「マリー・アントワネット」にまつわる記事

乙女が殺到したヒルトンホテル「マリー・アントワネット」のデザートブッフェ第2弾が10月1日から始まるよ / 悲劇の最期を思わせる「黒いデザート」も

現在ヒルトンホテル東京で行われている「マリー・アントワネットの結婚」は、オープン初日の7月1日を待たずにして8 月末まで完売しちゃった伝説のデザートフェア。

そんな「マリー・アントワネットの結婚」から一転、2017年10月1日からは第2弾「マリー・アントワネット La Finale」が始まります。

天真爛漫な王妃マリーが、ギロチンでその華やかで短い人生の幕を閉じるまでを圧倒的なピンクと黒のコントラストで表現していて、約30種類のデザートとテーマ性をもったデコレーションを堪能できちゃいます。

→ 続きを読む

ヒルトン東京で「マリー・アントワネットの結婚」をテーマにしたデザートブッフェ開催!! パンが無かったら全力でお菓子を食べる勢いのかわいさ

東京・新宿にあるヒルトン東京1階のマーブルラウンジは、凝りに凝った美しいデザートブッフェで有名です。

マーブルラウンジのデザートブッフェは、美味しいだけではなく目にも楽しく、一部では“写真に撮らずにはいられないブッフェとも呼ばれているそうな。それもそのはず、3年ほど前から、フェアの内容が変わるごとに完璧に世界観を作り込んでいるのです。

そんなマーブルラウンジがこの夏テーマに選んだのは、「マリー・アントワネットの結婚」。2017年7月1日から9月30日までの3カ月間、フランスの薔薇と称されたフランス王妃マリー・アントワネットとルイ16世のロイヤル・ウエディングに招かれたかのような気分を味わえるようなんです。

想像しただけで、最高にロマンティックでしょう?

→ 続きを読む

「どん兵衛」と「ベルばら」がまさかのコラボ!! 東西食べ比べで「違いはダシだけじゃなかった」とオスカルが白目をむいて驚愕…

“どん兵衛は東日本と西日本で味が違う”というのはよく知られた話ですが、東日本仕様と西日本仕様の「日清のどん兵衛」を期間限定で全国で販売するという大好評企画がまたまた行われますよー!

しかも今回は、発売41年目となる「日清のどん兵衛」と連載開始から45年を迎える「ベルサイユのばら」が異色のコラボ! 「日清のどん兵衛 東西食べ比べ」6商品のパッケージに『ベルサイユのばら』の主人公 オスカルとマリー・アントワネットが登場しちゃうんですっ!!

→ 続きを読む

オスカルがトイレ掃除に苦悩…「スクラビングバブル×ベルばら」コラボ漫画のパロディが秀逸すぎる

ジョンソン公式サイトに公開されている『ベルサイユのばら』(池田理代子著 / 集英社)コラボレーション漫画、『ベルサイユのばぶる』を、あなたはもうご覧になったでしょうか。

トイレ掃除用品「スクラビングバブル」とのコラボだというこちらの漫画。オスカル、アンドレ、マリー・アントワネットなどなど人気キャラが総出演しているのですが、パロディのクオリティが高すぎるのです! トイレ掃除にオスカルが苦悩しアントワネットさま自らトイレ掃除してるっ! しかも「あはははは」と笑っていて、実に楽しそうです。王妃なのにトイレ掃除……!!

→ 続きを読む

【写真多数】「マリー・アントワネット展」に行ってきました / 幽閉時の肌着や原寸大の超豪華居室…ヴェルサイユ宮殿監修による高クオリティです

何度も映画化されていて、いちばん有名な王妃といえば、やっぱりフランスのマリー・アントワネット。ソフィア・コッポラ監督作『マリー・アントワネット』では、ドレスやマカロンの美しい色使いや、BGMにパンクロックを使うなど、斬新な演出が話題を呼びました。

そんなマリー・アントワネットの生涯をたどる展覧会「ヴェルサイユ宮殿 ≪監修≫ マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実」が、現在、六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで行われています。

日本でも大人気の王妃、マリー・アントワネットのすべてがつまった展覧会に行ってきましたよ〜。

→ 続きを読む

ベルサイユのばらLINE着せかえ「アントワネット編」「オスカル編」が麗しすぎる! レースにバラと女子の夢がたくさん詰まっているのです♪

LINEクリエイターズストアで配信中の「ベルサイユのばら」のLINE着せかえ「アントワネット編」と「オスカル編」、あなたはもうチェックしたかしら?

