「LINE」にまつわる記事

【ぎぼむす】佐藤健演じる麦田店長が使う「食パンが震えながら土下座する」LINEスタンプを欲しがる人が続出 → 実際に販売されてました!

TBS系で毎週火曜夜10時より放送中の『義母と娘のブルース』も、いよいよ来週で最終回。

“セミ・ファイナル” とでもいうべき2018年9月11日に放送された第9話では、みゆき(上白石萌歌さん)の義母である亜希子(綾瀬はるかさん)と、亜希子に想いを寄せるパン職人・麦田(佐藤健さん)が急接近!

亜希子の人生の節目節目になぜか必ず麦田が居合わせていたことが明らかになったり、ついに麦田が亜希子に “愛の告白” をしたりと、最終回前にふさわしいドキドキ展開だったんです。

ドラマ放送中、ツイッターで話題となっていたのが、麦田が使用していたLINEスタンプの存在。

→ 続きを読む

【どうしたの?】植物の相談に乗ってくれるアース製薬のLINEアカウントから全然返事がこない!? 問い合わせてみると超多忙なことが判明したよ

アース製薬のLINEアカウントに植物の写真を送って相談すると、丁寧に対処法を教えてくれる

2018年8月のはじめ、ツイッターでこの情報を得たわたしは、さっそくアース製薬のLINEアカウント「アースガーデン」を検索。ガーデニングとお絵描きが趣味だという “クマのまもるくん” を友達に追加して、植物に関する質問をぶつけてみたんです。

→ 続きを読む

【癒し系】ミニオン型のスマートスピーカーが登場するよ〜☆  話しかけるとミニオン語でおしゃべりもしてくれるんだって

音声操作が可能なスマートスピーカー。「グーグルホーム」や「アマゾンエコー」を使っている人も多いかと思いますが、キャラクター好きであればコレ一択かも!

2018年8月21日に発売されるのは、LINEのスマートスピーカー「Clova」のミニオンモデル! 見た目がとってもキュートなミニオン型になっていて、お部屋のマスコット的存在になってくれること間違いナシ。

しかも、このコたちってばなんと「BANANA(バナナ)」や「Bello(ベロー)」といったミニオン語でおしゃべりまでしてくれちゃうんですっ!! ミニオンがお部屋にいるみたいな気分になれて、毎日癒されちゃいそう……♡

→ 続きを読む

ローソンが『3月のライオン』とコラボ! 川本家3姉妹をイメージした店舗が月島に出現&原作に出てきたスイーツも発売されるよ♪

羽海野チカさん原作の大人気漫画『3月のライオン』が、この夏ローソンとコラボ! 2018年7月9日から、全国のローソンでキャンペーンを展開していいます。

今回のキャンペーンを一言で言い表すならば、ずばり “コラボの嵐” 。

コラボスイーツなんてまだ序の口で、東京・月島に人気キャラをフィーチャーしたコラボ店舗が出現したり、期間限定のゲームが登場したりと、これまでにないほどコラボ尽くしとなっているんです。

→ 続きを読む

【これスゴイ】溶けないアイスのお店が「アイスにプリント」するサービスをスタート! LINEから好きな画像を送るだけ★

Pouchでも度々ご紹介している溶けないアイスで話題の「KANAZAWA ICE (金座和アイス)」が、またまたユニークなアイスクリームを生み出しちゃったよ!!

それは「携帯のLINEから送られた画像をその場でアイスにプリントする」というもの! つまり世界にひとつだけのオリジナルアイスが作れちゃうんです。すでに3店舗で販売がスタートし、注目を集めているみたい!

→ 続きを読む

【本日から】あの安室透とLINEできるですってぇ!? 『名探偵コナン』映画大ヒット記念の書店フェア企画が胸アツすぎます

2018年4月13日に公開された劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』が、興行収入80億円を超える大ヒットを記録。これを記念して、本日6月16日より全国の一部書店で開催されるのは、安室透と沖矢昴の名刺がもらえるキャンペーンです。

安室さんといえば、今回の映画の主役的な存在。

私立探偵・安室透、黒ずくめの組織のメンバー・バーボン、そして公安警察ゼロ所属の降谷零という3つの顔を持つミステリアスさ。そして甘いマスクからは想像もつかないワイルドかつ破天荒な振る舞いが、多くの女性ファンの心をつかんで離しません。

→ 続きを読む

“お金立て替えあるある” 動画に納得の嵐! 「今、お金払えないから」を理由に調子に乗る部下や女友達の様子をご覧ください

「貸したものが返ってこない」ということは、ままあるもの。

「貸したほうはずっと覚えているにもかかわらず、借りたほうは忘れてしまうことが多い」というのも原因のひとつなのでしょうが、もしも自分が “貸したほう” だったらヤキモキしてしまいますよね。

そしてその “貸したもの” がお金だったとしたら、モヤモヤ感はさらに募ります。

LINEがYouTubeに公開している動画シリーズ『立て替えあるある』は、まさしくお金の貸し借りについて取り上げたもの。出てくる事例がことごとく既視感ありすぎて、「わかるわ~~~!」と声が漏れてしまうことウケアイなんです。

→ 続きを読む

LINEのトークで専門家に恋愛やダイエットなどの相談ができる!! LINEの新サービス「トークCARE」は悩める乙女の強~い味方です

今や私たちのコミュニケーションツールとして欠かせない「LINE」。さまざまなサービスを提供していますが、このたび新たにスタートしたのが「トークCARE」です!

