「ウェディングフォト」にまつわる記事

「親友の男の子と結婚式を挙げたい」手術を控えた5歳の女の子の夢が現実のものに! 幸せいっぱいのウェディングフォトが完成しました

小さな男の子と女の子が、手に手を取って結婚式を挙げる。まるで映画『小さな恋のメロディ』を現実化したかのような可愛らしいウェディングフォト! 花嫁さんはアメリカ・コネチカット州に暮らす5歳の女の子、ソフィア・チアパロネ(Sophia Chiappalone)ちゃんです。

幸せそうに笑みを浮かべるソフィアちゃんですが、実は壮絶な経験の持ち主。遺伝性の重い心臓病を持って生まれてきたソフィアちゃんは、2歳まで生きるのさえ難しいといわれていたようなんです。

→ 続きを読む

【これも記念】美しいウェディングフォトを影で支える友人の努力が激写された瞬間

19結婚式で、花嫁の付添人を務める女性たちのことを、ブライズメイドと呼びます。

花嫁の身の回りをサポートをするブライズメイドの中で、もっとも重要なのが「メイド・オブ・オナー(Maid of Honor)」と呼ばれる役割。付添い人の指揮を執る人にあたり、花嫁の親友や姉妹が引き受けることが多いみたいです。

カナダの西部に位置するアルバータ州で行われた結婚式で、メイド・オブ・オナーを務めたのは、新婦レベッカさんの親友・シャリリン(Sharilyn)さん。

→ 続きを読む

りゅうちぇるとぺこの結婚式のテーマは「アメリカンレトロ」♪ 2人のセンスがさく裂していて、なにもかもが可愛すぎます

2017年9月10日、タレントのぺこさんとりゅうちぇるさんが結婚式を挙げました。コングラッチュレイション!!!

2人は自身のインスタグラムやツイッターに結婚式の写真を次々投稿していたのですが、これがもう可愛いのなんの。

りゅうちぇるさんのインスタグラムによれば、内容にとことんこだわったために「2人でケンカもたくさんした」そうなのですが、結果としては「今までの努力がすべて報われるような」「想像以上の、世界一可愛くて最高の式」になったとコメントしていました。

→ 続きを読む

ブライズメイドを頼める女友達がいないから男友達に頼んだ結果 → 最高にハッピーなウェディングフォトが完成!

ここ数年、日本でも定着しつつある「ブライズメイド」

「ブライズメイド」は、花嫁側のゲストがおそろいの髪飾りを付けたりドレスを着たりして、花嫁をサポートし結婚式を盛り上げる役のことをいいます。「ブライズメイド」の役割を担うのは通常、花嫁の女友達です。

しかしブラジルに住む24歳の美しき花嫁、レベッカ(Rebeca Abrantes)さんは悩んでいました。なぜならレベッカさんには、「ブライズメイド」を頼める女友達がいなかったから。

→ 続きを読む

レズビアン2人のウェディングフォトが幸せに満ち溢れていて美しい「子供たちに『ありのままでいいのだ』ということを伝えたい」

きらびやかなドレスに身を包み、森に佇んでいるのは、ヤロンダ・ソルセン(Yalonda Solseng)さんとカイラ・ソルセン(Kayla Solseng)さん。衣装や小道具を見るに2人はそれぞれ、ディズニープリンセスのシンデレラと『美女と野獣』ベルに扮しているようです。

美しいプリンセス写真の正体は、ウェディングフォト。撮影を行った「Taylor Snyder of Taylor Snyder Art & Photography 」のフェイスブックに投稿されている写真はどれもとーっても幸せそう!

→ 続きを読む

渋谷区のウェディング専門フォトスタジオに「LGBTカップル向けのプラン」が登場! 写真を残したいお二人なら要チェックです☆

渋谷区では、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認めるパートナー証明書を発行する、全国で初めての条例が区議会で可決されました。

そこで同区にあるウェディングフォト専門スタジオ「STUDIO NAGANUMA」では、LGBTを含むセクシュアル・マイノリティ(性的少数者)カップルを対象としたフォトウェディングプラン『PHOTO WEDDING for LGBT』をこの10月からスタート。

「結婚式は予定していないけど、写真は残しておきたい」と考えるカップルには、注目の内容となっているみたい!

→ 続きを読む