「エンタメ」カテゴリーの記事

写真をお直しされたセレブたち、そのビフォーアフターを大公開!

突然ですが、みなさんはこんな噂を耳にしたことはありませんか? 「セレブや芸能人の写真は、ある程度加工されているからみんな綺麗なんだって」。

たしかにセレブや芸能人だって、ただの人。いくら顔の造作が美しくたって、ストレスによる肌荒れや不規則な生活による目の下のクマなど、『美しくない部分』が絶対にあるはずなのです。でも写真で見るセレブたちは、いつだってピッカピカに美しい。もしかしたらそれらの写真、本当はこんなふうに『お直し』されているのかもしれませんよ。 → 続きを読む

韓国映画『哀しき獣』で知る朝鮮族の真実の叫び!【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今週のピックアップは、韓国映画『チェイサー』で映画ファンを震撼させたナ・ホンジン監督の新作『哀しき獣』です。『チェイサー』を超える作品なんてあるの? と思ったら、同じアクションサスペンス、同じ追跡劇でありながら、まったく趣の違う作品になっているのでビックリです! → 続きを読む

草間彌生プロデュース! 真っ白なお部屋に子供たちがシールをペタペタしたら…めちゃくちゃアーティスティックになりました!

壁も天井も、置いてある家具も、すべてが真っ白なお部屋。そこに見渡す限りに広がる水玉、水玉、水玉……。海外サイト『thisiscolossal.com』で紹介されている、鮮やかな色と点の洪水に飲み込まれそうになるこの部屋は、なんと子供たちの手によって作られた作品なのです。

現在オーストラリア・ブリスベンのクイーンズアートギャラリーにて開催されている、芸術家・草間彌生さんの展覧会、『YAYOI KUSAMA Look Now,See Forever』。そこで行われた『The Obliteration Room』と称された企画で突如出現したのは、水玉だらけのカラフルすぎるお部屋! 来場した子供たちに好きなように水玉シールを貼らせただけというこの作品が今、世界中で注目を集めています。 → 続きを読む

あれ!? 歩きながら勉強した二宮金次郎が座って勉強してるよ!

あなたの母校には、二宮金次郎(二宮尊徳)像が建っていませんでしたか? 薪を運びながら本を読むその姿は、努力家・勉強家の模範であり、彼のように時間を惜しんで勉学に精を出すようにと教えられたものです。

ところが、東京のとある場所には薪を背負ってはいるものの、ベンチに腰掛ける金次郎の姿が。しかも手にしているのは、電子書籍リーダーではないですか。すぐにでも立ち上がらせて、「働け!」と言いたくなってしまうほど、落ち着いたたたずまい。それだけならまだしも、彼が手にして読んでいるものが……。 → 続きを読む

「こんなおばあちゃんになりたいっ」新年から元気をくれるパワフルおばあちゃんの画像

今年の目標は何ですか? 「彼氏を作る」「結婚する」「仕事を頑張る」「ダイエットをする」「貯金をする」などさまざまだと思いますが、では、どんなおばあちゃんになりたいですか? と聞かれたら、こんなふうに答える女性が多いのでは!?  「パワフルばあちゃんになりたい!」と。

まとめサイト『NAVER』では、「こんなパワフルおばあちゃんになりたいよね」というステキなおばあちゃんたちの画像が一挙掲載されています。 → 続きを読む

どうせ合成でしょ~と思ったら実写!? 不思議な写真の大がかりな撮影風景

みなさま、上の写真をご覧ください。海外サイト『illusion.scene360』に掲載されていたフランスのアーティストPhilippe Ramette氏と、彼の協力者でありカメラマンのMarc Domage氏によって撮影されたこの写真は、まるでシュールレアリスムの絵のような構図が非常に印象的です。

一見100%合成と思われるこの写真、驚くべきことに画像加工は一切なされていません。編集ソフトさえあればどんな画像でも作れてしまう今、敢えて人力で不可思議な世界を表現し続けるRamette氏とDomage氏。あくまでも実際に作り出した風景にこだわる彼らは、一体どのようにして、これらの作品を作り上げてきたのでしょうか。 → 続きを読む

今年こそ「大人かわいい」私で彼とステキなウエディング!

昨年は、結婚するカップルが増えた反面、結婚式を中止・延期したカップルも多かったといわれています。2011年3月の震災後、「絆」というものを改めて考えさせられた人も多かったと思います。

昨年12月に、結婚を予定しているカップルのための展示会「東京ブライダルフェスタ2011」が東京ビッグサイトで開催されました。さて、今年のウェディングドレスの流行は? → 続きを読む

まるで絵に描いたみたい! 嵐と雷の自然が織り成す神秘的でドラマティックな写真

暗黒の空に向かい真っ白なしぶきを上げて舞い上がる高波、海に向かって放たれるまばゆい閃光、それから渦を巻いて立ち込める暗雲は晴れ渡る大地からそのエネルギーを全て奪い去っていくようにも見えます。 → 続きを読む

