鷺ノ宮やよい (Yayoi Saginomiya)

ライター

三重県出身。媒体に応じて硬軟さまざまなタッチで書き分ける三十路フリーライター。慢性眼精疲労。昭和生まれ昭和育ち、ぴょんぴょん読者な奴はだいたい友達。先日、『おそ松くん』を知らない『おそ松さん』好きにリアルで遭遇し「恐れていたこの時がついに来たか」と震えた。

「鷺ノ宮やよい」担当の記事

【腹ペコ女子のマンガ料理】あったかつめた甘~~い! 「リンゴ ✕バニラアイス✕食パン」で超お手軽おうちカフェ!(『きのう何食べた?』4巻より)

男性の前では乙女のフリをしていても、実際のところは「あーあ、今日も夜ゴハンは松屋で済ませちゃった。しかも贅沢に豚汁付き。うはww」なんて日々を過ごしている女子も多いはず。

実は記者もそうで、ここのところ、すっかり女子らしい食べ物からは遠ざかっていた日々を過ごしておりました……。で、ふと気づいたわけです。「なんか最近、女子らしいもんって食べてないなー」と!

そんなときに見つけたのが『きのう何食べた?』(よしながふみ/講談社)で出てきたお料理。

→ 続きを読む

【腹ペコ女子のマンガ料理】『孤独のグルメ』より/ うどんつゆに麺を入れた鳥取名物「スラーメン」は意外にもラーメンでウマッ!!

久住昌之さん原作、谷口ジローさん作画によるマンガ『孤独のグルメ』。独身中年男性・井之頭五郎がただ食欲のおもむくままにひとり飯を楽しむ、ただそれだけのマンガ。だが、それがいい! ということで、今年に入ってからはテレビ東京にてドラマ化もされ、ゴローちゃん人気は高まるばかりです。

現在は週刊誌「SPA!」にて不定期連載中。今月発売の5月15日号ではゴローちゃん、なんと鳥取へ! 鳥取市役所の食堂にて「スラーメン」なるものを食べておりました。

→ 続きを読む

【腹ペコ女子のマンガ料理】カリッ、ジュワッ!! 禁断の絶品「コンビーフ炒め」にとろ〜り目玉焼き!「コンビーフ茶漬け」で〆(『深夜食堂』5巻より)

皆さん、『深夜食堂』(安倍夜郎/小学館)というマンガをご存じでしょうか? 現在、『ビッグコミックオリジナル』にて連載中、小林薫さん主演でドラマ化もされている人気作品です。

営業時間深夜0時から朝7時までという一件のめしや。メニューは豚汁定食にビール、酒、焼酎、それだけ。あとは勝手に注文してくれれば、できるものなら作るっていうのがこの店のやり方。過去にちょっとワケありっぽいコワモテな店主と、彼のもとに集まる常連客たちとの交流を1話完結で描いています。

その『深夜食堂』、5巻を読んでモーレツに作ってみたくなったのが「コンビーフ炒めに目玉焼きのっけたの」と「コンビーフのお茶漬け」。……夜中に太る? そんなん知らん。とにかく作ってみるべし!

→ 続きを読む

【腹ペコ女子のマンガ料理】『めしばな刑事タチバナ 5巻』より/ 激安タイカレー缶詰(105円)で超ズボラな本格タイ料理ができるんですわ

うら若き女性には一見、縁がなさそうな男性向け週刊誌『週刊アサヒ芸能』。でも、女子が好きそうなグルメ漫画(略してグルマン)が載っているなら話は別。Pouch編集部随一のグルマンハンターである記者としては、チェックしないわけにはいきません!

今回のターゲットはマンガ『めしばな刑事タチバナ』(著:坂戸 佐兵衛、イラスト:旅井 とり/ 徳間書店 )。ストーリーは、城西署の刑事・立花が牛丼や立ち食いそばなどのB級グルメについて、ウンチクや思い入れを熱~く語るというもの。

そんな『めしばな刑事タチバナ』5巻より、なんとも衝撃的な事実を発見してしまいました!

→ 続きを読む

4,242個のルービックキューブを使って作られた巨大なモザイクアートがスゴイ!

