「家事」にまつわる記事

【どう思う?】家事に忙しく「ちょっと待ってね」の母親のそばで父親は見守るだけ? ユニバーサルホームのCMに賛否の声、中には幽霊説も…

タレントの藤本美貴さんが出演する住宅メーカー「ユニバーサルホーム」のCMがちょっとした話題となっています。

料理に掃除に洗濯にと大忙しのミキティママ。そこへ容赦なく「ママあそぼー!」という子どもの声がかかります。そのたびに「ちょっと待ってね」と答えていたママですが……。

「新居にて」というテロップが出たあとは、子どもが「ママ~」と声をかけると、台所に備え付けの食洗機のスイッチをピッ。そして娘へ笑顔で「あそぼっか」とひとこと。「やったぁ!」と喜ぶ子ども。夫も「ちょっと待ってねって言わなくなったね」とミキティママをねぎらうのでした。

新居にして暮らしやすくなってよかったね……という、幸せ家族を絵に描いたようなCMに思えますが、いったいどこが視聴者の気にかかったんでしょうか? それは……夫である父親のリアクション!

→ 続きを読む

【切実】共働きママがいちばん欲しいのは「自由な時間」家庭での家事分担率は「ママ9:パパ1」がもっとも多い調査結果に

出産しても仕事復帰する女性が多い現代。共働きということは家事や育児についても夫婦で分担することが当たり前になるかと思いますが、では実際には皆さん、どのぐらいの割合で分担しているんでしょうか?

それがうかがえる調査結果があったので、ご紹介します。株式会社ベネッセコーポレーション発酵の主婦向け生活情報誌『サンキュ!』とP&Gが共同でおこなった、共働き家庭がかかえる課題についての調査

この結果を見てみると、なかなか切実というか、日々時間に追われるなかで仕事に育児にと奮闘している母親たちの姿が浮かび上がってくるんです。

→ 続きを読む

【本音レビュー】子育て中の私が『嫌なこと全部やめたらすごかった』に共感したワケ / 「家事と育児は外注&やりたいときだけ」だってアリ!?

これまでにない猛暑が続く2018年夏。熱中症の危険もかえりみず、炎天下のもとで体育の授業がおこなわれたり、「クーラーは甘え」だとして教室に設置するのに反発する声があったりなどの話を聞いて、こう思った人は多いのではないでしょうか。「我慢は美徳」みたいな価値観はもう時代遅れだ、と。

でも、「我慢は美徳」という価値観は、まだまだ家事や育児にもまかり通っているように私は感じています。たとえば「食洗機はただの手抜き」「子どもができたらオシャレは後回し」とか。

そして、こうした空気を感じ、「結婚しないほうが気楽でいいや」「今の状況じゃ子どもなんてムリ!」って思う人が増えているような気も。

でも、もし「犠牲と我慢? そんなん必要ナシ」「嫌なことはしなくていい!」って言われたなら……? それならもう少し肩の荷が軽くなって、結婚や出産に前向きになれたり、生きやすく感じたりする人も多いんじゃないでしょうか?

今回ご紹介するのは『嫌なこと全部やめたらすごかった』(小田桐あさぎ/WAVE出版)という本。実際に著者は好きなことだけをして最高の幸せを手にいれているそうで、これは仕事・家事・育児の両立という無理ゲーを攻略するための「ショック療法的な一冊」といえるかもしれません。

→ 続きを読む

【あるある】ツイッターの「#名画で学ぶ主婦業」に共感の嵐! 「選挙カーの声で子供が目を覚ました」「レゴ踏んだら激痛」が古今東西の名画に…

主婦の皆さん、毎日おつかれさまです。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

休日といえども家事や子どもの世話に休みはないわけで、「連休とは……」という気分になっていた私の息抜きがこちら。

ツイッターの「#名画で学ぶ主婦業」。もうどれもこれもあまりに共感度が高すぎて、スマホを見ては「あるわー」「わかるわー」と爆笑しながらひとりごとを言うという、周りから見るとかなり危険な人状態に。

すでにネットでは話題となっている「#名画で学ぶ主婦業」ですが、いま初めて知る方もいるかもしれませんのであらためてここでご紹介しましょう。

→ 続きを読む

フルタイムの共働き夫婦の家事分担率、夫は平均で30%!? 実際はどうなのか周りの共働き夫婦にも聞いてみた!

女性の社会進出が進む昨今。昔は専業主婦が当たり前の時代もありましたが、現在では家庭における夫婦の役割分担もずいぶんと変化してきたことと思います。

このたび公表されたのは、2017年の夫婦の家事分担状況を調べたアンケート結果。それによると、共働きの夫婦で「妻がほとんどの家事を担っている」家庭は30%なのだとか!