美しく誇り高き王妃マリー・アントワネットをフィーチャーした前者も、主役のオスカルを中心に主要キャストが勢ぞろいしている後者も、甲乙つけがたいほどに麗しいっ。LINEを開くたびにうっとりできるので、軽〜く現実逃避するにはもってこいですよぉ!

→ 続きを読む

オスカルさまが「ほな」って…LINEスタンプ「ベルサイユのばらですねん!」爆誕 / ベルばらキャラが所帯じみててウケる~

フランス革命期の宮廷を舞台にした少女漫画といえば、池田理代子先生の『ベルサイユのばら』です。日本の少女漫画界に大きな影響を与え、今も愛され続けている名作ですヨネ♪

そんな『ベルサイユのばら』の新しいLINEスタンプが登場したようです。どんな華麗なLINEスタンプなのか、ワクワク……って、ええええええ(笑)。オスカルさまが「ほな」って(笑)。

→ 続きを読む

【5月20日からの限定品】女子への手土産にもってこい♪ コラボ菓子「パンがないならフィナンシェを食べればいいじゃない!」伊勢丹新宿店にて期間限定発売中!

昨年パリでの販売を果たし、パリジェンヌたちの心をがっつり掴んだ菓子ブランド「女王製菓」が、ヴェルサイユ宮殿公認・ライフスタイルブランド「ROSA COMTESSE(ロザコンテス)」とコラボ。

待望の新プロダクトを、5月20日(水)から 5月26日(火)までの7日間、伊勢丹新宿店 本館1階 ザ・ステージにて限定発売するんですって!

→ 続きを読む

あまりの美しさにうっとり…プリンセスの世界が広がるデザートビュッフェがヒルトン東京に登場♪

5月19日(火)~7月31日(金)までの期間で開催される「恋するプリンセス」はまさに中世のサロンにいるかのような気分を味わえるデザートビュッフェ。

ヒルトン東京エグゼクティブペストリーシェフ、ダヴィッド・ギレマス氏が、ローズやベリーなど甘酸っぱいフルーツをふんだんに用いたオリジナルのキュートなデザート約30種類と、美しいデコレーションでラウンジを彩ります。

→ 続きを読む

【珍しいバービー人形】ヒッチコックの『鳥』、マリー・アントワネットなど

今年で発売55周年を迎えるバービー人形。これまでに実にさまざまな種類のバービーが売られ、人気を博してきました。

そこで今回は海外サイト「Barbie collector」より皆さんが目にしたことがないような、けれど過去に実際に売られていたことのあるバービー人形をご紹介いたしましょう。

→ 続きを読む

朝ドラ「花子とアン」の蓮子さんが経験した「一夜にして黒髪が総白髪に変わっちゃう」現象……これって本当にあることなの!? 

前回のNHK朝ドラ「花子とアン」の中で、息子を亡くした蓮子さんの黒髪が一夜にして真っ白になってしまいました。またよく知られたエピソードとして「悲劇の王妃マリー・アントワネットのブロンド髪が処刑への恐怖で総白髪になった」というものもあります。一夜で白髪、ちょっと怖いですよね!

けれど、記者(私)の周りにはストレスや恐怖が原因で黒髪が総白髪になったなんて人、ひとりもいません。蓮子さんのようなことって、本当にありうるのかしら。

そんな疑問をクリアにすべく、専門家の先生に「一夜にして黒髪が総白髪に変わることはあるのか」について尋ねてみました。

→ 続きを読む

主役はヴェルサイユ宮殿!? 美しく華やかでウットリな映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』【最新シネマ批評】

【映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します】

今回ピックアップする映画は、フランス・スペイン合作映画『マリー・アントワネットに別れをつげて』です。フランス革命やマリー・アントワネットを描いた映画は数多くありますが、これはアントワネットの朗読係の視点で、アントワネットとその時代を描き、また、今まであまり見られなかったヴェルサイユ宮殿の裏側も描いた興味深い映画です。

1789年フランス革命が勃発。王妃マリー・アントワネット(ダイアン・クルーガー)に心酔する朗読係のシドニー(レア・セドゥ)は、王妃の為なら何でもできるという、まだあどけなさの残る若い女性です。そんな中、バスティーユ陥落のニュースが宮廷内を駆け巡ります。王妃は混乱のさなか、寵愛するポリニャック夫人(ヴィルジニー・ルドワイヤン)を国外へ逃がそうとします。夫人も処刑者リストのひとりだからです。王妃の身を案ずるシドニーに「あなたを見捨てたりしないわ」と告げた王妃でしたが、最終的に彼女はシドニーに世にも残酷な仕打ちをするのでした……。

→ 続きを読む