「漢字」にまつわる記事

都道府県魅力度ランキング7年連続最下位の「茨城」が2位に選ばれた! ところで…なんのランキングだと思う?

毎年話題になる「都道府県魅力度ランキング」で、2019年まで7年連続最下位となっている茨城県

ところがあるランキングを見てみると……なんと2位を獲得しているではありませんか~!

Pouch でも過去に茨城県のいいところをご紹介してきたけれど、ようやくその魅力が認められたのかも!?

→ 続きを読む

「わたしのお腹の中」が海外ツイッターで流行中! 絵文字を入れるだけで完成するから速攻マネできて楽しいよ!

コラージュ、コピペ、動画など、インターネットでバズる投稿素材「インターネットミーム」。ここ最近海外のツイッターユーザーのあいだでミームと化しているのは、 “人がお腹を膨らませているように見える絵” なんです。

お腹は線やスラッシュで構成されていて、その中に自分の好きな絵文字を入れて、何を食べたかを表現するみたい。

このブームの生みの親はおそらくユーザーの@itsJWolfeさんで、「ぺったんこのお腹になりたい」というコメントとともに、パンやチーズ、お肉など、その日に食べたものを絵文字で表現。それ以後、この “わたしのお腹の中” 投稿をする人が、後を絶たないんです。

→ 続きを読む

新元号の漢字が “自分の名前” に入っていたら「ホルモン」が最大半額に! 京都のお肉屋さんが考えた「新元号割」が超ユニーク

今年2019年の4月1日は特別な日。なぜならこの日、ついに新元号が発表されるからです。

新元号が明らかになった直後から京都の精肉店「お肉のスーパーやまむらや」がスタートさせるのは、「新元号割」なるサービス。

なんと名前に新元号の漢字が入っていたら、対象商品が割引になるというんです。当日にならないとわからないってところが、ドキドキを加速させるわ~!

→ 続きを読む

【ハゲラッチョ】今度はうんこじゃなくてハゲドリル! トレンディエンジェルが例文を考えた小学生向け漢字ドリルが出るよ~!!

昨年『うんこ漢字ドリル』なるものが発売され、子どもから大人までバカウケするブームとなりましたが、今度はうんこじゃなくてハゲ

2018年3月26日に発売されるのは『トレンディエンジェルのハゲラッチョかん字ドリル』です。このドリル、人気お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司さんとたかしさんが例文を考案、言語学者の金田一秀穂氏が監修した漢字ドリルなんだとか。

うわ~、めちゃくちゃ気になるっ!! どんな例文があるのかチェケラッチョ、ハゲラッチョ~!

→ 続きを読む

間違えてた漢字の読み方といえば? 和菓子の最中を「さいちゅう」、枝豆を「わざまめ」、 号泣を「ごうなき」など…

夏休みの宿題といえば漢字ドリルです。書いて覚えるのはもちろんですが、読むだけでも意外と難しいもの。実は間違えて覚えてしまっていたりして、後から「ひゃあぁぁぁ」って恥をかいたこと、だれでもありますよね!?

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、「間違えて覚えていた漢字の読み方」についてのQ&Aをご紹介します。

→ 続きを読む

「鬱」や「地獄」もこんなにポップでキュートに♡ 天久聖一さん×よシまるシンさんによる「ロゴゴ」グッズが面白い!

世の中、ホントいいことよりもイヤなことのほうが多かったりしますよね。でも、「鬱」も「地獄」も見方によっては、とってもポップでキュートなのかもしれない……。

そんなふうに思わせてくれるのが、マンガ家・天久聖一さんとデザイナー・よシまるシンさんによるロゴ制作ユニット「ロゴゴ」の作品。

ロゴといえば、ふつうは元の言葉の意味を具象化したものですが、ロゴゴが作る漢字ロゴはこれには当てはまらないみたい。漢字が持つ意味から解き放たれた、とーっても可愛らしい造形になっているんです。

→ 続きを読む

学習とうんこの奇跡の出会い!! 例文すべてに「うんこ」が使われた「うんこ漢字ドリル」が爆誕!

我が家には現在小学1年生の子どもがいるのですが、漢字の学習はひとつの大きな難関のようです。字がうまく書けない、書き順や送り仮名を間違うなど、一度覚えてもすぐ忘れてしまう、などなかなかたいへん。中には投げ出したくなる子どももいるに違いありません。

そんなお子さんと親御さんに朗報! 学習とうんこが夢のコラボを果たしました!!

……って何言ってるかわかんないって? 実は、例文すべてに子どもが大好きな「うんこ」という言葉が使われている漢字ドリルが爆誕しちゃったんです。画期的すぎないですか、これ!?

→ 続きを読む

【11月1日はすしの日】“すし” って「寿司」「鮨」「鮓」を見かけるけど違いはあるの?

本日、11月1日は「すしの日」だそうです。新米の季節だし、ネタになる海や山の幸がおいしいシーズンだから、との理由でできた記念日なんだって!

う~ん、考えただけでヨダレがでちゃいますッ!!!

ところで “すし” って、「寿司」、「鮨」、「鮓」の漢字を見かけるけれど、何か違いってあるのかしら? もしかして、それぞれベストな使い方があるのかも……気になったので調べてみたよ!

