイスキーを手に入れることができる、またとないチャンスですよぉ~!

→ 続きを読む

相手の駒を取るたび酒を飲む! ショットグラスをチェスの駒代わりにした「グラスチェス」にお酒好きが大注目

現在ツイッターで話題になっているのが、お酒の入ったグラスを駒代わりにした「グラスチェス」

相手の駒(グラスに入った酒)を取ったら飲んでいくという驚きのルールで、酒飲みにはたまらないゲームなんですよね。とはいえ、ものすっっっごく泥酔しそうだし、酔っぱらってゲーム自体グダグダになりそうだけども……。

→ 続きを読む

渋谷の日本酒誕生なるか? 「スクランブル交差点」と「ハチ公」がラベルになったハイセンスな日本酒が支援者を募集中

東京で一、二を争う観光地の渋谷。世界的に有名なスクランブル交差点をはじめ、観光スポットはたくさんあるけれど、渋谷の街に特化したお土産となると、あまりないような気がします。

このたびクラウドファンディングサイト「Makuake」に登場したのは、その名も「渋谷で乾杯!! シブヤにカンパイ!!」プロジェクト。

この企画は、一般財団法人渋谷区観光協会が、渋谷のオフィシャルお土産を作ろうと立ち上げたもので、渋谷のシンボルとも言えるスクランブル交差点ハチ公銅像をパッケージデザインした日本酒2種類を完成させたようなんです。

→ 続きを読む

日本で唯一の白いラベンダー「美郷雪華」を使った日本酒がロマンチック! ラベンダーではなく「マスカット」の香りがするんだって

秋田県美郷町にあるラベンダー園は、東北でも有数のラベンダー園。毎年6月から7月にかけて、約2万株のラベンダーが一面を美しく彩っています。

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場した新感覚の日本酒「美郷雪華(みさとせっか)」は、このラベンダー園で偶然発見されたという日本で唯一の “白いラベンダー” 「美郷雪華」の酵母を使用したお酒です。

申し込んだ時点で売買契約が成立する今回のプロジェクトに支援をすると、日本酒「美郷雪華」720mlを手にすることができるのですが……。ラベンダーから造られた日本酒って、一体どんな味がするんでしょうね!?

→ 続きを読む

女子会に持参したくなる “変わり種” 日本酒が登場! 発酵中に「柚子」「檸檬」「山椒」「生姜」など和の柑橘やハーブを投入しているんだって

柚子などの “和の柑橘” と、山椒や生姜といった “和のハーブ” 。これらを日本酒造りに取り入れたボタニカルSAKE「FONIA(フォニア)」が、日本酒ベンチャーのWAKAZE(ワカゼ)によって造られました。

「FONIA」という名前の由来は、ラテン語で「調和」を意味する「sinfonia(シンフォニア)」という言葉。後ろの部分のみを取った造語なのだそうですが、その名のとおり、日本酒と和の食材が見事に調和したお酒に仕上がっているようなんです。

→ 続きを読む

【仲間いた】女性は30年前に比べて飲める人が増加中!? 理由は「誘われる頻度」「普段の生活でのストレス」など

だんだん暑くなってきたこの頃。外でお酒を飲むのが楽しい季節ですね。日本酒造組合中央会が全国の20歳から79歳の男女3000人を対象に実施した「日本人の飲酒動向調査」によると、30年前と比べて、お酒を飲む女性の割合はグンと増えたのだそう。

1988年と2017年の飲酒率を比べてみると「飲む」または「飲めるがほとんど飲まない」という女性の割合は、52.6%から72.9%とおよそ20%近く増加しておりまして、気軽にお酒を楽しむ女性は増加傾向にあるようです。

しかしその内訳を見てみると、「飲む」と答えている女性は1988年が31.6%、2017年が32.9%で、それほど大きな変化はありませんが、数が一気に増えたのは「飲めるがほとんど飲まない」という層で、21.0%から40.0%と2倍近く増加しています。推測するに、気分転換やお付き合いの一環としてお酒を楽しんでいる女性が多いのかしらね?

