「阿部サダヲ」にまつわる記事

【最新シネマ批評】映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』でまさかの涙! 奇妙な世界に感動が秘められた傑作でした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、ドラマ「時効警察」などの三木聡監督の最新作『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(2018年10月12日公開)です。

イジョーに長いタイトルですが、このタイトルが物語のすべてを表しています。というか、一人の女性シンガーの人生を変える言葉なのです! 爆笑コメディを装いつつ、けっこう胸にグサっとくる映画でありました! では物語から~。

→ 続きを読む

映画『音量を上げろタコ!』の吉岡里帆と阿部サダヲの歌が上手すぎると話題に! 作詞作曲を務めているのは“あいみょん” です

2018年10月12日に公開される映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!』

阿部サダヲさん演じる“声帯ドーピング”による“驚異の歌声”をもつロックスター・シンと、吉岡里帆さん演じる声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか。この2人が崩壊寸前となった、シンの最後の歌声をめぐって、謎の組織から追われる……というロック・コメディらしいのですが、とにかくクセがすごい。

その主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」のミュージックビデオが2018年9月26日からYouTubeで公開されたのですが、吉岡里帆さんと阿部サダヲさんの歌があまりにもうまくてビックリ!

→ 続きを読む

映画 『彼女がその名を知らない鳥たち』は全員ゲスなのに涙が止まらない傑作! ラストの伏線回収に鳥肌が止まらない【最新シネマ批評】

【最新シネマ批評】
映画ライター斎藤香が最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、レビューをします。

今回ピックアップするのは、沼田まほかるのミステリー小説を映画化した作品『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年10月28日公開)です。

沼田まほかるの原作小説を映画化した作品には、このほか2017年9月に公開された『ユリゴコロ』(吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチ出演)があります。

今回のヒロインも「ユリゴコロ」同様にゲス女です。というか『彼女がその名を知らない鳥たち』に登場する男女は、すべて最低人間ばかり。けれども、これが思いがけない感動作なのです。

→ 続きを読む

税金を取られてばかりでなるものか~! 一致団結した庶民 VS 殿様のお金バトルがめっちゃ楽しい時代劇『殿、利息でござる!』【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今回は久々、時代劇をピックアップ。阿部サダヲ主演の時代劇『殿、利息でござる!』(2016年5月14日公開)です。

この映画は大ヒット映画『武士の家計簿』と同じ、磯田道史の評伝を映画化。江戸時代の金銭問題にスポットをあてているのは一緒ですが、前作の映画は家族問題だったのに対し、今回は藩の問題。あまりの重税に苦しんだ庶民が一致団結して立ち上がり、奇抜なアイデアで藩主に立ち向かっていく姿を人情と笑いで描いていきます。

阿部サダヲ主演映画なので、てっきり大爆笑系かと思ったら、ほっこり感動できるいい映画なんですよ~。では、いってみましょう!

→ 続きを読む

実写映画「寄生獣」のミギー役が阿部サダヲさんに決定!/ ツイッターの声「そう来たか!」「ピッタリ! 早く観たい!」

ファンの間で注目されてきた、マンガ「寄生獣」の実写化映画。主人公の泉新一役に染谷将太さん、田宮良子役に深津絵里さんなどキャストが続々発表されるなか、ようやくアノ役のキャストが決定したそうですよ!

アノ役とはそう、同漫画においてなくてはならない存在、新一の最強の相棒、寄生生物ミギーの役でっす! (っていうか、ミギーにも俳優さんが必要なのね! いや、これは失礼!!)

→ 続きを読む