「調査」にまつわる記事

【浮気かな?】彼の部屋で見つけたらショックを受けるランキング! 3位「歯ブラシ」2位「長い髪の毛」1位は……!?

ルンルン気分で大好きな彼の部屋へ遊びに行ったら、予期せぬ “忘れ物” を見つけてしまった。こういった経験をしたことがある人は、少なくないかと思うんです。

アンケートサイト「みんなの声」による調査「彼の部屋で見つけたら嫌なものって?」にラインナップされている物は、どれをとっても「見つけたらブルーになる」アイテムばかり。

こんなのを見つけてしまったが最後、浮気を疑って修羅場になることは確実です。とにもかくにも、ひとまずは総合ランキングの結果をご覧いただきましょう!

→ 続きを読む

【衝撃調査】「不倫経験アリ」と答えたのは20%以上! 不倫関係になりそうな相手ランキング1位は職場・仕事関係でした

世間の注目を集めがちな話題のひとつが各界著名人の不倫疑惑です。週刊誌なんかにスクープが掲載されるたび、まさかあの人が不倫していたの!?なんて驚いちゃいますヨネ。

そうなってくると、もしかして自分の周囲にも不倫している人ってけっこういるんじゃあ……なんて考えてしまうわけです。

勝手にランキングは、全国の20歳以上の男女約2万5000人を対象に「不倫」に関するアンケート調査を実施。その結果、男女ともに20%程度の人が「不倫したことがある」と答えたんだってーっ! それって多いの少ないの!?

→ 続きを読む

クリームシチューを「ごはんにかける派」と「かけない派」どちらが多いの? かける派の意見「クリームシチューはカレーと同枠」

冬を象徴するメニューといえば、ほっかほかのクリームシチュー♪ そしてクリームシチューといえばしばしば、「ごはんのおかずになるか否か」論争が勃発することでも知られています。

友人や知人の間でクリームシチューの話題が出た際には、「シチューに合わせるのはパンかご飯か」「ご飯は邪道だ」「うちはいつもご飯が一緒に出てきた」といった具合に、激しい議論が繰り広げられることが常。

以前 Pouch で紹介した「ごはんのおかずにならないと思う料理」調査では、お好み焼き、湯豆腐に次いで、総合3位を獲得していたわけなのですが……。正直なところ、「シチューにごはんをかける」派の割合って、どれくらいいるんでしょうかね?

→ 続きを読む

少女漫画の憧れたシーン1位は「よく頑張ったじゃん…と、頭ポンポン」! 「腕グイ」「壁ドン」を抑えて高い支持率を獲得

少女漫画に出てくるようなロマンチックなシーンに憧れた経験は、誰しもあるのではないでしょうか。憧れすぎて、恋人にせがんでやってもらったことがある!という人も、きっと少なくないと思うんです。

アンケートサイト「みんなの声」による調査「憧れたことがあるシーンは?」で栄えある総合ランキング1位を獲得したのは「よく頑張ったじゃん」と頭ポンポンされること! 全体の約4割にも上る863人から支持されていました。「頭ポンポン」、根強い人気がありますねぇ~。

→ 続きを読む

【もしも調査】今後一生食べられないとしたら「ラーメン」「カレー」「寿司」「焼肉」のどれをあきらめる!?

「ラーメン」、「カレー」、「寿司」、そして「焼肉」……。この4品、「好きな食べ物は何?」と質問したら高確率で返ってきそうな答え四天王と言っても過言ではない、そうそうたる顔ぶれですよねぇ。

ニッポンの食における「F4」(by 花より男子)であるこれらのうち、もしも1品だけ今後一生食べられなくなるとしたら、あなたはどれを選ぶでしょうか?

禁断の調査を行っていたのは、アンケートサイト「みんなの声」。総合ランキングで導き出された1位、つまり「一生食べられなくなってもいい」とされたメニューは……なんと「カレー」だったのです!

→ 続きを読む

地域によって人気の寿司ネタに変化が! 中国・四国地方では「えび」、九州・沖縄は「えんがわ」など【11月1日は すしの日】

本日11月1日は「すしの日」。ちょうど新米の季節であり、ネタになる海や山の幸が美味しい時期であることから、「全国すし商環境衛生同業組合連合会」が1961年に制定したのだそうです。

ところでみなさんは、おすしのネタで何が好きでしょうか? 

わたしはというと、子供の頃はマグロと海老と煮アナゴ専門。大人になってからは “えんがわ” の炙ったの、 うに、しめ鯖といった具合に、年齢を重ねるにつれてずいぶん変わっていったような気がします。

→ 続きを読む

現役小学生は給食で「先割れスプーン」を使っていない!? 周りの大人に聞いた結果「見たことない」という人も…!

スプーンの先端が3つか4つに割れていて、スプーンとフォークの2つの性質を備えている「先割れスプーン」。「これ、給食で使っていたよ!」という人、この指と~まれ!

わたしは給食だけでなく、実家にもこういったタイプのスプーンがあって、ひんぱんに使っていたのを覚えています。

けれども、周囲の友人やPouch 編集部スタッフに聞き取り調査を行ったところ、使ったことがないどころか存在自体を知らない(!)という人がいたから、おったまげ~!

