「日本酒」にまつわる記事

おでんと日本酒とDJがコラボする「屋台ディスコ」が面白そう! 無音のフロアで食べて、飲んで、踊って楽しめちゃう!!

2018年2月4日、五反田の日本酒バル「SAKEおかわり」で開催されるのは、ちょっと……というかかなりユニークなイベント。

バル内に2つの屋台が設置され、1つの屋台ではDJが音楽をプレイし、1つの屋台ではおでんが振る舞われるというものなんです!

その名も「屋台ディスコ」。おでんと日本酒とDJ……ディスコやクラブは巷に数多くあれど、こんな組合せ、ほかではお目にかかれないよ……!!

→ 続きを読む

赤羽のおでん屋名物「出汁割」を再現! 日本酒とあご出汁をブレンドした熱燗専用酒「出汁割り酒」が美味しそう♪

東京・赤羽は、酒のみにとっての聖地とも呼ぶべき場所。1000円でベロベロに酔える “センベロ店” の宝庫で、冬の時期は特に “”おでん屋” さんが人気を集めています。

赤羽駅前の飲食店街にある “おでん屋” には、燗をしたカップ酒の容器におでん汁と少量の一味唐辛子を入れた「出汁割り」というメニューがあるんです。

このたびクラウドファンディングサイト「Makuake」に登場したのは、この「出汁割り」をヒントにした商品「出汁割り酒」

→ 続きを読む

渋谷の日本酒誕生なるか? 「スクランブル交差点」と「ハチ公」がラベルになったハイセンスな日本酒が支援者を募集中

東京で一、二を争う観光地の渋谷。世界的に有名なスクランブル交差点をはじめ、観光スポットはたくさんあるけれど、渋谷の街に特化したお土産となると、あまりないような気がします。

このたびクラウドファンディングサイト「Makuake」に登場したのは、その名も「渋谷で乾杯!! シブヤにカンパイ!!」プロジェクト。

この企画は、一般財団法人渋谷区観光協会が、渋谷のオフィシャルお土産を作ろうと立ち上げたもので、渋谷のシンボルとも言えるスクランブル交差点ハチ公銅像をパッケージデザインした日本酒2種類を完成させたようなんです。

→ 続きを読む

日本で唯一の白いラベンダー「美郷雪華」を使った日本酒がロマンチック! ラベンダーではなく「マスカット」の香りがするんだって

秋田県美郷町にあるラベンダー園は、東北でも有数のラベンダー園。毎年6月から7月にかけて、約2万株のラベンダーが一面を美しく彩っています。

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場した新感覚の日本酒「美郷雪華(みさとせっか)」は、このラベンダー園で偶然発見されたという日本で唯一の “白いラベンダー” 「美郷雪華」の酵母を使用したお酒です。

申し込んだ時点で売買契約が成立する今回のプロジェクトに支援をすると、日本酒「美郷雪華」720mlを手にすることができるのですが……。ラベンダーから造られた日本酒って、一体どんな味がするんでしょうね!?

→ 続きを読む

女子会に持参したくなる “変わり種” 日本酒が登場! 発酵中に「柚子」「檸檬」「山椒」「生姜」など和の柑橘やハーブを投入しているんだって

柚子などの “和の柑橘” と、山椒や生姜といった “和のハーブ” 。これらを日本酒造りに取り入れたボタニカルSAKE「FONIA(フォニア)」が、日本酒ベンチャーのWAKAZE(ワカゼ)によって造られました。

「FONIA」という名前の由来は、ラテン語で「調和」を意味する「sinfonia(シンフォニア)」という言葉。後ろの部分のみを取った造語なのだそうですが、その名のとおり、日本酒と和の食材が見事に調和したお酒に仕上がっているようなんです。

→ 続きを読む

2年間のブランクを経て復帰! 84歳のカリスマ杜氏が作った日本酒を飲めるチャンス到来です

84歳の杜氏・農口尚彦(のぐちなおひこ)さんは、「酒造りの神様」の異名を持つ、日本でもっとも有名な杜氏のひとり。

全国新酒鑑評会では、連続12回を含む通算27回の金賞を受賞し、日本の「現代の名工(卓越した技能者)」を、杜氏として唯一受賞しているそうです。

その農口さんが手がけた貴重な日本酒をゲットできるプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場しています。

→ 続きを読む

クリスマスに似合いすぎる! ついだグラスに「粉雪」が舞うスパークリング日本酒☆ / 氷点下に冷やして飲みます

スパークリングタイプの日本酒、ここ10年ほどの間に一気に増えた気がしますよねぇ。のどにシュワシュワと心地いいスパークリング日本酒は、女性人気も高め。この冬にはシャンパンの代わりに飲むのもまた、オツなものかもしれません。

さて、クラウドファンディングサイト「Makuake」に、かなりステキなスパークリング日本酒が登場しています。スパークリング日本酒「白那-HAKUNA-」、日本酒の濁り成分がグラスの中で「雪の結晶」さながら美しく舞うんですって! しかも、お酒の最適温度は「氷点下」なんだって! なにそれ、クリスマスにぴったりすぎ!!