→ 続きを読む

鈴木さんの、鈴木さんによる、鈴木さんのための日本酒「鈴木」が誕生しますよ〜

全国の鈴木さーん! 鈴木さんの、鈴木さんによる、鈴木さんのための日本酒「鈴木」が誕生するってよ〜っ。

日本で2番目に多い “鈴木” 姓。全国の鈴木さんに向けた日本酒「鈴木」に挑戦するのは、埼玉県久喜市にある寒梅酒造で杜氏を務める “鈴木” 隆広さん。さらにラベルの文字は、書道家の “鈴木” 猛利さんが手がける予定なんですって。

ホント、なにからなにまで “鈴木” 尽くしやないか~い!

→ 続きを読む

童話の世界に出てきそうな「はちみつのお酒」を飲んでみたよ♪  はちみつの甘さと花の香りが口いっぱいに広がってうっとり

「はちみつ酒」というお酒はオーディンなど北欧の神々も飲んでいたとされていて、かの有名な『ハリー・ポッター』やケルトやバイキングを扱ったファンタジー作品などにたびたび出てきます。

どんな味がするのかなあと、昔から気になっていたところ、養命酒製造と山田養蜂場がコラボして3月1日に「はちみつのお酒」が出るというではありませんか。

ありがたいことに、編集部に試供品が送られてきたので、飲んでみることにしました!

→ 続きを読む

【Twitter】酒テロ&飯テロハッシュタグ「#好きな酒と肴を言ってTLを飲み屋にする」が大流行中!見ているだけでお酒が欲しくなるぅうう!!

明日に休みを控えた毎週金曜日は、15時を過ぎたあたりからソワソワ。17時、そして19時。時間が経つごとに、みんなの心の中にむくむくと湧いてくるのは、「もうすぐ酒が呑める……!」という一筋の光!

2月3日(金)突如ツイッターに出現したのは、そんな酒呑みたちの思いを反映しているかのようなハッシュタグ「#好きな酒と肴を言ってTLを飲み屋にする」です。

読んでそのまま、好きな酒と肴をつぶやくだけなのですが、次々流れてくるメニューを眺めているだけで呑みたくなってきちゃうこと確実なのであります。

でもまだ会社にいるから呑めないよおおお!!! なんだか真綿でじわじわ首を締められているような気分……。

→ 続きを読む

【1/16は禁酒の日】「もう2度と飲まないぞ!!」と決意する瞬間ってどんなとき?

1月16日は「禁酒の日」。1920年のこの日、アメリカで禁酒法が施行されたことが由来なのだそうです。

ところでみなさんは禁酒をしたことがありますか? もし答えがイエスならば、禁酒を決意するきっかけとなった出来事とはなんでしょう?

私自身大のお酒好きで、これまでの人生で何度も「もう飲まないぞ……!」と決意してきました。結局いつも、3日くらいで挫折しちゃうんだけど。これって酒飲みあるある、ですよね。挫折してるの私だけじゃない、よね!?

→ 続きを読む

ワインの樽で熟成させた日本酒「ORBIA」はどんな味? フォアグラやバルサミコソースなど洋食にも合うんだって

洋食にも合う日本酒をつくりたい、という思いで、日本酒ベンチャー「WAKAZE」がクラウドファンディング Makuake に立ち上げたにプロジェクト。

今回立ち上げた新しい日本酒のブランド名は「ORBIA(オルビア)」。代表の稲川さんの話では、フレンチやイタリアンにも負けないくらいパンチが強く、ワインとのマリアージュにも負けないような日本酒は、これまでなかったのだそう。

和食よりもボリューミー、なおかつ油分の多い洋食にも合う日本酒を作るためのポイントは、濃厚さと、香り高さ。この2点を追求した結果、オーク樽で熟成させるという製造方法へと行きついたんですって。

→ 続きを読む

これがモテる酒かもっ♪ モテ女が好きなのは「ワイン」、モテ男は「焼酎」「ウイスキー」だって

ドラマや映画では、バーでお酒を飲む男女がなんとなくいい雰囲気に……な~んてシーンがよく描かれますが、実際のところそんな出会いに恵まれるモテ男やモテ女はどんなお酒を飲んでるんだろう~と思ったこと、ありませんか。

今回、ワイン情報サイト「ワインバザール」が行った調査で、お酒を飲む頻度と交際人数には関連性がみられ、そこからモテ女、モテ男の「好きなお酒」が判明しました!