→ 続きを読む

世界でひとつだけの「漢字ペン立て」が発売スタート! 画数が多いと “ペンを立てられないペン立て” になるでござる

贈り物を選ぶときって、いろいろと迷っちゃうものです。世の中にはいろいろとユニークな商品があるし、ありきたりのものじゃあアレだし……とか考えだすとキリがないッ!

もし、贈る相手が文房具大好きっ子なら、こんなペン立てはいかがでしょうか? 世界初、そして世界にたったひとつの「漢字ペン立て」。画数が多い漢字を選んだ場合、“ペンを立てられないペン立て” になる可能性もある、スリリングなペン立てなのです。

→ 続きを読む

【文字フェチ歓喜】江戸文字がオシャレな柄に! クールなオリジナルグッズを作れちゃうサービス「真四角図案機」

書体屋「真四角(ましかく)」が9月14日(水)にスタートさせたのは、江戸文字をリメイクした「真四角書体」を使用したオリジナルグッズをスマホやPCから作れるサービス「真四角図案機」。

手順はいたって簡単。好きな文字を入力しアイテムを選択、最後にレイアウトやカラーをチョイスすれば、世界に2つとない商品が完成します。

→ 続きを読む

赤ちゃんの「人気の名前ランキング」発表☆ 2015年で最も多かったのは「 悠真(ゆうま)」&「葵(あおい)」なんだって!

“キラキラネーム” “シワシワネーム” なんて言葉も聞かれるようになった昨今ですが、妊娠・出産・育児ブランド「たまひよ」が、2015年1月から10月に生まれた赤ちゃん19,761人を対象に、名前や名前の読み方、漢字などについての調査を実施。

「今年最も多かった赤ちゃんの名前ランキング」を発表しましたよ〜!

→ 続きを読む

漢字能力検定協会公式アニメ「彼女が漢字を好きな理由。」に胸がキュンキュン

「君に届け』や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の助けを借りないことには、学生時代のキュンキュンを思い出すことすら難しい年齢になってしまった記者(私)ですが、もう少しお手軽にキュンキュンできるいい作品を発見しました。

それはなんと、漢字能力検定協会が公式アニメとして製作した「彼女が漢字を好きな理由。」という短編アニメ。現在、漢検公式サイトに公開されており、話題を呼んでいます。

→ 続きを読む

思わずプッと笑っちゃう! ものすっごく勘違いしてたこと / アルプス一万尺は「こやぎ」の上で踊るんだと思ってた

「えぇぇぇ、これってこんな意味だったの!!」「あ、今まで○○ってことかと思ってたぁぁ!!」なーんて勘違い、誰でもあるよねぇぇ。真実に気づいたときのショックと言ったら……。過去にさかのぼって、穴を掘って入りたくなくなっちゃいますねっっ。

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、「ものすごい勘違いしていたことってありますか?」についてのQ&Aをご紹介します。この質問は2005年にスタートし、6年近くで326件の回答が集まった勘違いの宝庫。笑っちゃう回答ぞろいなので、まわりに人がいるときに読むときは、吹き出さないように気をつけてね!!

→ 続きを読む

もうすぐ発表される「今年の漢字」を大胆予想!/ 1000人を対象に行った調査結果は1位「税」2位「災」3位「嘘」

気がつけば、2014年も残りわずか。今年も色々なことがありました。

さて、この時期になると気になってくるのが、「今年の漢字」。毎年「漢字の日」にあたる12月12日に、財団法人日本漢字能力検定協会によって発表されているこちら、一体どんな1文字が選ばれるんでしょ!?

→ 続きを読む

あなたを漢字4文字で表現すると…? 「診断メーカー」の診断結果がなんだか意味ありげで怖いとTwitterで話題

あなたを漢字4文字で表すとどうなるか……そんな診断がTwitter上で人気を集めています。かっこいい四字熟語が表示されるのかと思いきや、なんだか意味ありげな診断結果が!

→ 続きを読む

許嫁、十姉妹、五月蝿い…あなたはいくつ読める!? ついついハマっちゃう「漢字の読み方入力ゲーム」!

日本人であれば、ある程度の漢字は読めるようになりたいですよね。重要な場面でトンチンカンな漢字の読み間違いをして赤っ恥をかく……なんてことはないようにしたいもの。皆さんは漢字を読むの、得意ですか?

そこで、力試しがてらぜひ皆さんにトライしていただきたいのが、サイトGAMEDESIGNに掲載されているゲーム「漢字テスト」! 

→ 続きを読む

海外で話題の心理テスト「最初にみつけた3つの言葉」漢字版も登場!!

海外で爆発的に話題になった心理テスト、通称「最初にみつけた3つの言葉」。この日本語版(ひらがな)があるということで当サイトでも取り上げたところ、爆発的反響がありました。

さてさて、本日は新たな「3つの言葉」テストをご紹介します! 同じく日本語版ですが、なんと漢字でできているのです。

→ 続きを読む

【第36回 名前に「美」が付く人の苦悩とは!?】

派遣社員をしていた頃、隣のデスクの社員さんが、電話で自身の名前の漢字を訊ねられていた際に「雅彦のヒコは、彦左衛門のヒコです」と返しているのを聞いて、「人名の漢字を、人名で答えてどうする!」と、思わず笑ってしまったことがありました。

こういう場合は、「彦星のヒコ」「彦根市のヒコ」などと答えるのが正しいかと思うのですが、そういえば皆様は、ご自分の名前の漢字を訊ねられた際どのように返していますか?  → 続きを読む