150年以上の歴史をもつ人気老舗ながら、日本酒研究への情熱の高さでも知られる埼玉県の酒蔵・滝澤酒造による1本ですから、味についてはきっと文句なし。ロマンチックすぎる新世代日本酒、試してみたくなりません?

→ 続きを読む

外国人観光客に人気の「キットカット 日本酒」が一新! 中田英寿さんとのコラボレーションで新たな味わいに

私たち日本人だけでなく外国人観光客からも大人気の「キットカット」。特に2016年2月に発売された「日本酒」味は、「抹茶」味とともに日本らしいフレーバーとして好評を博しています。

このキットカット「日本酒」味がこのたび一新されることに! 元サッカー選手の中田英寿さんとのコラボレーションにより、富山の銘酒「満寿泉」を使用した「キットカット 日本酒 満寿泉」が9月中旬から登場するんだって!!

→ 続きを読む

日本酒が海外で人気の予感♪ 10年前と比べて輸出額も2.6倍にアップしSNSでも「sake」「RICE WINE」を楽しむ外国人がいっぱい

いま海外で、日本酒人気が加熱している様子。日本酒造組合連合会の発表によれば、2016年の日本酒輸出額は約156億円と、10年前の2.6倍に増加しているのだとか。

海外の日本酒人気が本当なのか確かめるべく、さっそくインスタグラムをチェックしてみることに。すると「#sake」というハッシュタグを中心に、たくさんの日本酒に関する投稿を見つけることができました。

→ 続きを読む

カラフルポップな「枡」で粋に「日本酒」を飲む! 超絶スタイリッシュなので小物入れなどインテリアにも使えるよ

ここ数年、日本酒をワイングラスで楽しむスタイルが珍しくなくなってきました。

ワイングラスで飲むのは気分がいいし、なんだかオシャレだし、それはそれでもちろんアリ。だけどどうせ日本のお酒を飲むなら、ニッポン生まれの “桝” を使って飲むのも粋!

ワインをワイングラスで飲むように、日本酒を枡で飲んでもらえるスタイルを世界に向けて発信していこう。そんな思いのもとクラウドファンディングサイト「Makuake」にプロジェクトを立ち上げたのは「MADWORKS」。

2017年9月9日、10日にアメリカ・サンフランシスコで行われる「J-POP SUMMIT」で、枡でSAKEを飲む粋なスタイルを提案しにいくためのプロジェクトなのだそうです。

→ 続きを読む

本物の日本酒が入った「白鶴の湯」がスーパー銭湯「極楽湯」に登場! 1日5回の日本酒投入パフォーマンスも!!

これまでにもさまざまなコラボ風呂を展開しているスーパー銭湯「極楽湯」。2017年6月16日から10日間限定で日本酒のお風呂「白鶴の湯」が登場するんだって!

これは日本酒メーカー「白鶴酒造」とのコラボ湯。日本酒の香りと効能をたっぷりと堪能できそうです。

→ 続きを読む

【呑んべえ女子必見♪】430種類のきき酒&試飲をたっぷり楽しめる! 世界最大級の日本酒イベント「日本酒フェア 2017」が開催されるってよ〜

日本酒ラヴァーは、2017年6月17日の予定を丸々開けておいたほうがよさそうです。なぜならこの日、東京・池袋サンシャインシティで、日本酒の魅力をとことん堪能できるイベント「日本酒フェア 2017~國酒を味わう~」(以下、日本酒フェア2017)が行われるから!

「日本酒フェア2017」は一般消費者向けのイベントとしては世界最大級で、この日は朝10時から、選りすぐりの日本酒を利き酒できるようなのです!

→ 続きを読む

鈴木さんの、鈴木さんによる、鈴木さんのための日本酒「鈴木」が誕生しますよ〜

全国の鈴木さーん! 鈴木さんの、鈴木さんによる、鈴木さんのための日本酒「鈴木」が誕生するってよ〜っ。

日本で2番目に多い “鈴木” 姓。全国の鈴木さんに向けた日本酒「鈴木」に挑戦するのは、埼玉県久喜市にある寒梅酒造で杜氏を務める “鈴木” 隆広さん。さらにラベルの文字は、書道家の “鈴木” 猛利さんが手がける予定なんですって。

ホント、なにからなにまで “鈴木” 尽くしやないか~い!

