「美容/健康」カテゴリーの記事

彼との接近戦も安心!化粧ノリがイマイチな乙女のためのすっぴん美肌うぶ毛専用カミソリ

うぶ毛ケアちゃんとしてますか? 化粧ノリがイマイチで困るのよね……なんて悩んでる方に一度試して欲しいのが、うぶ毛ケアです。

うぶ毛をしっかりケアすることでお肌の透明感アップ! そして断然、お化粧のノリも良くなるのですよ。目に見えないからって疎かにしちゃダメです!  → 続きを読む

素足で履いても清潔? たった5つのパーツで作ったカスタマイズ可能なスポーツシューズ!

いやはや、サンダルのみならずスポーツシューズもカスタマイズする時代のようです。デザイナーのニコラス・カウチさんが考えた、パーツを取り替えられるシューズが、海外デザインコンテストのアイディア賞を受賞。今後市場でもお目見えするかもしれません。 → 続きを読む

日本製のクール・スプレーが「奇妙で良い」「ベーコンに見える」などと海外で話題に

肌をクールに冷やしてくれる「クール系商品」。スプレー型やタオル型など多々ありますが、節電のこの猛暑、積極的に使って暑さを凌ぎたいものです。

近年様々な冷却商品が発売されていますが、実はこれほど力を入れて開発しているのは日本企業だけのようです。本日は、そんな日本製の冷却スプレーを紹介している動画が海外のサイトで話題になっていたのでご紹介します。 → 続きを読む

本物そっくりでカワいすぎる! 「ミルキーあぶらとり紙」

オデコにミルキーの包み紙をペタリ。えっなにしてるの? そう、驚くなかれ。これはバンダイより発売されている「ミルキーあぶらとり紙」なのだ!

写真を見てください。ご覧のとおり不二家ミルキーの包み紙そっくり。柄だけでなく、サイズもほぼオリジナルミルキーの包み紙と同じというこだわり。これでは本物の包み紙をおでこに乗せている人に見えてしまう! 本当、リアルですね。 → 続きを読む

どこにでもいる普通の女性が大変身! 髪色でここまで変わる

この夏、大胆に変身したいという女性の皆さんに朗報です! なんと髪色を変えただけで、トップモデルのように大変身を遂げた4人の女性がいるのです。一般公募700名のなかから抜擢された彼女たちは、7月2日、東京・渋谷のマークシティのイベントステージで、衆目を浴びることになりました。ファッションモデルとして活躍する、道端アンジェリカさんもびっくりの変身ぶりについてお伝えしましょう。

→ 続きを読む

【第1回 マイナス10歳気分生活のススメ】

初めまして、アラサー女子の恋愛について書かせて頂くことになりました、菊池美佳子です。恋愛コラム、というと、色恋の達人が書くもの、とイメージされるかたもいらっしゃるかもしれませんが、実は私自身、恋愛スキルは決して高いほうではありません。

むしろ低い部類に属しているタイプです。ですので、このコラムでは、「○○すれば必ず恋が叶います!」といったような恋愛奥義のご紹介、というよりも、恋に奮闘中の女性読者の皆様と共に、恋愛スキルを磨くべく、切磋琢磨していければと思います。 → 続きを読む

乙女のみなさん、映画などに出てきたヒロインがピストルを持っているのを見て、憧れたことはありませんか? もしかしたら、みなさんもピストルを毎日持つ日がやってくるかもしれませんよ。

え、何をバカな! いえいえ、まさか本物ではございませぬ。純白のピストルが一丁。美しい飾り彫りが施され、ところどころに黄金のゴールドが輝いています。上品な見た目と、ちょっぴり危険な香りが混在してとても魅惑的。これ実は、女性のための7つの必需品が入っているという、いわばヒミツの小物入れなのです。 → 続きを読む

世のお父さんたちは娘たちから「お父さん臭い!」「一緒に洗濯したくない!」などと、嫌われているのではないかと思いきや、実は多くのお父さんたちが娘に「カッコいい」と思われていることが判明しました。 → 続きを読む

男性が思わずホレてしまう女性のしぐさ&行動

女性の何気ない仕草に、ハートをズキュンと射止められてしまう男性は少なくないようです。恋多き20代~30代の編集部の男性8名に女性の魅力について聞いてみると、なかなか興味深いお話を聞くことができました。

彼らの話によると、男性は仕草が魅力的な女性には少なからず恋心のようなものが芽生えがちになり、しかも生まれつき顔が美人かどうかはそれほど気にならなくなるのだそうです。彼らが思う女性の魅力的な仕草とは、いったい。 → 続きを読む

妊産婦の「マタニティマーク」は賛否両論、「なりすまし妊婦」の可能性も

みなさんは「マタニティマーク」ってご存知ですか? おなかに赤ちゃんのいる妊産婦が、カバンなどに付けているキーホルダーやステッカーのことです。一般的には母子手帳とともに配布されており、妊産婦ならば誰もが知っている存在です。駅などでも配布されているのだとか。

先日、ママ友たちとのランチ会で、マタニティマークのことが話題になりました。マタニティマークを付けていて良かったこと、悲しかったこと、そもそも付けなかったというママも中にはおりました。

ふと気になりネットで調べてみると、想像を超えた賛否両論が巻き起こっていたのです。

→ 続きを読む

さて、先月からひそかに連載がはじまった「pouchなあの子のポーチ」シリーズ。それを受けて、「誰かかわいい子いる?」と記者は、最近、周辺聞き込み調査に余念のない日々を過ごしておりました。その甲斐あって「長身のすらりとしたモテ女子がいるらしい」との情報をゲット!