しかも先割れスプーンに馴染みがないのは年齢や出身地の違いかと思いきや、全く関係がないようで、見事にバラバラ。そのため、なおのこと驚きが大きかったのです。

→ 続きを読む

初恋の人の名前「インターネットで検索」したことある? 周りの男性に聞いてみた結果【10月30日は初恋の日】

本日10月30日は、「初恋の日」。ところであなたは、初恋の人の名前をインターネットで検索した経験があるでしょうか?

時代はSNS全盛期。名前をパパっと検索すれば、たちまちその人の近況がわかってしまう場合があります。

人によってはヒットしないこともありますが、なにかしらSNSをやっていたり、会社のホームページなどで顔や本名を公開していれば、見つけ出すことができるはず……!

→ 続きを読む

「初恋の相手に会いたいですか?」の調査結果で女性は2人に1人が再会希望 / 「変わった私を見せたい」という意見も

本日10月30日は、「初恋の日」。1896年(明治29年)のこの日、作家の島崎藤村が『文学界』46号に『こひぐさ』の一編として初恋の詩を発表したことを受け、島崎ゆかりの宿である長野県小諸市の中棚荘が制定したのだそうです。

ところでみなさんは、自分の初恋の相手を覚えているでしょうか。大人になった今思い出される初恋はただただ甘酸っぱくて、人によっては、ちょっぴりほろ苦いものに感じられているかもしれません。

「初恋の日」にお届けするのは、株式会社ウエディングパークが20代から30代の女性152人を対象に行った、「初恋に関する調査」結果です。

→ 続きを読む

【まさかライフハック】職場で好感度を上げたいならデニムが正解!? 「親しみやすい」「クリエイティブな印象」と評判が上がるらしいよ★

10月26日は「デニムの日」。岡山県倉敷市児島の児島ジーンズストリート推進協議会が制定したそうで、その由来は、10と26で「デ(10)ニム(26)」と読む語呂合わせからきているんだそうですよ。

ところでみなさんは、ビジネスシーンでデニムを穿いている人のことをどう思うでしょうか。アリ? それともナシ? この点について全国の20歳から59歳男女1000人へ意識調査を行ったのは、おなじみ「ユニクロ」です。

→ 続きを読む

東京やソウルなど7都市の女性たちの「メイク」に関する意識調査が興味深い / メイクに力を入れるタイミングが国によって全然違う!

女性はメイクによって、どんな自己表現をしている?

カネボウ化粧品が、東アジアを中心とした7都市で「女性のライフスタイル調査」を実施し、非常に興味深い調査結果を公開しています。

調査対象となったのは、東京、北京、上海、台北、バンコク、ソウル、ニューヨークに暮らす18歳から34歳の女性各149~155名(東京のみ307名)。

合計1219名の女性たちに「社会の中での女性」「なりたい人物像 」「メイクの実態」について聞いてみたところ、メイクに対する姿勢やライフスタイル、女性としての理想像などが、ハッキリ明確に分かれていることがわかったのです。また同時に、国が今どんな状況下にあるのかも、うっすら見えてくるから面白い~!

→ 続きを読む

【意外な発見】女性は男性の「ほっぺ」をみて若さを判断している!? ミドル男性の顔画像評価が興味深い…

男性に会ったとき、あなたはまずどの部分を見つめるでしょうか。目元付近は第三者が相手の顔を認識する際にまず見る部位なので、多くの人がこの部分に視線を持っていくのではないかと思います。

2017年9月9日と10日に開催された第22回日本顔学会大会においてマンダムが発表したのは、「ミドル男性(35~49歳)の顔画像の印象評価法」に関する実験結果。

「若々しい」という印象を判断する際に、「顔のどの部位を見ているのか」について視線を計測。

もっとも多かったのはやはり「目の周辺」(29.9%)だったのですが、次いで多かったのは「ほっぺ」(21.7%)! 個人的には、ほっぺを見て若々しさを判断する人が多いというのは、なんだかわかる気がします。

→ 続きを読む

仕事を辞めたいときの対処法って? 気持ちを切り替えるためにやることランキング1位は納得の「寝る」だったよ!

頑張ってもなかなか評価されなかったり、人間関係が上手くいかなかったり、給料がいつまでたっても上がらなかったり、あまりにも忙しすぎたり。理由はさまざまですが、社会人ならきっと多くの人に訪れたことがあるであろう「仕事辞めたいなー」って瞬間

でも、そうはいっても「じゃあ辞めよっと!」とはいかないもので、また明日も出社するわけなのですが……どうにかして気持ちを切り替える方法ってないのかしら?

→ 続きを読む

10月18日はミニスカートの日 / 膝上何センチからミニスカートって思われるの?