この発想なかった! ロボットにトランスフォーマーする手作りお菓子のおうち

壮大な音楽と共に分解されてゆくお菓子の家。開放されたクッキーの屋根から手足が伸び、顔が現れ、やがてそれは、『ジンジャーブレッドロボ』へと変貌する……。

なーんて重々しく言ってみましたが、よくよく見るとこの『ジンジャーブレッドロボ』、ところどころダンボールでできてるじゃん! しかも顔のクオリティー低すぎるでしょ!! と、ツッコミ所満載なこの動画は、動画サイトYoutubeに投稿された謎の映像、お菓子とダンボールでできた『ジンジャーブレッドロボ』。 → 続きを読む

鉄道車両部品が入った福袋なんと100万円! ネットユーザーら「JR西日本の福袋どういうことなの…」と驚愕

女子ならダイアモンドが入った福袋とか、ブランド物の福袋とかで100万円とかいわれたら、まあ~現実的に手は出ないけれどセレブな女子は買うんでしょうね、と思って特に不思議だとは思わないはず。

だけど、今回とある福袋がネットユーザーの間で話題になっています。

それは、鉄道グッズショップ『トレインボックス』(ジェイアール西日本商事)が1月4日(水)午前11時からインターネット限定で販売する福袋。

その金額、一番高価なもので100万円! 中身はなんとアンティークの貴重な鉄道車両部品が入っているというものです。種類は全部で5種類で、内容は次の通り。女子の皆さんの多くはまったく意味不明な名称ばかりだと思いますが、一応ご紹介します。 → 続きを読む

宝塚には『ブスの25カ条』なるものが存在するらしい!?

「宝塚には、『ブスの25カ条』なるものが存在する」こんな噂が現在、ツイッターをはじめとするインターネット上でまことしやかに囁かれています。

実は数年前にも1度話題になり、今では多くの人々のツイッターやブログなどでも取り上げられているこの噂。@shinjyomayuさんのツイッターでは、「大掃除してたら、こんなのが出来てきた。何か、ハッとした」というメッセージと共に、以下のような『ブスの25カ条』が紹介されています。 → 続きを読む

新年明け「あけおめ」によるツイッターダウン…なんと1秒間に16197ツイートに達していたらしい!!

携帯やスマートフォンなどでのメールによる新年の挨拶。重々控えるように携帯各社から通達されていましたが、やはり今年も携帯会社によってはメールが届かない状況に陥っていたようです。

そして、メールだけではなくツイッターもアクセスの集中を避けることができず、一時ツイートがまったくできない状態に陥っていました。 → 続きを読む

ツイッターが「あけおめ」多発でまさかのサーバーダウン? / ごめんなさいを伝えるロボット登場

新年が明け、はや30分以上が経過。

例年通り、携帯やスマートフォンでのメールによる新年の挨拶は控えるよう通達されていましたが、今度はツイッターがつながりにくい状態になっているようです。 → 続きを読む

2011年も残りあと数時間。というわけで、『今年最も○○だったトップ10』といった話題も随所で耳にする機会も多い今、ポーチが注目したのは、『今年最も検索されたセレブの髪型トップ10』!

アメリカのYahoo!USAにて毎年発表されているこちらのランキングには、日本ではあまりなじみのない海外セレブの名前がたくさんあって、ちょっとびっくり。でも、ランクインしているセレブ達の髪型の多くは、日本人の私たちでも真似できちゃうようなものが実はとっても多いのです。それでは早速、注目のヘアスタイルの数々を紹介していきましょう。 → 続きを読む

辰年にちなんで、龍神様が祀られている神社に初詣に行こう!

来年は辰年。せっかくですから、2012年はそれにちなんで、龍の神様・龍神様が祀られている神社や寺院へお参りに行ってみませんか?

龍神様はそもそも、龍宮に住むと伝えられている龍で、水の神や海の神あるいは恵みの雨を降らせる神として、古くから崇められてきました。今回は場所を都内に絞って、龍神様が祀られている5つの神社をご紹介しましょう。 → 続きを読む

元旦公開『善き人』で明らかになる!なぜヒトラー独裁政治の悲劇は映画人に愛されるのか?【最新シネマ批評】

[公開直前☆最新シネマ批評]
映画ライター斎藤香が皆さんよりもひと足先に拝見した最新映画の中からおススメ作品をひとつ厳選してご紹介します。

今年最後の映画のピックアップは、2012年1月1日、元旦公開となりますヴィゴ・モーテンセン主演映画『善き人』です。1930年、ヒトラーが独裁政権を握っていたドイツを舞台に、善良な男が時代の波に押し切られ、さまざまな選択を迫られる物語です。 → 続きを読む

これはスゴいぞ! 分厚い本を削って作られた超リアルな遺跡や自然風景

皆さんは不要になった本をどう処理していますか? 海外サイト『GEEKOSYSTEM』によると、カナダのアーティスト・Guy Laramee氏がスゴい方法を披露しているというのです。それはなんと、本を彫刻の材料にしてしまっているのだとか!

ここで驚くのはまだ早い。Guy氏はただ彫刻するだけではなく、複数の本を束にしたり並べたりすることによって、様々な世界を作っています。 → 続きを読む

  1. 1
  2. ...
  3. 895
  4. 896
  5. 897
  6. 898
  7. 899
  8. 900
  9. 901
  10. ...
  11. 942