取材は、連日の雨続きの中、ようやく太陽がほっこり顔を出した、とある昼下がりに決行。取材日和とはまさにこのことです!やはり美人を撮影するのは、お日様の下に限る、と実感した午後でした。そして今回も楽しかった、きれいだった、ためになった……です。 → 続きを読む

毎日ジュースばかり飲んでいて健康が気になるみなさん、ステキなコップができましたよ!

一見、なんの変哲もないシンプルなこのグラス。実は、上の方に小さい穴が空いていて、ジュースを注ぎ過ぎるとピューッ! と見事に弧を描いてジュースが流れ出す仕組みになっているのです。 → 続きを読む

津波が来ても大丈夫! 「ノアの方舟」ならぬ「伊勢の方舟」ができました

今後、津波による犠牲者は激減するかもしれません。なんと、家庭用「ノアの方舟」が発売されるそうです。

大津波から避難するための救命艇「伊勢の方舟(はこぶね)」を開発したのは、工場内の安全・環境対策の技術提供を行う伊勢産業。

公式サイトの説明によると、「方舟は鋼鉄製であり、破壊破損することなく、強固で余浮があり、 津波に襲われても、沈んだり物の下敷きになることはありません。(浮試験クリア済) どんな巨大津波でも安全安心です」とのこと。 → 続きを読む

やっと床についたのに、「ぶーんぶーん」と飛び回るハエや蚊の音に悩まされて眠りが妨げられてしまった経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。これから暑くなるにつれ、害虫対策もますます必要になってきます。 → 続きを読む

普通の入浴剤は粉末のものが多いですよね。適量を浴槽に入れてから入ると、肌荒れや肩こりに良い効果をもたらすといわれています。毎日の疲れを癒やすために入浴剤を使用している人は多いと思います。

入浴剤には錠剤タイプのものもあって、その代表的な商品が『バブ』です。浴槽に入れると炭酸ガスが発生してお湯に溶け、疲れた体を癒やすことができるというわけです。『バブ』を入れたときのあのシュワシュワ、見ているだけで楽しいですよね。でも、噂によると『バブ』の使い方を間違っている人が多くいるらしいのです。 → 続きを読む

知らない人が多いらしいのですが、烏龍茶にはカフェインが入ってます。よって、烏龍茶を飲むとカフェインの興奮作用により眠れなくなる人がいてもおかしくありません。事実、烏龍茶にカフェインが入っているとは知らずに寝る前に飲み続け、「なかなか眠れない」と悩んでいる人がいました。

もちろん黒烏龍茶にもカフェインが入っていますので、飲むとその効果によって眠れなくなる人が出てきてもおかしくありません。黒烏龍茶は他の烏龍茶よりも濃い味がするので、カフェインの量も多いのでしょうか? → 続きを読む

歯を磨くときに使う歯磨き粉。ムシ歯を予防するだけでなく着色汚れを除去したり、歯周病を防いだり。さまざまな種類のものが販売されており、目的に合わせて選ぶことができます。大人用の歯磨き粉は清涼感のあるミント味がほとんどですが、子供用の歯磨き粉はイチゴやメロンの味が付いていて香りも美味しそう。 → 続きを読む

平井堅さんオススメのダイエット方法をご存じでしょうか。5月3日、笑っていいとも!テレフォンショッキング のゲストは平井堅さんで、彼はこう説明しています。

「生姜はダイエットにいいですよ」

平井さんは、毎日生姜を摂取しているそうで、実際に生の生姜をおろしてコーヒーや紅茶などに入れるんだそうです。ただ、それは毎日は厳しいので、チューブ型の生姜を冷蔵庫にストックし、基本はそれを使っているそうです。 → 続きを読む

荒れたお肌に周囲の視線が突き刺さること、ここ数年。すっかり「美」から遠ざかっているワタクシ、職業ライターでアラサーの池田(独身)でございます。

職業柄、徹夜をすること、しばしばあります。よって、寝る時間もまちまちということで、昼間に起きる日があれば夜起きる日もある、そう、完全に生活時間はバラバラ!

そんな生活を若干開き直っていたのですが、ある日ふと気になる記事を見つけてしまいました。

「ロシア、サマータイム廃止」

なんと、「ソ連時代から30年続いたサマータイムは、『生体のリズムに反している』ため伝統に幕を下ろす」(掲載2月9日朝日新聞/夕刊)との記事が。「季節によって時間が変わることが体のストレスとなり、病気の原因になっている」のが理由なのだそうです。ロシアのサマータイムよりも酷い状況にある記者の生活リズム。こ、これはもう開き直っている場合ではないかもしれない? → 続きを読む

●紫外線が原因で「眼のシミ」が!?

紫外線が原因のひとつとされる「瞼裂斑(けんれつはん)」という症状、ご存じですか? 白目の部分がシミのように黄色く濁ってしまうものです。見た目の問題だけではなく、充血やドライアイの原因や、白内障発症のリスクが高いことも最近の研究で明らかになっています。 → 続きを読む

  1. 1
  2. ...
  3. 91
  4. 92
  5. 93
  6. 94
  7. 95
  8. 96
  9. 97
  10. 98
  11. 99
  12. 100