「被災地」にまつわる記事

【未然に防ぐために】避難先では女性や子どもを狙った性被害・性暴力DVが増加する傾向に / 周囲が目を光らせることが大切です

平成28年熊本地震発生から、10日以上が過ぎました。

熊本市男女共同参画センター「はあもにい」によれば、地震などの大規模災害における避難所や避難先では、困っている女性や子どもを狙った性被害・性暴力DVなどが増加するのだそう。

「はあもにい」ではこのような被害を防ぐべく、各所と連携して啓発チラシを作成。「ぜひシェアをお願いします!」と同団体のFacebookアカウントにて呼び掛けています。

→ 続きを読む

買って被災地を応援…熊本のアンテナショップ「銀座熊本館」が長蛇の列! ネットの声「こういう支援の仕方もあるのか」

4月14日以降に九州地方で発生した「熊本地震」。被災された人々のために何か少しでも役に立てることはないか? 新聞やテレビのニュースを見ながら多くの人がそう感じているはず。

そんななか、東京・銀座にある熊本のアンテナショップ「銀座熊本館」にたくさんの人々が来店し、行列を作るほどのにぎわいを見せているそう。

これに対し、「こういう応援の仕方もあるのか」とネットでも感動や励ましの声が多く集まっています。

→ 続きを読む

「震災時、歯科医として遺体の検死を」…GReeeeN・HIDEの告白が話題に / 3月11日にはバンド初の単行本が発売

今年で、デビュー10周年。しかしメンバー全員が歯科医としても働いているため、今なおそのプロフィールが明かされていない……そんな謎に満ちたミリオンセラー・アーティスト、GReeeeN。

メンバーのHIDEさんが、2016年3月3日(木)夜に放送されたTBS系『ニュース23』に声の出演を果たし、ネットを中心に話題になっています。

→ 続きを読む

復興途上にある被災地の現実を描いた短編アニメーション「今、ふたりの道」

東日本大震災から4年。あの瞬間を経験した者、繰り返し被害が報道される様子を毎日のように観ていた者にとって、決して忘れることができない日。

その中でもとりわけ、甚大な被害を受けた地域に住んでいた方々にとってのこの4年間は、その他の地域に住む者のそれとは、全く異なる様相をしていたことでしょう。

本日みなさまにご覧いただくのは、ニコニコ動画に投稿されていたアニメ「今、ふたりの道」。

→ 続きを読む

ユナイテッドアローズから「東北コットン」を使ったカーディガンが出るよ / ファッションを通じて東日本大震災の被災地を支援

7月22日(火)から、「UNITED ARROWS green label relaxing / ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」(以下、GLR)の全国62店舗で「東北コットン」を使ったオリジナルカーディガンが発売されます。

ファッションを通じて東日本大震災の被災地を支援するプロジェクトとのことで、東北地方で栽培されたコットンが使われているのだとか。日々、一人ひとりができることは少ないけれど、こういうカタチでならムリなく参加できそうです。

→ 続きを読む

福島と東京を結ぶ就活生のための無料高速バス「Smile Express」/「被災地の福島にある企業を応援したい・多くの学生に福島に来てほしい」との思いから

『美味しんぼ』の山岡さんが福島を訪れてどうやら被曝したらしい、と目下、ただいまネットを中心に話題騒然となっているわけですが、鼻血が止まらないっていうのはなにか別の病気を疑ったほうがよいのではないでしょうか。……余計なお世話ですかそうですか。

山岡さんの鼻血については置いておいて。先日、東北道にあるサービスエリアで一台の大型バスを見かけたんです。そのボディに大きく書かれていたのは「情熱を灯せ!」という文字。

いったいなんだろうと後で調べてみたところ、なんとこれ、学生さんのために東京―福島間を走っている無料高速バスだということが判明。

学生のためのこんなバスがあるだなんて、ちっとも知らなかったぞーーーっ!!

→ 続きを読む

「子供たちが発信する被災地の3年」VICE Japanが取材/ 放射能に苦しむ福島の子どもたちの今を伝える

被災地の現状を知ってもらいたい。そんな思いの元に活動する、ふたりの若者がいます。福島県飯舘村出身の菅野大輝君と、同県伊達市出身の高松海人君は、まだ10代。

彼らは2011 年6月に設立された、被災した東北の子供たち自ら被災地復興の様子や生活の変化を写真と文章で記録し、世界に発信し続けるプロジェクト『キッズ フォトジャーナル(KPJ)』のメンバーであり、同時に福島県に暮らす被災者でもあります。

→ 続きを読む

奇跡のエピソードが詰まった“名産品” が目白押し!  webショップ『南三陸deお買い物』に寄せられた復興への思い

震災から丸2年。津波で壊滅的な被害を受けた南三陸に、今新しい風が吹き始めています。

その風の出所はサイト「南三陸deお買い物」! 南三陸が大嫌いで上京したのに、震災後に南三陸の良さに気付いて帰郷したイケメン店長さんが運営するwebショップです。

実は、このwebショップで販売されている商品はどれもこれも逸話があるんです。きっと商品紹介を見ているだけで胸が熱くなってしまうこと間違いなしですよ!