ルービックキューブといえば、同じ色を揃えて遊ぶ立体パズル。誰もが一度は挑戦したことがあることと思います。しかし、もともとの用途以外の使い方をしたことがある人がこれまでにどれほどいるでしょうか?

これから紹介するのは、「ドリームビッグ」と名付けられたあるプロジェクトに関するニュース。Pete Fecteauというアーティストが、4,242個というもの膨大な数のルービックキューブを使ってマーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)のモザイク壁画を完成させたのです! → 続きを読む

自然の素材を利用してトリックアート写真を撮ってみよう!

「トリックアートの写真を撮る」というと、トリックアートが揃う美術館に行って中で写真を撮る、という想像をする人も多いでしょう。

けれど今回、ご紹介するのは海外サイト「WEB Urbanist」より、夕陽や雲など自然のアイテムを利用して撮影するトリックアート。これなら美術館に行かなくても、自然にあるものを使ってかわいいトリックアート写真が撮れちゃいます!

では早速、自然の素材を例に出しながら見ていきましょう。

→ 続きを読む

ワンちゃんのフンを拾い上げて超高速で灰にしてくれるマシーン

ワンコはかわいい。けれど、犬の世話に手を焼いている人も多いことでしょう。特に、散歩時のウンチの始末は正直、面倒くさいものです。

人間が月に行けたり人工知能ロボットが開発されたりしている現代だというのに、ワンコのウンチの始末については今でも超原始的。「腰をかがめて自分で拾う」という行為を、私たちは一体何十年、何百年続ければよいのでしょうか?

しかし、そんな問題ももうすぐ解決されるかもしれません。実は海外でとても画期的な製品が開発されているのです! その名も「AshPoopie」、ウンチ(Poopie)を灰(Ash)にしてくれるというもの。見た目はハンディ掃除機のようですが、これがすごい代物なのです。 → 続きを読む

乗客騒然! 疾走中の電車の外側にしがみつくスパイダーマンみたいな男性の動画

スピードを上げて疾走する地下鉄の外側にしがみつく男性――ハリウッドのアクション映画などではよく見る光景ですが、皆さんは実際に地下鉄に乗っていて、そんな場面に出くわしたことはありますか?

海外サイト『Mail Online』で紹介されたのは、ニューヨークの地下鉄で乗客の一人が撮影した「3分ほどの動画」。なんと走行中の車両の外に、ドアにしがみつく一人の男性の姿が写っているのです!! → 続きを読む

ミニチュア人間が私たちの世界で暮らしたら!? ちょっとシュールなアート

誰しも一度は想像したことがあるのではないでしょうか? 「体長1センチぐらいのミニチュアサイズになって生活してみたい!」と。そんな思いをビジュアル化したミニチュアアートの数々を、海外サイト「Dornob」よりご紹介します。

→ 続きを読む

中国人のファッション個性的すぎ!/パジャマおばちゃん、腹出しじいちゃんなど…

近年の中国の著しい経済発展には目を見張るものがあります。それに伴って、上海などの都市部では中国人のファッションセンスも軒並み上がってきているとか。『ViVi』や『Oggi』といった日本のファッション誌の中国版も出ておりオシャレに熱心な若者たちも多いそうです。

……とはいうものの。都市部以外で暮らす一般的な中国人レベルで見ると、最先端の流行とは一線を画す独自のファッションセンスに身を包んだ人々をあちらこちらで見ることができます。海外ブログ『Accidental Chinese Hipsters』よりクールな独自ファッションに身を包んだ中国人たちご紹介いたします。

→ 続きを読む

これぞ男のロマン!  肉も焼ける自作の快適イカダで川下りに挑む若者たちの動画

皆さま、3連休はいかがお過ごしでしょうか。ぼーっとPCの前に座りながら「あーあ、アウトドアにでも出かけたいな」なんて思っているそこのアナタ! 冒険心あふれる動画でも見て、雰囲気だけでもアウトドアを楽しみませんか?

