「二階堂ふみ」にまつわる記事

【本音レビュー】映画『生理ちゃん』は女性と生理の密な関係を描いた傑作! 着ぐるみの生理ちゃんのバツグンな存在感に注目

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは二階堂ふみ主演の最新作『生理ちゃん』(2019年11月8日公開)です。本作は小山健の同名コミックの実写映画化。WEBメディア「オモコロ」で連載されている作品で、累計2000万PV突破のヒット作です。生理がくると突然やってくる生理ちゃんを通して見えてくる、女の子たちのモヤモヤな気持ち……。では物語からご紹介しましょう。

→ 続きを読む

Indeedの新CMが最高のキャストすぎる! 池内博之&窪塚洋介のGTOコンビが胸アツすぎます…

2019年6月21日、IndeedJapanの公式YouTubeチャンネルに公開されたのは、新CM「#アフター6 証明写真 men」篇と「#アフター6 証明写真 women」篇。

「men」篇に出演しているのは、斎藤工さん、窪塚洋介さん、池内博之さん。一方「women」篇に出演しているのは、沢尻エリカさん、二階堂ふみさん、泉里香さんと、美男美女ぞろい~!

眼福すぎることもさることながら、特に「men」篇がエモすぎると話題になっているんです。

→ 続きを読む

映画『翔んで埼玉』が全国をディスる!! 「大阪府民にはそこらへんの串かつでも食わせておけ!」など

“埼玉を超絶ディスっている漫画” こと、魔夜峰央さん原作の『翔んで埼玉』が、二階堂ふみさんとGACKTさん主演で実写映画化されることは、先日もお伝えしたとおり。

いよいよ2019年2月22日に劇場公開されるわけなのですが、プロモーションのひとつとして作成されたのが、地方別「埼玉扱い」コラボポスター

全国の地方飲食店20店以上と協力。2月12日週から順次店舗にポスターが貼り出されているというのですが……。そもそも「埼玉扱い」ってどういうことなんでしょ!?

→ 続きを読む

【本音レビュー】実写映画『翔んで埼玉』は間違いなく2019年傑作コメディ! GACKTと二階堂ふみの怪演が漫画の世界を完全再現しています

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは摩夜峰央の同名漫画の実写映画『翔んで埼玉』(2019年2月22日公開)です。埼玉を愛情深くディスりまくり、埼玉県民に愛され、埼玉県知事にも認められた原作を二階堂ふみさんとGACKTさんを主演に迎えて映画化。

試写で観たのですが、2019年の映画トップ3に入る傑作コメディだと確信しました! まずは物語からいきましょう。

→ 続きを読む

GACKT&二階堂ふみの再現度が高すぎ! 埼玉県民は閲覧注意の映画『翔んで埼玉』の実写ビジュアルが公開され話題に

魔夜峰央(まや みねお)さん原作の “埼玉ディス” 漫画『翔んで埼玉』(宝島社)が、二階堂ふみさんとGACKTさんをW主演というかたちで迎えて実写映画化。

GACKTさんが高校生役を、二階堂ふみさんが少年役を演じるという第1報を聞いた際には、つい「んなアホな」と口走ってしまったわけなのですが……。2018年10月31日のハロウィン当日に解禁されたキャラクタービジュアルを一目見た瞬間、心の中のモヤモヤが、綺麗サッパリなくなりました~!

だって真っ白な洋服に金髪おかっぱヘアの二階堂さんは完全に壇ノ浦百美(だんのうら ももみ)だし、紫で統一された貴族のような装いのGACKTさんも、違和感なく麻実麗(あさみ れい)なんですもの。

どちらの役も男子高校生なんだけれど(ここ超重要)、原作の絵のイメージとピッタリ合っているから、想像以上に世界観がそのまんまなんですもの~!

→ 続きを読む

埼玉を超絶ディスってる漫画『翔んで埼玉』の映画版のビジュアル&特報映像が解禁されたよ~! GACKTと二階堂ふみが埼玉県民に謝罪!?

魔夜峰央(まや みねお)原作による伝説の “埼玉ディス” 漫画『翔んで埼玉』(宝島社)が実写映画化されるという第1報をお伝えしたのは、2018年4月のこと。

そしてこのたびお伝えするのは、待望の第2報。8月17日に、ついにティザービジュアルと特報映像が公開されましたよ~!

とはいえ……ビジュアルにも特報映像にも出演者の顔はほとんど映っておらず、W主演を務める二階堂ふみさんとGACKTさん以外のキャストは現段階では不明のまま。

けれど独特の世界観だけはビシバシ伝わってくるので、映画に対する期待感は高まるばかりなんです……!