「ちょっと男子~、もっと家事に協力してよ~!」なーんて思っちゃいますが、実際のところはどうなんでしょうか? Pouch 編集部周りにいる共働き夫婦にも聞いてみました。

→ 続きを読む

ツイッターで妻たちをトキめかせている “あるハッシュタグ” が大人気! 「育児に積極的なパパは男として見れない」に反抗して生まれました

料理に掃除、洗濯、ゴミ出し……家の中の仕事というのはいろいろあります。さらに結婚して子どもができると、そこに家族分の家事と子育てという大きな仕事がくわわります。

先日ツイッターで議論となったのが、「夫が積極的に家事育児を手伝うと、夫は妻から男性として見られなくなるだろう」というもの。

これに対して世の女性たちが大反論! ツイッター上には家事育児をする男性がいかにセクシーかという画像が貼られまくるという、ちょっとしたお祭り騒ぎとなっています。

→ 続きを読む

【もっと広まれ】9月25日は「主婦休みの日」だよ! 365日稼働している主婦はゆっくり休んでください★

Pouch でたびたびお伝えしてきた「主婦休みの日」が、すぐそこまで迫ってまいりました。

「主婦休みの日」は2009年4月、女性向け生活情報誌などを発行するサンケイリビング新聞社が提唱。「主婦の元気がニッポンの元気になれば」との思いのもと、1月25日5月25日9月25日を「主婦休みの日」としています。

「ガールズスタイルLABO」が20代から30代の女性162人を対象に行った「主婦の息抜き」に関する調査によると、「主婦にとって、どれくらいの頻度で休みや息抜きが必要だと思いますか」という質問でもっとも多かった答えが「毎週(53.7%)」でした。

→ 続きを読む

作り置きには「オーブンペーパー」がめちゃ使えるみたい / 料理本『離れている家族に 冷凍お届けごはん』のアイデアに目からウロコ

家でのごはんやお弁当のおかずは、時間がある時にまとめて作って冷凍するという方は少なくないことでしょう。

わたしも「週末に一気に作って冷蔵庫や冷凍庫へ放り込む」というのをよくやるのですが、そういった場合、ふたつきの保存容器やジッパーのついたビニール袋に入れるのが定番。

しかし料理家の上田淳子さんによる料理本『離れている家族に 冷凍お届けごはん』(1300円 / 講談社)によれば、容器や袋の代わりにオーブンペーパーを使えば、手間もなく後処理も簡単だというのですっ。

→ 続きを読む

1月31日は奥さんに「愛してる♡」と「家事やるよ」を伝えてみて / 既婚男性の家事事情がわりと切ない結果だったのだ…

1月31日は「愛妻の日」です。

この日にちなんでワタベウェディングが行ったのは、20代から40代の既婚男女402人を対象にした「家に関する意識調査」。「パートナーの家事に対して満足していますか」という質問をしたところ、男性では78%、女性では53%が「満足している」と答えていたのだそうです。

しかし、この回答で気になる点が……。男性の満足度は、どの年代も70%以上で、40代が一番高いのに対し、女性は年代を追うごとに満足度がどんどん下がっているのですっ。

→ 続きを読む

【1月25日は主婦休みの日】今日ぐらいは堂々と家事を休んじゃおう! ちなみに1年に3回ありますぞ!!

「主婦に休みはない」なんて言いますが、ほんとですよね。ズボラ主婦を自認する私ですが、それでも祝日だろうが連休だろうがおかまいなしに最低限の家事や育児は発生しますもの。

いや、むしろ夫や子どもが家にいる休日のほうが、3食分の食事を考えなければいけないわ、部屋がみるみるうちに散らかるわ、と気が休まらなかったりするものです。

それじゃいけない! 主婦にもまる一日、何もしないで過ごせる日があるべきだ! というわけで、1月25日が「主婦休みの日」であることを、じゃんじゃん広めていきたいと思います。

世の中の主婦のみなさん、1月25日は家事を休みましょう!

→ 続きを読む

どのくらいのペースで掃除しているか本音調査! 毎日しているひともいれば全然やらないひとも…その結果、離婚の原因に!?

やらなきゃいけないけど、正直めんどうだと思うこともある「掃除」。みなさん、どのくらいの頻度で掃除していますか? 少しずつ毎日? または、まとめて週1回? いや、もっとまとめて、月1回? みんなのお掃除事情、気になりませんか。

今回は、日本最大級のQ&Aサイト「教えて! goo」から、「掃除はどのくらいしますか?」についてのQ&Aをご紹介します。

→ 続きを読む

【未来キターーー】洗濯物を自動でたたむマシンが登場! 蒸気でしわを取って香りもつけてくれるそうな

洗濯は、ほぼすべての過程をマシンが担当してくれるので、その点を考慮すると比較的 “ラクな家事” ともいえます。

洗濯は洗濯機が、乾燥は乾燥機が、担当してくれる。だけど洗濯物をたたむという行為を担う機械だけは、存在しない……。ほんのちょっとしたことだけれど、多忙な現代人にとってこの時間を捻出するのは、なかなか難しいこと! この部分をやってくれるマシンがあればいいなー……

なんて思っていたら! ついに登場したのが、『FoldiMate』。乾いたシャツやパンツを自動でたたんでくれる、洗濯物たたみ機なのです!

