香月実穂 (Miho Kouzuki)

ライター

東京下町出身の江戸っ子。英会話レベルほぼゼロで31歳から単身海外へ移住。ビーチリゾートとヨーロッパの美術館をこよなく愛する。趣味は料理で、調理師免許も所持。常に激辛の食べモノを欲しており、日本食よりも韓国料理が好き。

「香月実穂」担当の記事

英検凖2級で30歳から海外生活を始めて感じた「なんとかなったこと」と「なんとかならなかったこと」

海外移住をする!と伝えると、ほぼ100%の高確率で返ってくる「英語はペラペラに話せるんだよね?」という反応。海外生活=英語が必須である……と、まるで「パスポートは持ってるよね?」なんてノリ。

私は30歳で仕事を辞めてアイルランドに留学しているのですが……実は英検凖2級レベルでした。

たしかに実際に住むとなると家探し、住民登録、仕事探し…などやるべきことは盛り沢山。これを母国語ではない言語でやるものだから、気になると思います。

英語の勉強は大学時代で止まったまま、海外で暮らすとどうなるのか……。

実際に私が2年弱、アイルランドに住んでみて感じた、英語が話せなくても「なんとかなった部分」と「なんとかならなかった部分」についてお話したいと思います。

→ 続きを読む

意外!? 15カ国以上の外国人に日本食を振る舞って分かった「絶対ウケるメニュー」と「不評だったメニュー」

現在私はヨーロッパの西側にある島国、アイルランドで語学留学をしています。

アイルランドはヨーロッパ諸国だけでなく、南米、アジア圏などからも英語を学びに学生が多く集まる、国際色がとても豊かな国です。

語学学校のクラスメイトや、交流会で知り合った友人と話していると、けっこうな頻度で言われるのが「日本食を作ってよ!」というリクエスト。

頼まれたからには日本代表としてベストを尽くしたい……!と、勝手な使命感を持つものの、ふと「外国の人が食べたい日本食って何なんだろう?」と疑問が浮かびます。

→ 続きを読む

フィンランドで配られる新生児向けの「ベビーボックス」が超豪華…! ムーミンデザインが日本でも買えるよ

「フィンランドでは、赤ちゃんが生まれたときに政府からベビー用品が詰まった箱が贈られる」

出産を控えた友人へ「気の利いたプレゼントはないかな~?」と探していたところ、小耳に挟んだこの情報。

調べてみると、フィンランド政府から赤ちゃんが生まれる家庭に提供されるその箱は、肌着類、おむつ、絵本など、新生児の必需品が約50点が入っている優れモノなんだとか

その「ベビーボックス」のムーミンバージョンが日本でも販売されているというのです。

→ 続きを読む