本日10月18日は「ミニスカートの日」です。1967年のこの日、イギリスから女優でモデルのツイッギーが来日。「ミニの女王」と呼ばれた彼女に心奪われる人が続出し、ミニスカート旋風が巻き起こりました。

ところで、みなさんにとってのミニスカートの基準ってなんでしょう? “ミニ” と一口に言っても、頭に思い描くスカート丈はそれぞれ異なるのではないでしょうか。

そんなわけで参考にしたのは、アンケートサイト「みんなの声」による調査「どこからがミニスカート?」です。

総投票数16517票のうち、総合ランキングで1位を獲得していたのは「膝上だったら」(4385票)。続く2位は「膝上10cmから」(4110票)でして、1位と2位との差はごくわずかでした。

→ 続きを読む

あなたは「ひとりカラオケ」に行ける? 調査結果をみるとできない人が圧倒的! しかし、年代別でみると…

本日10月17日は「カラオケ文化の日」♪ カラオケを通じた文化活動の支援や文化交流を行い、その普及をはかるために作られた記念日なのだそうです。

ところであなたは、「1人カラオケ」、通称「ヒトカラ」をやったことがあるでしょうか? 仲間とわいわい盛り上がれるカラオケもいいけれど、誰にも気を使うことなく思いっきり自分の好きな歌を歌える「ヒトカラ」には、別の楽しさがあると思うんです。ひょっとしたらヘビーユーザーだという人もいたりして!?

→ 続きを読む

【ハロウィン】男性が女性にしてほしい仮装1位は「制服系」! 女性人気ナンバーワンの「ホラー系」は不人気みたい

じわりじわりと、ハロウィンが近づいている今日この頃。楽天市場が興味深い調査結果を発表しました。

20代の男女400名を対象に「ハロウィン仮装」についての実態調査を実施したところ、女性人気の高い仮装男性が女性にしてほしい仮装が、やや異なることが判明したようなんです。

→ 続きを読む

【マジっすか】少女漫画が好きな女性はリアルな恋愛経験も豊富!? 「漫画と現実の恋愛は別モノ」とドライな意見も

愛した人がとんでもないお金持ちの御曹司だったり、イケメンと突然同居する羽目になって恋に落ちたり、イケメン数人から恋い焦がれられたり……。

このような少女漫画に出てくるような恋愛は、現実世界ではそうそう起こりません。だからなのでしょうか、「少女漫画が好き」と聞くとどうしても、「恋愛に対して夢みがちなのでは?」といった印象を抱かれがちになってしまうような気がします。

ところが、婚活サービスを展開する株式会社パートナーエージェントのアンケートによると、一概にそうとは言い切れないよう。いやむしろ少女漫画好きの人のほうが、そうでない人より恋愛経験が豊富だということが明らかになっていたようなのです~!

→ 続きを読む

誰かにウィンクをするとしたらどんな意味? → 1位はやっぱり「好き!」でした♡【10月11日は #ウィンクの日 】

本日10月11日は、「ウィンクの日(オクトーバーウィンク)」! 10と11を倒して見ると“ウィンクをしているように見える”ことが由来なのだそうです。

ウィンクの日といえば女子中学生の間で流行ったおまじないもあるらしく、「この日の起床時に相手の名前の文字数だけウィンクをすると、片思いの人に気持ちが伝わる」のだとか。思い返せば自分が学生の頃も、こういうおまじないをよくやった気がする~~~!!

ところで日本人にとっては、あまりなじみのないウィンクという仕草。海外の人はよくやるイメージがあるけれど、めったなことではしませんよねぇ。

→ 続きを読む

よく聞く「メガネギャップ萌え」はメガネをかけた瞬間? それとも外した瞬間? 「普段はかけない人のメガネ姿に萌える」派が多数 【10月10日は #萌えの日 】

本日10月10日は「萌えの日」☆ 「十月十日」を組み合わせると「萌」の字になることが由来なのだそうですが、ここで質問です。あなたが「萌え」を感じる対象はなんでしょう?

わたしにとって「萌え」を感じるものはいろいろありますが、一般的なものだと「メガネ」でしょうか。はいそうです、俗に言うメガネ男子の「ギャップ萌え」ってやつですね。

メガネをしているとき、また、してないときのギャップに、胸がキュンとした経験のある人は少なくないはず。

でも、メガネをかけている時間は人それぞれ。メガネをたまに外す、または時々かける。どちらの姿に萌えるんでしょう?

→ 続きを読む

今年のハロウィンはガチ怖いよりも「可愛い路線♡」が人気らしいよ! 原因はインスタ映え意識の予感…

今年のハロウィンは、本気のホラーでもなく、笑いを取るわけでもなく、可愛い路線で行く♡ そしてその写真をSNSに乗せるのだ♡♡

医療法人社団風林会 リゼクリニックが行ったハロウィンに関する調査によると、そんな女性が多い傾向にあるらしいんです。

調査対象となったのは、東京都内に住む10代から30代の男女330名。今年のハロウィンに「参加する」と回答した女性は46.1%、全体では37.3%が「参加する」と回答。

続いて、「今年のハロウィンを楽しむうえで何を重要視しますか」と尋ねたところ、女性の声でもっとも多かったのは「かわいい衣装」(43.4%)。

次いで「思い出づくり」(35.5%)、「SNS映えする写真」(31.6%)となっておりまして、明らかにインスタ映えを意識しているであろう結果が導き出されていたのです~!

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 14