海外サイト「FAIL Blog There, I Fixed It」より、思わず笑ってしまうこんな動画をご紹介します。

→ 続きを読む

これは斬新すぎる! 切り込みを入れるだけで作れる近未来的な洋服

ファッション誌を眺めたり、流行の洋服を買って着るのは楽しい。洋服は私たち女性が働いたり生きるためのモチベーションになることも多いです。しかし、ときどき思いませんか?「あーあ、流行にまんまと踊らされて、これじゃアパレル業界のいいカモだわ」と。

今日はそんな皆さんのために海外サイト「PROJECTS」より、自分で簡単に作れてしまう斬新で先進的な洋服をご紹介します。……え? 不器用だから自分で作るなんてできない? ミシン持っていない? 大丈夫です! なぜならこれから出てくる洋服は、ただ切り込みを入れるだけで作れてしまうからです!

→ 続きを読む

【女子力UPマニュアル】「築地女子」第2弾! 朝カレーで彼氏のハートと胃袋をキャッチせよ!

築女の皆さん、いかがお過ごしでしょうか?日々、新たな築地のB級グルメ開拓に勤しんでいることと思います。

一方、「築女って何?」という方もいるかと思いますので、まずは築地女子(築女)とは何たるかについて復習しておきましょう。

…………………………………………….

【築地女子(つきじ‐じょし)】略称・築女(つきじょ)。築地市場のB級グルメに精通しており、リーズナブルに食欲を満たしたい男子をそっと築地へと誘ってあげる女子のこと。

…………………………………………….

さて、男性はどんなとき、女性に対して「離したくはない」とT-BOLAN状態になるのでしょうか? よく言われるのが、男性の胃袋をつかまえるというもの。そこで今回は、築地女子第2弾として、「築女流・彼のハートと胃袋をがっちりつかんで離さない術」をご紹介したいと思います。いつも彼氏と長続きしないとかうまく行かなくなるなんて方は、騙されたと思って実践してみてください。 → 続きを読む

エキサイティングすぎる中国の超高層マンション! ひたすらレゴブロックを積み上げたみたいで怖い

世界でもっとも人口の多い国・中国。しかし、国土面積には限りがあるわけで、特に都市部にいたっては住宅問題は深刻なことのようです。

「土地に限りがあるなら、上に積み重ねればいいアルよ!」という考えからでしょうか、こんな高層マンションが誕生しちゃいました。 → 続きを読む

海外版「ラブプラス」!? 女子向け恋愛ゲームの男性ビジュアルがゲイっぽいと話題に

現実の恋愛なんてめんどくさい。密かにそんなふうに思っている女子の皆さんも多いのではないでしょうか? 実際、昨年は「ラブプラス」なる恋愛シミュレーションゲームが大人気となるなど、男性の間では「2次元最高」の風潮もすでにあったりします。「だったらわれわれ女子だって!」と思うのは自然の流れ。

そこで今回は、既にネットで話題になっている女子のための海外版「ラブプラス」とでもいうべきアプリをご紹介いたします。その名も「My Virtual Boyfriend」。iPhoneやiPadという仮想空間でではありますが、自分の理想のボーイフレンドとめくるめくような時間を過ごすことができるのです!

→ 続きを読む

食べたら死んじゃう!? 超巨大・高カロリーピザバーガー

日本でも一時期流行りましたね、「メガバーガー」という名の巨大なハンバーガー。あまりのボリュームに、途中でギブアップする人も多かったようです。しかしあのサイズでも、アメリカ人にとっては夕食前の軽いオヤツみたいなもの。

ファストフード大国・アメリカには、我々の想像をはるかに凌駕するハンバーガーが存在するのです! → 続きを読む

【女子力UPマニュアル】モテ女の新形態「築地女子」/フトコロに優しい女を演出せよ!

年収300万円時代とも言われる今のご時世。殿方とのデートでも贅沢ばかり言っていられません。むしろ、こんな状況を一緒に楽しんでいける女子こそが、これからの世の中、男性からも求められていくのではないでしょうか?

そこで今回、女子の新しい姿として提案するのが「築地女子」、通称「築女(つきじょ)」です。 → 続きを読む

  1. 1
  2. ...
  3. 167
  4. 168
  5. 169
  6. 170
  7. 171
  8. 172
  9. 173
  10. 174