→ 続きを読む

下町散策は自転車で! 東京谷中にレンタルバイクや日本酒バー、シティガイドが集まったコンセプトショップがオープン

旅行でおとずれた場所を車や電車で移動するのもいいけれど、その街の中をじっくりと見て回りたいなら自転車を借りるというのも素敵な方法です。

4月27日、台東区谷中にオープンした新しいコンセプトショップが Tokyobike Rentals Yanaka。こちらでは自転車のレンタルのほかにも、日本酒バーやシティガイド、生活雑貨の販売、コーヒースタンドなどちょっとユニークなサービスをおこなっているんです!

東京の下町散策をしたいなら、まずはここに立ち寄るのがいちばんかも!?

→ 続きを読む

チョコにベストマッチな日本酒が誕生! その名も「I LOVE CHOCO」熱燗でとろ~りチョコを楽しむのがオススメ♪

チョコとワインは合うような気がするけれど、チョコと日本酒となると、う~ん、どうなんだろう?

な~んて思ってたら、チョコレートに合う日本酒を、気鋭の酒蔵と日本酒コンサルタント会社が組んで作り上げた、という情報をキャッチ! その名も「I LOVE CHOCO」。いったいどんなお酒なの~!?

→ 続きを読む

まるで大人のいちごミルク!? 「いちご専用日本酒」と秋田県産の完熟いちごのぜいたくなセットが登場♪

1月から2月にかけて、スーパーの果物売り場などで目につくのがいちご。いちごを使ったスイーツもたくさん出てきていますよね。今回イチオシしたいのが秋田県産の完熟いちごと、それとともにいただく「いちご専用日本酒」です!

秋田県の農家をめぐり見つけ出されたという真っ赤ないちごと、乳白色でトロリとクリーミーなオリジナル日本酒とのマリアージュ……これはおいしくないわけないでしょ♡

→ 続きを読む

新潟県「大地の芸術祭」オリジナルデザインの日本酒がシャレオツ! 生産量が少ない貴重なお酒でもあるんだって

新潟県十日町市・津南町、越後妻有(えちごつまり)といわれる地域で3年ごとに開催されている「大地の芸術祭」は、世界最大級の国際芸術祭です。

このお祭りを主催する「NPO法人 越後妻有里山協働機構」がクラウドファンディングサイト「Makuake」で紹介しているのが、日本酒「天神囃子(てんじんばやし) 大地の芸術祭エディション」。

天神囃子とは魚沼地方で古来より唄い継がれている祝い唄のことで、もともとは豊穣祈願の神事唄ともいわれているんですって。

→ 続きを読む

ワインの樽で熟成させた日本酒「ORBIA」はどんな味? フォアグラやバルサミコソースなど洋食にも合うんだって

洋食にも合う日本酒をつくりたい、という思いで、日本酒ベンチャー「WAKAZE」がクラウドファンディング Makuake に立ち上げたにプロジェクト。

今回立ち上げた新しい日本酒のブランド名は「ORBIA(オルビア)」。代表の稲川さんの話では、フレンチやイタリアンにも負けないくらいパンチが強く、ワインとのマリアージュにも負けないような日本酒は、これまでなかったのだそう。

和食よりもボリューミー、なおかつ油分の多い洋食にも合う日本酒を作るためのポイントは、濃厚さと、香り高さ。この2点を追求した結果、オーク樽で熟成させるという製造方法へと行きついたんですって。

→ 続きを読む

【君の名は。】聖地・気多若宮神社で祈祷を受けた日本酒が発売 / ただし口噛み酒ではない模様

今年の大ヒット映画といえば『君の名は。』ですね。

作中に出てくる神社のモデルとなったと噂されているのが、岐阜県飛騨市の気多若宮神社(けたわかみやじんじゃ)。聖地巡礼と称してファンがたくさん訪れているそうですが、そんな気多若宮神社と地元の酒蔵、渡辺酒造店がコラボして作ったという「蓬莱 聖地の酒」(税抜き3000円)がこの11月に発売されました。

なんだか神聖な力を感じる瓶のデザインで、作品中に出て来る「口噛み酒」という重要なアイテムともイメージが重なり、俄然、気になります!

→ 続きを読む

深夜0時に搾った生酒が当日中に届く / 初物の純米大吟醸を誰よりも早く堪能できる「日本酒ヌーボー」プロジェクト

2016年のボジョレー・ヌーボー解禁日は、11月17日午前0時。

ボジョレー・ヌーボーとはその年に収穫されたブドウで造られた新酒、つまりワインのことですが、本日紹介するのは、日本酒ヌーボー。今年初物の純米大吟醸の生酒が搾ったその日に届くプロジェクトが、クラウドファンディング Makuake に登場していましたよ。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3