→ 続きを読む

ディーン・フジオカさんが家事コンシェルジュに! ダスキン新CMでささやく「お待たせしました奥様」が素敵すぎる!!

NHK連続テレビ小説『あさが来た』の五代さん役で大ブレイクを果たした俳優のディーン・フジオカさん。主婦の皆さんからの人気も高いですが、そんな彼がこのたび就任したのは“家事シェルジュ”(家事+コンシェルジュの造語)!

テレビCMで「お待たせしました奥様……全て私にお任せください!」と優しくも頼もしい言葉をささやいてくれちゃいます。

疲れてる身にこんなこと言われたら、そりゃもう全力でお任せしちゃいますって!!

→ 続きを読む

料理もしないし掃除もしない……「いっさい家事をしない妻」に夫がブチ切れ&とうとう妻を訴えて裁判に発展!

イタリア・ローマの南、のどかな田園地方ソンニーノで、47歳の夫が42歳の自分の妻を訴えた! その驚くべき理由は、なんと「妻が家事をしなかった」から。

ウェブサイト「Il Fatto Quotidiano」によれば、妻が料理や掃除をしないので、食卓についても食事は出てこないし、家も全然片付かない。ついにはベッドルームも追い出されるしで、踏んだり蹴ったり。

→ 続きを読む

主婦は堂々と休むべし! 1月25日は「主婦休みの日」!! 年中無休で頑張る主婦がリフレッシュするための記念日です♪

今日、1月25日は「主婦休みの日」です。そう、年に3回ある「主婦休みの日」のうちの一日が今日なのです!

「主婦休みの日」、キタァー!!!

日ごろ、家事や育児がタイヘンで、自分磨きをする時間もなければリフレッシュする時間もない……なんて主婦のみなさん、「主婦休みの日」だしのんびりしてみてはいかがでしょうか!

→ 続きを読む

【主婦歓喜】ここまでお手伝いしてくれるなんて…!“家事力高い”わんこ&にゃんこ3選

主婦に限らず、毎日ネバーエンディングな家事と格闘しているみなさん、お疲れ様です!

以前ご紹介したお手伝いができるボーダーコリーのペイジちゃんと同じくらい、いや、もしくはそれ以上に家事能力が高いわんこを発見したのでご紹介いたします。

今回のご紹介するどエライわんこ、バロンくんができる家事は、食器洗い機に食器を入れることをはじめ、洗濯機から洗濯物の出し入れ、テーブルなどの乾拭き、床の乾拭き、掃除機がけまで出来ちゃうそうです! こりゃ、大助かりですね!

→ 続きを読む

クックパッドが「時短」についてアンケートを実施 / 家事の第1位「食後の片付け」2位は「料理」がランクイン

30代から40代は、男女ともに人生において最も多忙といえる時期です。でも、持てる時間は1日24時間、それは誰でも平等なわけで……。それなら少しでも “時短” したい! それが多くの人の共通の思いなのではないでしょうか。

クックパッド株式会社が、5月26日(火)〜5月29日(金)の期間において、クックパッドユーザー2837名(女性2515名 / 男性322名)を対象に、時短に関するアンケートを実施。その結果、興味深い結果が判明しました!

→ 続きを読む

これは便利!  お皿をはさみこむようにしてゴシゴシできるスポンジを発見ッ!

まずは表面をゴシゴシ、お次は側面をなぞるようにしてこすって、最後は裏面を、またゴシゴシ。お皿を洗う際って、まあ、こんなもんですよね。

この動作の無駄を省いてくれる逸品が、海外サイト「Behance」に登場。韓国ソウルのインダストリアルデザイナー、Nae-ra Yoonさんがデザインしたのは、 “お皿をはさみこむようにしてゴシゴシできる” 形状の、ありそでなかったスポンジなのであります。

→ 続きを読む

猫の手を借りよう!! 水で汚れが落ちる「ネコの手袋モップ 」で楽チンお掃除

猫の手を借りたいほど忙しい…… わけでもありませんが、貸してくれる手はどんどん借りたい。

というわけでちょっと役立ってくれそうな猫の手を見つけちゃいましたヨ。

→ 続きを読む

【あなたはどう?】働く主婦の4割が「家事があまりできていない」と感じていることが判明 / できていない家事1位は「部屋掃除」

昔から言われていることだけれど、仕事と家事の両立ってなかなか大変なものです。疲れて自宅に帰ってきて、ゆっくりする間もなくごはんを作ったり、洗濯物を片づけたり……自分が納得するまで家事をするなんてムリ!

ソフトブレーン・フィールドは、30~40代の主婦を対象に「家事」についてのアンケート調査を実施(有効回答数:1038名)。その結果、働く主婦の4割が「家事があまりできていない」と感じていることが明らかになりました。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2