→ 続きを読む

【時短コスメ】スキンケアから下地まで1本で完了! マジョリカマジョルカの朝用「塗るマスク」が忙しい乙女にピッタリです☆

朝はできる限りギリギリまで寝ていたい! メイクは短時間で、でもお肌は美しく見せたい! そんな多くの女性の望みをかなえてくれるお助けアイテムが資生堂のマジョリカマジョルカから登場しますっ☆

新発売となる「ミルキースキンマスク」化粧水、乳液、保湿マスク、トーンアップ、化粧下地という多機能の効果を併せ持つミルク状の塗るマスク。洗顔後に塗るだけで、すぐさまベースメイクの用意ができちゃうんです。

寝坊した日、薄化粧で済ませたい日、旅先などなど……これ1本持ってると、めちゃくちゃ役立ってくれそうだわぁ♡

→ 続きを読む

埼玉県民は閲覧注意の漫画『翔んで埼玉』がまさかの実写化に! 主演は二階堂ふみ&GACKTだけど想像できないヨ…

有名漫画の実写化は、昨今特に、よくある話。しかしまさかこの作品が実写映画化されるとは、一体誰が想像できたでしょうか。

2019年に実写映画化が決定したのは、魔夜峰央(まやみねお)さん原作による伝説の “埼玉ディス” 漫画『翔んで埼玉』(宝島社)。埼玉県をとことんイジリ倒すことで知られる “迷作” の主役を務めるのは、二階堂ふみさんとGACKTさんです。

……さてここで、『翔んで埼玉』を読んだことがあるという多くの人が、首を傾げたことと思います。

→ 続きを読む

岡崎京子原作の映画『リバーズ・エッジ』キラキラできない青春の裏側を二階堂ふみと吉沢亮の演技が輝かせる【最新シネマ批評】

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、岡崎京子の同名漫画を映画化した『リバーズ・エッジ』です。映画の主題歌は、岡崎京子の旧友・小沢健二が書き下ろした新作「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」。主演の二階堂ふみと、吉沢亮がレコーディングに参加しています。

岡崎作品の映画といえば、沢尻エリカ主演作『ヘルタースケルター』がありますが、私には『ヘルタースケルター』よりも本作の方が胸にガツンと響きました。それは90年代に生きるはみだし者の高校生が、実にリアルに活写されていたからです。原作の漫画は未読ですが、 “岡崎京子が描く世界に触れた” という実感がありました。

では物語から紹介していきましょう。(※以下、ネタバレを含みます)

→ 続きを読む

【マリオ白目】二階堂ふみが演じるピーチ姫がめっちゃ強そう! クッパを一撃で倒しそう!! 「マリオスポーツ」の世界をCMで実写化した動画がヤバい

2017年4月8日にオンエアが開始された、デカビタCの新CM。

「デカビタC ダブルスーパーチャージ」のリニューアル発売にあたり、15年ぶりに製作された新CMでは、『スーパーマリオ』をコミカルに実写化。

マリオ役の生田斗真さんをはじめとする人気キャラ4名がゲームプレイヤーの気まぐれに振り回されまくる姿には、同情を禁じえません。しかし同時に、ゴルフにテニスにサッカーと忙しなくスポーツしまくる姿に、ジワジワきちゃうんですよね。

マリオの双子の弟・ルイージは池松壮亮さん、ヒロイン・ピーチ姫は二階堂ふみさん、そしてキノピオは寺田心くんが演じているのですが、みんな役にハマってる~! 特にピーチ姫を演じるのは二階堂ふみさんが……とらわれの姫とは思えないほどアクティブかつパワフル!

→ 続きを読む

就活地獄&ドロドロ人間関係が心にグサっとくる映画『何者』そのリアルな闇の魅力とは【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回ピックアップするのは「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる、朝井リョウの直木賞受賞作の映画化となる『何者』(2016年10月15日公開)です。

メインキャストは人気と実力を兼ね備えた若手演技派、監督は『愛の渦』でセックスで結ばれる人間関係を描いた実力派の三浦大輔。

彼らが朝井リョウ氏の原作をどう魅せてくれるのかと思ったら、原作を読んだとき以上に、心深くえぐられる作品になりました。就活中の若者たちの真実を切り取った本作をじっくりご紹介いたします。

→ 続きを読む

乙女もメロメロ! 二階堂ふみの「バニーガール姿」にドキドキが止まらないっ

セクシーな女性というのは憧れるもので、見ているだけでオトメだって胸が高鳴るものです。例えば「ルパン三世」の峰不二子ちゃんみたいになれたらなぁ~、とか妄想しちゃう……ムリだけど。

さて、女優の二階堂ふみさんのバニーガール姿が、Instagram上で話題になっています。ひえええええ、なんてセクシーなのかしら……う、う、うらやましいですッ!!!

→ 続きを読む

二階堂ふみさんと窪田正孝さんが共演する資生堂ショートムービーが超豪華! しかも主題歌は斉藤和義さんの書き下ろしなんだって!

7月7日、七夕の日に資生堂がスペシャルサイトで公開したショートムービー『逆さに降る雪』を、あなたはもうご覧になったでしょうか。

ファンタジックな雪景色が広がるなか、ポツンと1軒立っている、駅の待合所。そこには窪田正孝さん演じる駅員のシローと、大雪のせいで待ちぼうけをくらっている客、二階堂ふみさん演じるユキの2人きりしかいません。

→ 続きを読む

二階堂ふみさんの「真っ赤な金魚ドレス」にも会えるよ / 映画『蜜のあわれ』公開記念展示が3月1日スタート

ある時は、 “コケティッシュ” な女。またある時は、赤い三年子の金魚。

変幻自在の金魚と老作家の会話によって構築された艶やかな超現実主義的小説、室生犀星(むろうさいせい)の『蜜のあわれ』が、二階堂ふみさん、大杉漣さん主演で映画になりました。来る2016年4月1日より、全国公開されます。

→ 続きを読む