→ 続きを読む

「人生は努力の積み重ね! 必ずチャンスは訪れる」ローソン社長や音楽プロデューサー小林武史、一青窈が被災地の学生とトークショー

「社長だって決断を下すときはいつも不安。でも不安な顔をしたら部下を不安にさせてしまうから自信を持って言わないとならない。決断は直感的。どっちを選択してどうなるかなんて将来のことは誰にもわからないんだ」

大手コンビニエンスストア「ローソン」の代表取締の新浪剛史社長がこう話すと、一瞬キラリと輝いた学生たちの表情。

“立派な大人も悩みながら生きているんだ” ――人生の大きな分岐点に立たされた青春真っ盛りの学生たちにとって心強いメッセージだったに違いないです。

宮城県仙台市の仙台泉文化創造センター『イズミティ21』で19日、被災地3県(岩手県宮城県、福島県)の高校生や関係者らなど約747名(うち学生247名)が、ローソン主催の『夢を応援基金“スペシャル講演&ライブ2012”』に集いました。

→ 続きを読む

【被災地の今(1)】津波が押し寄せたあの地域は今も夜になると漆黒の闇に包まれたままだ

(はじめに)
全世界をも震撼させた、あの未曾有の事態からあと1カ月と少しで1年が経とうとしています。

あのとき、すべての日本国民がこれからの被災地が、日本が、どうなるものやと思いあぐねたはず。そして「被災」という言葉が、人ごとではないとあらためて感じたのではないでしょうか。

どんどん過ぎていく日々、さらには多忙な日々のために、あの凄惨な出来事でさえどこか遠い国のことのように感じてしまう人もいるかもしれません。

だからこそ、私たちは現実から目を逸らさず、しっかりと現実をキャッチして受け止めていく必要があります。被災地の今を。 → 続きを読む

あれから17年目の「阪神・淡路大震災」/ ツイッターでつぶやかれた感慨深い言葉と画像の数々

1995年1月17日に発生し、甚大な被害を与えた阪神・淡路大震災から一昨日で17年が経過。

人の住む土地の真下で発生する直下型地震だったこともあり、建物や道路などが激しく破損した光景は、今でも鮮明に思い出されます。電気やガス、水道、交通といったライフラインはすべてストップ。当時の震災としては戦後最大規模の被害を出し、世界中に衝撃を与えました。

ツイッターでは、当時の災害に思いを馳せ、多くの人々が心境や写真を掲載しています。 → 続きを読む

寒い夜は熱燗で一杯! 気仙沼で手に入れた鰹ダシ旨みたっぷり「漁師のまかない茶漬け」究極の楽しみ方

いやぁー寒い。うら若き女子だって、こんな寒い日は熱々のお茶漬けと熱燗で一杯やりたいものですわよね。

先日、取材で災害の爪あとが色濃く残る宮城県気仙沼市へ行ってきたんです。同市の魚市場は6月23日に再開され、活気を取り戻そうと奮闘しているところです。記者が訪ねたときも様々な種類の魚介類が市場に集められ、さらに市場で働く地元の人々の熱気を前に気後れしそうなほどでした。とまあ、詳細は後ほど。

さて、そんな港町、気仙沼市の土産屋で、魚好きにはたまらないステキなものを見つけたんですわ。それは、『磯が香る漁師のまかない。』(530円)。 → 続きを読む

ブータン国王夫妻が被災地訪問 / ジェツン・ペマ王妃はホントに美人でした!

国賓として来日しているブータンのワンチュク国王夫妻。国王はイケメン、王妃は美人と話題になっています。そんなブータン国王夫妻が18日午後、福島県相馬市の桜丘小学校を訪問し、震災で被災した子供たちを激励しました。子供たちは、駆けつけた多くの報道陣や国王夫妻を前に、終始興奮気味です。 → 続きを読む

モスバーガーのキャラ「モッさん」が47都道府県のコスプレで登場/あなたの街のご当地モッさんは!?

モスバーガーのキャラクター「モッさん」が47都道府県のイメージにあわせてコスプレした「ご当地モッさん」が登場。

これは、今月23日~10月のご当地バーガーの発売に合わせて作られたもので、47種類のユニークなコスプレ姿のモッさんが注目を集めています。 → 続きを読む

ロッチ中岡、被災地の少女にサインしようとするも拒絶される…ネスカフェのチャリティーイベントにて

お笑いコンビが集結した音楽ユニット・クレイジーラッツが9日、新宿ステーションスクエアでネスカフェのチャリティーサンプリングイベントに参加。

東日本大震災のチャリティの一環で、ミルクとコーヒーの配合を5種類に分けた「アイスラテ」を来場した一般のお客さまに振る舞い、募金を呼びかるというもの。集められた募金はネスカフェの寄付金と合わせて、被災地支援に充てられます。

トークセッションでは、被災した人々を元気付けようとメンバーらと共に被災地へ赴いた「ロッチ」中岡の残念なエピソードが話題に。 → 続きを読む

警察庁のまとめによると、4月4日現在も16万人を越える方々が避難所で生活を続けているそうです。避難所では大人が腰をかけられるようなパイプイスはあっても、ベビーチェア(ソファ)を用意しているところはどれだけあるでしょうか? 粉ミルクやおむつ、おしりふきなどの物資と並び、赤ちゃんが快適に座れる場所も確保してあげたいものです。

被災地での生活を助けるアイディアを掲載しているサイト「OLIVE」には、ダンボールがあれば簡単に作れる「ダンボールベビーソファ」の作り方が紹介されています。 → 続きを読む

被災地の炊き出し情報&配給、ガソリンの供給などがわかる「被災地でつぶやかれたツイートだけを検索するサイト」(http://www.twitter2csv.com)を御存じですか?

ツイッターユーザーの有志により作成されたもので、プリセットされた被災地域とキーワードを選択すると、それぞれ半径30km圏内でつぶやかれた情報を一覧できるというもの。PC、携帯電話、スマートフォンからの利用が可能です。 → 続きを読む