「美容/健康」カテゴリーの記事

信じられない事実ですが、1910年から1950年ごろまでアメリカでは、放射性物質を「万能薬」としていたことをご存知でしょうか。

Radiation Devicesと呼ばれる、放射性物質である「ラジウム」を水に含ませる機器を使い、健康飲料として飲んだり、ラジウム風呂を作ったり、果てには性機能を増強させる薬として、陰嚢に塗るなどもされていました。

それは「放射性物質」がアピールポイントとして販売されていたようですが、もちろんそれが健康に良いわけがなく、様々な健康被害をもたらしていたようです。 → 続きを読む

計画停電の影響などにより、首都圏ではヨーグルトの品薄状態が続いています。カルシウム補給や腸の働きをよくしてくれるという健康面も含め、朝食時や小腹が空いたときなど習慣的にヨーグルトを摂取している方も多いのではないでしょうか?

一度ヨーグルトが手に入れば、家で乳酸菌を増やすことは簡単です。ヨーグルトの作り方はいくつかありますが、今回はお風呂の残り湯で乳酸菌を発酵させるという、ブルガリア人直伝の自家製ヨーグルトの作り方をご紹介します! 計画停電中でもお風呂さえ沸いていれば作れるという、画期的なアイディアです。 → 続きを読む

被災者の力になりたいという思いは、美容界でもジワリと高まっています。そこで今回立ち上がったのは「Beauty Force(ビューティ フォース)」という美容界の勇志によるボランティア。 → 続きを読む

以前、「被災してはいないのに、調子が悪いのはなぜ?」という記事で、多くの人が精神的ショックから体や心の不調を感じているということをお伝えしました。

4日付け「日本経済新聞電子版」でも、比較的被害が少なかった首都圏住民の間で「1人で外出するのが不安」、「眠れない」といった心の不調を訴える事例が相次ぎ、うつ病患者の症状が悪化する傾向も見られるという内容の記事が掲載されています。

「病は気から」ということわざにあるように、心が折れると具合まで悪くなってしまうことがあります。被災地の方々に思いを寄せ、支援するのは大切なことですが、あまり考えすぎて体調を崩していては日常生活に支障をきたしかねません。 → 続きを読む

福島第一原発からおよそ200キロに位置する東京都でも、微量ながら飛散し続けている放射性物質。日々数値が減少しているとはいえ、こうなった以上はうまく対処するしかありません。はたして、普段の生活を送る上で何が良くて、何をしてはいけないのか?

放射線量の高い福島県は、長崎大学大学院の山下俊一教授と高村昇教授を放射線健康リスク管理アドバイザーに任命。県民を対象に行った説明会で、参加者から寄せられた主な質問と回答をまとめて公表しました。 → 続きを読む

めちゃめちゃ楽しいバーチャルメイク、試さないとソン!

「ロングヘアから、思い切ってショートにしてみたい。ついでに色も変えてみたい」「平凡なヘアスタイルを心機一転、華やかでゴージャスにしてみたい」「いつもとは違うメイクに挑戦してみたい」など、誰もが変身願望をお持ちなのではないでしょうか。

心の奥に潜む変身願望を叶えるのは、なかなか勇気がいるもの。しかしながら、せっかくのイメチェンに二の足を踏んでしまってはもったいない! そこで失敗を恐れる前に、ヘアスタイルやメイクをバーチャルビューティーサロン「メイクオーバースタジオ」で思う存分試してみてはいかがでしょう? → 続きを読む

皆さんは、「生理カップ」をご存じでしょうか。これは、ナプキン、タンポンに代わる生理用品として、数年前から注目を集めているアイテムです。鈴のような形をしたシリコンやゴム製の生理用品で、タンポンと同じように膣の中に入れて使います。タンポンと違うのは、経血を「吸収する」のではなく「溜める」という点。日本ではまだあまり浸透していませんが、欧米ではさまざまな「生理カップ」があり、多くの女性が使用しています。 → 続きを読む

地震が起きているわけではないのに、体が揺れているような感覚やめまいなどを感じる「地震酔い」。3月22日に気象庁が発表した報道資料によれば、岩手県沖から茨城県沖で3月18日12時から22日12時までの4日間に発生した余震の数はマグニチュード5.0以上のものが318回にも及ぶとしています。東北や関東を中心に余震は現在も続いているため、本当の地震なのか、揺れているように感じてしまうだけなのか戸惑ってしまう人も多いようです。

医師に相談できるQ&Aサイト「アスクドクターズ」には、「地震酔い?」というタイトルで地震後から常に揺れている感じがおさまらないという相談が寄せられています。 → 続きを読む

地震によるショックや余震、原発による恐怖やストレス等により、震災後は不眠症気味だという方も多いのではないでしょうか。

眠りの総合サイト「快眠推進倶楽部」によれば、ストレスで脆くなっている精神状態は深刻な不眠に陥りやすいのだそうです。一時的な環境の変化や心理的ストレスで数日間眠れないという悩みであれば、原因が解決すればほとんどの人は眠れるようになるそうなので、それほど心配する必要はないかも。だけど、ゆっくり眠れないことがストレスになってしまうと辛いものです。

それでは、ストレスを軽減し不眠を改善するにはどうしたらよいのでしょうか? 「寝る前にするとよいこと」及び「してはいけないこと」を同サイトより抜粋してご紹介します。 → 続きを読む