→ 続きを読む

木のリキュールですと!? 京都の伝統材「北山丸太」を原料にしたお酒を日本の酒造メーカーが生産

お酒が好きな方ならきっとご存じでしょうが、世の中には個性豊かなリキュールが、ごまんとあります。

その中でもとりわけユニークなのが、 “木” のリキュール。いいですか、もう1度言います。木を使用した、リキュールです。

→ 続きを読む

「獺祭」の高級酒すら時間無制限で飲み放題! 東京・神楽坂の日本酒バルによる「日本酒飲み放題」が豪華すぎてヤバい

「獺祭 磨き二割三分」を含む獺祭各種や「新政ラピス」「醸し人九平次」「梵ゴールド」などなど、ときに入手さえ大変なプレミアム日本酒が、時間無制限飲み放題! しかもお値段2,800円!!

「獺祭 磨き二割三分」といったら、四合瓶でも7,000円くらいしちゃう本気のプレミアム酒ですよ……。

そんな日本酒好きなら居ても立ってもいられなくなるイベント「希少地酒の時間無制限飲み放題2,800円」をレギュラープランとして展開しているのが、東京・神楽坂などに店舗を構える「東京酒BAL 塩梅(あんばい)」です。

→ 続きを読む

飲みすぎ&二日酔いでもう後悔しない! 「酔い」をコントロールしてくれる学習型アルコールガジェットが登場したよ

お酒をついつい飲みすぎてしまって、翌朝ものすご〜く後悔すること、ありますよね。それなのに、毎回毎回おんなじ失敗を繰り返す……。ああ、こんな悪循環、さっさと止めたいいい!

そんなあなたにおススメな商品、それがクラウドファンディングサイト「Makuake」に登場している、学習型アルコールガジェット「TISPY(ティスピー)」なんです。

→ 続きを読む

昔ながらの風邪対策『卵酒』…意外にも「風邪に効果がある」ちゃんとした理由があった!!

風邪には、卵酒が効く。この説、おそらくあなたもご存じなのでは?

昔から家庭では当たり前の光景で、もちろん今も実践している。そんな方も、少なくないかもしれませんね。

一般的に卵酒の材料は、日本酒・卵・砂糖、この3つのみ。では一体なぜ、この3つの材料を混ぜ合わせ温めただけの飲み物が、風邪に効果を発揮するのでしょうか。「卵焼きをおつまみに日本酒飲む」じゃあ、ダメなんすかね!?

→ 続きを読む

【アンケート】気になる異性とお食事デート♡ もし相手がお酒を頼まなかったら…あなたはどう思う?

みなさんに質問。気になる異性とデートする際、相手がお酒を頼まなかったら、どう思う?

ノンアルコールワインの魅力を情報発信していくWEBマガジン『MELLOW(メロウ)』によって公開されたのは、「お食事デートと飲酒」に関するアンケート結果。

→ 続きを読む

ビール腹の原因はビールじゃなくて◯◯◯! 飲んでも太りにくいお酒の楽しみ方とは!?

おいしいものを食べながらお酒をグビッッッ! ふあぁぁ幸せ~という酒飲み女子も多いことでしょう。でも気になるのがプクプクのお腹……。「お酒を飲むと太る~~!」と思っている人が多いと思いますが、皆さんはお酒とカロリーの関係について、どう思っているのでしょうか?

今回は、ワイン販売などを手がける湘南貿易(神奈川県横浜市)のウェブマガジンで行った「カロリーが高そうなお酒」に関するアンケートから、お酒とビール腹についての関係についてご紹介!!

実は、飲んでもビール腹になりにくいお酒の楽しみ方があるそうなんです。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3