「ピーターラビット」にまつわる記事

シンプルで落ち着いたデザインがステキ! 郵便局限定の「ピーターラビット」のグッズ&フレーム切手セットが登場だよ♪

これまで、さまざまなキャラクターの限定グッズ&フレーム切手を発売してきた郵便局。中には、『11ぴきのねこ』や『くまのがっこう』のものなんかもあって、かつての文学少女たちを歓喜させてきました。

8月25日から、またまた新作が登場。お次は「ピーターラビット」のグッズ&フレーム切手なんだけど、デザインがシンプルで落ち着いていて、大人の女性におすすめです!

→ 続きを読む

冷蔵庫が「ピーターラビット」展示会場に大変身 / 絵本の挿絵から厳選したミニチュアアートマグネットがカプセルトイで登場!

全世界で累計発行部数2億5000万部を超える児童書「ピーターラビット」シリーズ。2017年7月にはお話の舞台であるイギリス・湖水地方が世界遺産登録されたほか、現在、作者のビアトリクス・ポター生誕150周年「ピーターラビット展」が日本全国を巡回中です。

日本でも多くのファンを持つピーターラビットですが、このたびカプセルトイがキタンクラブより発売されることに! 絵本の印象的な挿絵から7点が厳選され、ミニチュアアートマグネットとして登場します。

ピーターラビットグッズはこれまでにもたくさんありましたが、額縁に入った絵画風のミニチュアマグネットというのが、さすがカプセルトイで人気のキタンクラブらしいところです。

→ 続きを読む

モフモフとウマウマで癒されレベルは最上級! 吉祥寺のちょっと変わったうさぎカフェ『カフェ・ミニヨン』で思う存分モフモフしてきた!

「女の買い物(趣味)に付き合わされることほど苦痛なものはない」……世の男性の多くが、そう思っているようだ。しかし、われわれ女子だって「ワインのうんちくを語られても興味ないです苦痛です帰らせてください」のような、前述の男子のソレと同じような苦痛を味わうパターンは枚挙に暇がない。

たった1回のデートで、「男女の溝」から生まれたナニかにより、溝どころか強固な壁ができる場合もある。そうならないための解決策は「目的の違う者同士が同じ場所にいても、お互いが満足すること」だろう。

例えば、パートナーに「うさぎカフェ行こう!」と誘われ「いいよ!」とは言ったものの、「(いや、正直、オシャレなカフェで美味しいコーヒーとか紅茶とかパスタとか食べたいんだけど……)」と内心では思っていたとする。しかし、その「うさぎカフェ」がうさぎと戯れるだけでなく、カフェ飯の域に収まらないほど高レベルでこだわりのメニューが充実していたらどうだろう? お互いの需要が満たされて超ハッピーじゃないか!

ということで! 「カワイイうさぎに癒されたい!」「美味しいご飯で癒されたい!」「うさぎに癒され美味しいご飯を食べ至福の時を過ごしたい!」これらすべての要望を満たす、唯一無二と言っても過言ではない、吉祥寺のうさぎカフェ『カフェ・ミニヨン』に、うさぎにまったく興味のない友人を(半ばムリやり)連れて行ってきました! 

→ 続きを読む

お、お父さんひとつください…「ピーターラビットのおとうさん」を食べられるカフェが銀座にあるぞぉ~!!!

10月14日(月)まで、東京・銀座のソニービルで企画展「ピーターラビット in GINZA~絵手紙120周年~」が開催中。オフィシャルカフェでは、「ピーターのおとうさん?」が食べられるみたいですよッ……ええええええ、ピーターのおとうさん?

→ 続きを読む

ピーターラビットの意外なキャラクター/公式サイトの「ピーターのおとうさん」の紹介イラストが超リアリズム

イギリス生まれの青い上着を着たうさぎさん、ピーターラビット。日本でも絵本やさまざまなグッズが販売されている、馴染みの深いキャラクターです。5月1日には、日本公式サイトがオープンしました。

インターネット上では、その公式サイトのキャラクター紹介が衝撃的だと話題になっています。主人公のピーターラビットをはじめ、ピーターの妹たち、ピーターのお母さんなど、いろいろなキャラクターが紹介されているのですが……おや? と目を疑うキャラクターが……。

→ 続きを読む

ベッドですやすや熟睡中~♪ ピーターラビットみたいなウサちゃんを発見ッ!

世界中に愛される唯一無二のウサギ、ピーターラビット。人間のように動き回るピーターに妙に親しみを感じる、なんて方も多いのでは?

このたび動画サイトyoutubeに、そんなピーターラビットそっくりなウサちゃんを発見してしまいましたよぉっ。特製のベッドですやすや眠るその姿……なんだかすご~く人間ぽいんですっ。

→ 続きを読む