大震災や原発の影響により、病院へ足を運べない方々のためにツイッターやインターネットによる医療相談を受付けています。医師や看護士などの医療関係者が回答してくれる、信頼性の高いサイトをいくつかご紹介します。 → 続きを読む

エコノミー症候群は、飛行機などで長時間同じ姿勢を取り続けることによって、静脈中に血のかたまりができる症状です。その血のかたまりが肺を詰まらせるなどすると、胸やけや発熱、呼吸困難、最悪の場合には死に至ることがあります。

地震の避難生活においても、避難所や車の中など狭い場所で長時間同じ姿勢を取ることが多く、エコノミー症候群の発生が心配されています。 → 続きを読む

大震災により、被災地でのオムツが足りずに困っている赤ちゃんやお年寄りの方が多くいらっしゃいます。

インターネット上の掲示板「ママヂエ悩み相談室」には、次のような悩みが寄せられています。

「まだ子供はオムツが外れていないのでオムツは必需品です。夜は真っ暗で震えて泣いてストレスもあり下痢しています。もうすぐオムツが無くなります。災害対策に問い合わせてもらいましたが個人にはオムツの至急をしていません。避難所にあれば至急してもらうように言われ避難所に行きましたがオムツも水も食料もありませんでした。今はオムツの上にタオルや私の生理用ナプキンを敷いたりしています。しかし溢れてズボンまで汚しています。ライフラインが復旧していませんので洗濯はできません。オムツの節約アイディア教えていただけたら幸いです」といった、深刻な悩みです。

17日放送のNHK番組「あさイチ」では、レジ袋とタオル1枚でできる簡易オムツの作り方を放送していたので紹介します。この方法は、女性が生理になったときにも使える方法だそうです。 → 続きを読む

地震による被害のため、入浴ができずにもどかしい思いをしている方もいらっしゃることでしょう。

水を使わなくても髪の毛をきれいにできる方法はあります。これは浴室での洗髪ができない場合において、頭髪や頭皮を清潔にする「ドライシャンプー」というもの。身近にある材料を使ってにおいやふけなどを取り除くことができるのです。

すぐにでも実践できるアイディアを、アメリカの「easy-homemade-recipec.com」よりご紹介します。材料があればご参考下さい。 → 続きを読む

東北地方は、今後気温が下がることが予想されており、日中も5度を下回る真冬並みの寒さになるといいます。衣類や毛布が確保できていても寒さを感じる方や、衣類が足りない方は下記の方法を試してみてはいかがでしょうか。 → 続きを読む

【地震】避難所や車中にいる方は水分補給とストレッチを!

東日本大震災発生から1日が経ちました。津波警報が発令され続けている中、避難所で過ごしている方や、車の中で一夜を明かしている方も大勢いらっしゃることと思います。

2004年に発生した新潟県中越地震をうけ、地元新潟県の復興支援に取り組んでいる大桃美代子さんはツイッターで、被災された方々に有益な情報が多数書き込んでいます。その中からより重要だと思われる情報をいくつかお伝えします。 → 続きを読む

国内の観測史上最大となる「東日本巨大地震」の発生後も、東日本では余震とは別に、マグニチュード5~6クラスの地震が相次いで発生しています。安全の確保を徹底したいものです。

災害時に火傷を負ったり、切り傷をつくったり、ねんざをしてしまった方もいることでしょう。薬を購入しようにも被災のために外出ができないという方もたくさんいることでしょう。

被災された方々はもちろん、今後起こりうる災害時の知識として「身近なものでできる応急処置」の方法を書籍「おばあちゃんの知恵袋」(宝島社/830円)よりいくつかご紹介したいと思います。 → 続きを読む

お肌がつるつるの芸能人といえば、皆さんは誰を思い出しますか。「小雪」「綾瀬はるか」「菅野美穂」など若い女性を思い浮かべる方が多いと思いますが、そんななか大人の女性で美肌がひときわ際立つのが、江口ともみさんではないでしょうか。

江口さんといえば、「大改造!! 劇的ビフォーアフター」や「ビートたけしのTVタックル」のナビゲーターとしておなじみですが、シミひとつなくハリのあるお肌が印象的ですよね。3月8日の「魔女たちの22時」放送内では、そんな江口さんの美肌ケア法が紹介されました。 → 続きを読む

30代も半ばを過ぎると、しわやたるみが増えてきたり、ほうれい線が出てきたりして、老けた印象になりがち。若さをキープするためには、老け顔の原因を解消する必要があります。とはいえ重力には逆らえないもの…と諦めているあなた! そんなことはありません。毎日のあの時間を使って、なんと見た目年齢を15歳若返らせた女性がいるのです。 → 続きを読む

日増しに暖かくなり、春が訪れる気配を感じる今日この頃。寒さが和らぐのは有難いのですが、この時期になると毎年、花粉に悩まされるという人も多いのではないでしょうか? そこで市販のマスクを徹底比較しました。最近はマスクも多種多様になり、どれが自分の症状に相応しいものなのか、わからないということもあるのではないでしょうか。購入前に参考にして頂きたいと思います。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. ...
  3. 86
  4. 87
  5. 88
  6. 89
  7. 90
  8. 91
  9. 92
  10. 93
  11. 94