こちらは、恋愛や美容、ダイエットなどさまざまなジャンルの専門家にLINEのトーク上で直接相談できるというサービスなんだとか。使い慣れたLINEを使って友達感覚でプロのアドバイスをもらえるだなんて……スゴくない!?

→ 続きを読む

マルフォイの扱いがひどい! ハリーポッターのLINEスタンプが全力でふざけている件 / 「テンション高まるフォイ」ってなんやねん

世界中に熱狂的なファンを持つ映画『ハリー・ポッター』シリーズが、なんとこのたびLINEスタンプになって登場。ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメントによって、LINE STOREにて2018年5月22日より配信を開始しています。

スタンプになっているのは、主人公のハリーに、仲間のロンやハーマイオニー。スネイプ先生、マルフォイ、ダンブルドア校長、ドビーなど、おなじみのキャラクターばかり。ファンにとってはたまらない面々が勢ぞろいしているわけなのですが……。

このスタンプ、相当ジワジワ度が高めなんです。

→ 続きを読む

ミッキーやキティちゃんなど人気キャラが「LINE絵文字」に新登場! スタンプとセットで使うとかわいくなること間違いナシだよ♡

LINEといえばスタンプが人気ですが、2018年4月19日に発売されたのは、LINEでのトークがもっと楽しくなりそうな「LINE絵文字」

「ミッキーマウス」に「ハローキティ」、さらにはブラウンやチョコといった「LINEキャラクターズ」などなど、計5シリーズの人気キャラクターが合計200種類の絵文字になって登場しました。

今や絵文字は、文字の代わりに使えるコミュニケーションツールとして、無くてはならない存在。日本ではもちろん海外でも “emoji” として広く愛されています。

→ 続きを読む

最近の大学生って大変だね…大学4年間をまとめた動画「キャンパラダイス」の内容がとにかくヤバい「入学ぼっち回避」「エゴサ最適化」など

バブリーダンス” で日本中から注目を集めた登美丘高校ダンス部の元キャプテン、伊原六花さんが、LINEによる最新動画『キャンパラダイス 〜イマドキの大学4年間を4分でまとめてみた〜』に出演。卒業後はじめて、演技とダンスを披露しています。

動画シリーズ『LINE みんなのものがたり』の最新作として2018年4月2日より公開されたこの作品は、実際に大学生にヒアリングをした内容をもとに作られているそう。歌詞に出てくる活用術や用語も大学生が監修していて、タイトルそのまま “イマドキの大学生のリアルな大学生活” をのぞき見できるような仕上がりとなっています。

→ 続きを読む

10代の恋愛調査がひたすらに切ない! 甘酸っぱい調査結果を元に作られた「告白ムービー」は大人も切なくなります

30代のわたしが10代だった頃、告白の定番は、手紙か電話か呼び出し(たいてい体育館裏)。当時は女子中高生の通信手段がポケベルから携帯電話へと移行していく最中だったので、まだまだ紙に書いたラブレターが主流だったような記憶があるんです。

そうして時代は移り変わって、現代の女子中高生の連絡手段はもっぱらLINEのよう。しかし世の中がいくら変わろうとも、人を好きになる気持ちは昔も今も変わらないみたいです。

→ 続きを読む

マルーンカラーがかわいい阪急電車のLINEスタンプが登場しました / 「神戸三宮」や「河原町」の駅名看板スタンプもあるよ!

人気キャラクターとのコラボグッズや、マルーンカラーのクーピーペンシルなど、さまざまなオリジナルグッズを展開している阪急電鉄。このほど、「Hankyu Densha」シリーズ初となるLINEスタンプも発売されたよーっ!

阪急電鉄グッズは阪急沿線の「アズナス」や「アズナスエクスプレス」、「カラーフィールド」などで販売されていて、遠方に住んでいるとなかなか入手できないわけですが、LINEスタンプならいつでもどこでもすぐに買えていいかも!

