「ほうじ茶」にまつわる記事

セブン限定「あずきを楽しむほうじ茶アイスバー」は一度食べたらどハマり! 井村屋のあずきがいい仕事しています

ほうじ茶フレーバーのスイーツ、このところ流行っていますよね。

数ある中でも今、わたしがもっとも気になっているのは、セブンプレミアムの「あずきを楽しむほうじ茶アイスバー」

2017年10月23日に発売されたばかりの新商品なのですが、ツイッターには「美味しい!」という声がたくさん挙がっているんです。パッケージを見るかぎりでは、限りなく地味(失礼)。だけど「控えめなのに実はデリシャス」というギャップに、ますます興味をそそられてしまうことは事実……!

というわけで最寄りのセブンイレブンまでひとっ走りして、お目当ての品をゲットしてきました。

→ 続きを読む

ハーゲンダッツの人気フレーバー「ほうじ茶ラテ」が半年ぶりに帰ってキタァー♪ リクエストに応えて再発売スタートっ!

今年4月に発売された、ハーゲンダッツ ミニカップの期間限定フレーバー「ほうじ茶ラテ」。発売後、人気が人気を呼んで、予定よりも早くひと月ほどで販売を終了してしまったそうです。

おいしそうだなぁーとかぼんやりしていたら、あれよあれよという間に完売しちゃってた……なんてオトメも多いかもですネ!

そんなアナタにビッグニュースです。半年ぶりに「ほうじ茶ラテ」が帰ってきたよぉー!

→ 続きを読む

【スタバ新作】秋のテーマはお茶だよ / 2週間限定の「ほうじ茶&キャラメルソース」と「ブラックティー ジェリー&フルーツ」が登場です

発売されるたびに注目が集まるスターバックスコーヒーの新作ですが、2017年9月1日にリリースされる商品も胸躍るラインナップ♪ 今回のキーワードはずばり、 “お茶” です。
フルーツたっぷりのベースと香り高いティージェリーを組み合わせた「グレーピー グレープ & ティー ジェリー フラペチーノ」(Tallサイズのみ 税抜き560円)と、フルーツジュースベースとブラックティーを合わせた「グレーピー グレープ & ティー」(アイス・ホット / Short 税抜き390円〜)が、新たに仲間入り。

→ 続きを読む

鳥獣戯画&歌川国芳モチーフのイラストがパッケージに♪ カレルチャペックの「和の水出し紅茶」2種類が可愛い♡

お茶だけでなく、手がけるかわいいパッケージも人気のカレルチャペック。このたび水出し紅茶シリーズから第3弾となる「和の水出し」2種が登場し、これまたパッケージが遊びゴコロが効いてて可愛い♡

「柚子(ゆず)アールグレイ」「八朔(はっさく)ほうじ茶」ともに、オーナーの山田詩子さんが手がけた鳥獣戯画×歌川国芳の愉快なコラボアートとなっているんです!

→ 続きを読む

日本発の「和三盆」や「ほうじ茶」の香水が誕生したよ♪ 和菓子みたいな甘い香りがするって素敵

香水とひとくちにいっても、本当にいろんな香りのものがあります。定番の香りから、お寿司やピザ、はたまた「印刷したての紙」の香りまで、バラエティー豊かです。

さて、2月1日、和の香りにこだわった香水ブランド「J-Scent Collection(ジェイセントコレクション)」が新登場。第1弾のコレクションが発売されたのですが、そのラインアップがステキなのです!

→ 続きを読む

気分はやまとなでしこ♪ 抹茶体験ができる「宇治園」のカフェに大満足 / お茶が香るふわっふわクリームパンも美味〜!

今や抹茶はお菓子のフレーバーとして欠かせない食材。ただし、日本人といえども抹茶そのものを味わう機会は、めったにないですよね。

2016年3月に表参道エリアにオープンした「裏参道ガーデン」内には、作法などを気にせず気軽に抹茶を自分でたてて、スイーツとともに味わえるカフェがあるんです!

→ 続きを読む

燻製(くんせい)はすっごくカンタンにできる! 5分でできる! いろんなモノで試してみよう…ポテチ、スイーツ、カップ麺でやってみたよ

チーズやサーモン、ベーコンなど、食材を燻してスモーキーな香りをつけた燻製料理って、お酒のおつまみに最適ですよね。煙の香りがついただけで、どうしてあんなに美味しくなってしまうのでしょう。考えただけで、もう1杯飲みたくなりますね――おかわり!

実はあの燻製、お家でもカンタンにできるってご存知ですか? 鉄製のフライパンがあれば、木のチップがなくても、ほうじ茶や緑茶などのお茶っ葉やコーヒー豆を使って燻製ができるんです! とはいえ、ベーコンやスモークサーモンにいきなりトライするのはちょっと敷居が高くて勇気がいりますよね。生煮えだとガッカリしちゃうし、衛生面も気になるし。

そこで、記者(わたし)の住んでいる名古屋にて、ありとあらゆる食材を燻製しまくった「燻製マスター」のMさんに、燻製初心者でも失敗のないおうち燻製をレクチャーしていただきました。

ポイントは、「既に食品として完成している食材」を使用すること。これなら、軽く5分間燻すだけで全く違った味わいになるんですよ!

→ 続きを読む