→ 続きを読む

【過保護のカホコ】最終回前日に「ボイス付きLINEスタンプ」が登場! オススメは竹内涼真「大好きだよ」と平泉成「母さん」です♡

2017年9月13日にいよいよ最終回を迎える日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』。

その前日にインスタグラムで嬉しい報告をしてくれたのは、主演の高畑充希さん。なんとこのタイミングで、ドラマオリジナルのLINEスタンプ(240円)が発売されたというのですっ。しかも出演者によるボイス付きと、超豪華なの~!

→ 続きを読む

「グループLINEいじめ」がテーマの会話劇に鳥肌が止まらない / LINEがきっかけで部活仲間が自殺…かばった自分がいじめの標的に

学校が夏休みに入ると、友人同士のコミュニケーションの場はLINEなどのSNSがメインになります。30代半ばのわたしにとっては信じられないことですが、これが今の10代のスタンダードなんですもんね……時の流れを感じるう!

こういった時代背景もあってか、ここ数年よく聞くのがネットを通したいじめです。

グループLINE内でいじめが起こる一部始終を “会話劇” として映像化したのは、小劇場を中心に活躍中のネット演劇ユニット「週刊パラドックス」。LINEグループ内でのいじめがおき、そのうちの1人が自殺をはかり、かばった自分が今度はいじめの標的になるという展開です。

2014年にYouTubeに公開されたこの作品は、BGMは一切なし。LINE上のみで繰り広げられる会話劇はあまりにもリアルで、見終わった後しばらく、胸のドキドキが収まりませんでしたよ……。

→ 続きを読む

【過保護のカホコ】LINEの「AIカホコ」の反応がじわじわ面白い / ママや星野源そしてAI女子高生りんなについて聞いてみると…!

日本テレビ系で毎週水曜夜10時より放送中のドラマ『過保護のカホコ』。麦野くんとの恋模様、過保護すぎるママとの関係の変化などなど、ドラマの展開自体も気になること満載なのですが、実はこのドラマには「AIカホコ」というスペシャルコンテンツが存在するのです。

LINEで「AIカホコ」と検索、お友達登録をするとAIカホコが会話をしてくれるというもので、「AIカホコ」は会話をすればするほど賢くなっていくそう。ドラマ内で経験したことを元に、会話の内容も成長していくんですって。

→ 続きを読む

『JKのLINEあるある』動画があるあるすぎるううう!!! 「好きな人かと思ったら別の人」「変な所さわって謎のスタンプを誤爆」など

2017年7月14日、LINE JapanがYouTubeに公開したのは、『JKのLINEあるある』動画です。

「さあ始まりました、JKのLINEあるある。はたしてどんなあるあるが飛び出すのでしょうか」といった具合に冷静な実況解説が流れる中、画面に映るのは、大好きな先輩とLINEのやり取りをするJK・吉田。

LINEがやってくるたび笑顔になったり怒ったり落ち込んだりするその姿に、自分を重ねる人は少なくないはず。というかコレ、完全にわたしやないか!!!

→ 続きを読む

臓器の本音が止まらないLINEスタンプが攻めてるぅ! 胃「おいしー」脳「ガーン」など

数かぎりなくあるように思えるLINEスタンプの中から本日紹介するのは、臓器のスタンプ。「臓器の喜怒哀楽」と名付けられているだけに、心臓さんが「ズキューン」と胸キュンしていたり、脳くんが「ガーン」とショックを受けていたりして、かなりシュールでございます。

ロック・ゴシックをテーマとするユニセックスブランド「DrugHoney(ドラッグハニー)」からリリースされたこのスタンプは、テキスタイル専門コンペサイト「アトリエサーカス」の特別企画『LINEスタンプコンペ』の優勝作。作者のton汁さんによる「カラフル臓器さんたち」という作品でして、臓器さんたちが表情豊かに気持ちを代弁してくれています。

→ 続きを読む

上司や仕事の人とLINEやFacebookでつながるのはアリ? ナシ? アンケートは圧倒的にナシでした

職場の上司や仕事の関係者とFacebookやLINEでつながっている。そういう人も、おそらく珍しくないでしょう。けれども、相手とつながりを持ちたくてつながっている人と、致し方なくつながっている人との間には、大きなへだたりがあります。

実態はどうなのか気になって、アンケートサイト「みんなの声」による調査「あり? なし? 仕事のつながりの人のLINEやFacebook」をチェックしてみました!

→ 続きを読む

【ダンスィの日常】小1男子「さーくん」が描いたLINEスタンプがほのぼのする!「外であそぶ?」「おんどくめんどくさい」にキュン

LINEでやりとりするときに欠かせないLINEスタンプですが、現在ネットでちょっとした話題になっているのが「小1男子の日常」

販売者の「オオタタカコ」さんの息子さんが描いたと思われるイラスト40点のスタンプなのですが、小1男子の日常が詰まっていて、非常にほのぼのするんです! 「外であそぶ?」「おんどくめんどくさい」など、見ているうちに自分も小1のころに戻った気分になって、なんだかキュンとしちゃいます。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7